今日の一品

さすが正統派日本製ACアダプタ

P002inside
DoCoMo ACアダプタ P002 〒91-55386 KYUSHU MITSUMI 入力 Ac 100V 11VA 50-60Hz 出力 DC5.8V 730mA 製造元 松下通信工業株式会社 中国製
いやはや、これはガラケーのACアダプター(充電器)であります。中国製造ですが、ミツミ製であります。これを始めてもらったとき、当時としてはとても小さく感じたものであります。プラグが収納できるにしてはこんな大きさで作れるのかと。この前通電してみたら、出力が出てこないので、どんななっているのかと早速開けてみました。電解でも膨らんでいるのかと思ったら、そんなことはない。なんと、小さいのに結構普通の部品でできております。電解は松下、日ケミ等まともなもので特に膨れも液漏れもない。典型的な電源の回路構成で、先のパチリチウム充電器とは全く別の次元の構成ですね。入力は規格もののモールドFUSE、360VのバリスタにLCフィルタも付いております。そして全波整流のブリッジ。発振回路は1石式かと思ったら、IP0222と刻印が。これはパナのMOSFET入りの電源ICですね。トランスに、フィードバック用のフォトカプラもあり、ちゃんとした電源でありました。プラグの刃の接触構造がうまいこと省スペースで実現されていますね。あえて立てているからこんなスペースで収まっているのでしょう。一次側と二次側の部品の間には隔壁用の樹脂ぺらもあります。唯一ちょっともう一考と言うところは線の引き出し口ですかね。UL収縮チューブで引き出し口を支えているのは、実用上は良いとしても見た目がいまいちですかね。
P002pwbbtm
このころのガラケーは充電電圧が5.8Vであるため、USBの5Vでは充電できない機種がありましたね。幅のある機種はUSBでも充電できました。基板の裏面であります。PSEが見本とすべきようなアートワークであります。必要な部分はちゃんと絶縁距離が取られていますね。これ自体は、PSE前の電安〒マーク品であります。ちゃんと形式認定番号も付いています。パチの根源、PSEで認定制でなくなったのは改悪と言うべきでありましょう。2次側の主要部品は裏面に直DIPされておりますね。これだけきれいでなぜ動かない? もしやプラグの刃が接触していないとかか? このころは機種変のたびにACアダプターもくれたので、今でも同類のがたくさんあります。このようなまともな内部構成であり、長持ちするので、コネクタを取ってしまって5V電源に流用したのもいくつかあったかな。軽く10年越えで動くACアダプタ。これが正統派日本製と言うべきものでありましょう。

| | コメント (0)

おそろしいリチウムポリマー充電器の件

Ss06a_withp17
YIBO YUAN / BUSINESS UNIVERSAL CHARGER / SS-06A / ¥248-
いやはや、これはとても恐ろしいながら、ある意味上手いことできている、リチウムポリマーの充電器であります。最近見かけない気がしますが、買ったときは現地からの発送で送料込み248円と訳の分からない値段でした。しかし一度の開脚で破損、ほってあったのですがちょこっと直して復活しました。おぞましい内部構造は別にぼやくとして、この構造は、日本では発想し得ないでしょう。台湾でもどうかなと思います。大陸ならではの、現物現在対処仕様と言えましょう。このタイプの充電器は大体同じ構成の謎のチップが付いていて、非常に少ない部品点数でできています。保護回路とか安全回路とかとは無縁に近い機械であります。リチウムポリマー電池は18650タイプのような共通サイズがなく、星の数ほどの形がありますが、各社のそれぞれ位置の違う接続端子にどうやって対応するか。それゆえそれぞれ別の充電器がゴロゴロ存在するわけですが、この充電器はそれをあっと驚く方法で解決した。写真はガラケーの電池ですが、端子はどこにあってもOK。端子が移動できるのですから。プラマイが合っていなかったらどうするのか。裏向けにするという手もありますが、これまた驚くことに、どちらでもよいのです。チップが、電池の電圧を認識して極性を合わせてくれる。接触させて通電したら充電が始まるという訳であります。そしてこれのすごいのは、電池押さえが45度毎に回転すること。小さい電池でも大きい電池でもいける。ただL13とか馬鹿でかいのはちょっと輪ゴムがないと固定できないです。充電状態はLEDの色が変化します。もうひとつ、液晶表示の付いたやつもありますが、そのおぞましさは同様です。内部に続く・・・。
Ss06a_label
輸入:AC100-240V~50/60Hz 輸出:DC4.2V=500mA±50mA/DC5V=800mA±50mA(USB)
ちなみにこれは銘鈑シリーズに入れていませんが、それはPSEマークがないからです。むしろ偽りのPSEを表示するではなく、現実を正しく表しているのではないかといいたいところなのですが、ウソがあります。この電源、側面にUSBの出力ポートが付いているのですが、5V800mAとか豪語していますが、実際には200mAくらいしか取れません。それを超えると4V以下になってしまいます。非常にシンプルなパワーのない回路ゆえ当然でしょう。ということは、充電のほうも、充電に専念したとしても200~300mA程度の充電電流しか得られないということでありますね。 なお、この手の充電器は放置してはいけません。常に目の届くところで自己責任で使用しましょう。異常があれば即遮断することが肝心です。

| | コメント (0)

銘鈑シリーズ その20 ダイ粗のUSB2ポートACアダプタ

Eac2ausblabel
Input:AC100-240V 50-60Hz 0.3A / Output:5V=2.4A / 株式会社ラティーノ TUV PSE E-AC-2A 22123LR / MADE IN CHINA
いやはや、これはダイ粗に売っていた300円のUSB二口ACアダプターであります。物自体のボヤキはまた別にしたいですが、すでにこれは先駆者の方々が分解されているので中身はそちらでわかります。どれくらい出るか測ってみると、2.5Aで制限がかかっているよう。しかし単に5Vの2ポートなので、例の二股が有効に使えますね。さて、本題のPSEの真贋ですが、これは本物のよう。記載内容も過不足なし。問い合わせ先の謎のエコラ事業部はダイ粗ではなく、ペルーのセニョールの会社であるラティーノの部署のようですね。ちゃんと確認しているぽい。もし公認のレポートがないとしても、実在の国内の連絡先が存在しているので、十分まともと言えるでしょう。しかしこれ300円でよくできますね。1年動いたら十分ですかね。

| | コメント (0)

銘鈑シリーズ その19

Ptwc13label800600
USB-AC ADAPTER / MODEL PT-WC-13 / INPUT:AC100-240V 50/60Hz 0.5A / PD OUTPUT:5V=3A/9V=2.22A/12V=1.67A / USB A OUTPUT:3.6V~6V=3A/6V~9V=2A / 9V~12V=1.5A / PD+USB A OUTPUT: 5V=3A / Double Insulated / Indoor use / PSE UL Japan / UL / 株式会社 泰成商事 / MADE IN CHINA ¥799-
いやはや、銘鈑シリーズも19回目であります。他のタイトルで紹介しているものもあるはずなので、もっと数はあると思いますが。さてこれは、この前購入した5V3A出るやつです。2Aまでの10Wものはごろごろしているのですが、例の変な二股の活用も含めて、もう一息出るやつを実験するのにほしくてぽちりました。昨今はGaNが流行っていて、だいぶん値崩れしてますが、その小ささには驚きます。ちゃんと作られているものは効率も抜群で、65W出力しても大して熱くならないよう。でもまだある程度は高い。半面ノーマルタイプは安価であり、これは799円でした。銘鈑を見ると電圧が変化するようで、一応PD出力対応のようです。しかし微妙なW数ゆえ20Vにはならないので、PCの充電は無理でした。手元に12VモードになるPDのデバイスがないのでちゃんと切り替わるのかどうかは不明です。実力のぼやきはまた別にしたいですが、本品のPSEの真贋はさてどうしたものか。ULを検索すると、このモデルは、Shenzhen Putuo Technology Co Ltdで登録されており、ULはしょぼいマークが合っていないのではないかと思うがウソではないようだ。PSEはUL Japanで検査されたことになっているが、本当かどうか不明だ。(株)泰正商事はちゃんと登録された法人だが、取り扱い商流がちょっとちがうような・・・。(追:同名の会社が複数あり、どれかがそうなのかよくわからない。リサイクルの会社が間違い電話で困っているとか。数年前に工具用のリチウムバッテリーをリコールしている所沢の会社がそれっぽい。acefadというブランドで子供服を輸入している?) しかも販売は、AMPでHootek-JPという、広東の会社である。つまり輸入責任者の存在しないPSE模様の類ではないかと思われる。勝手に日本の会社名を書いているのか?それとも前例ありで流しているのだろうか。一部認証機関では、認証した機器を検索できるところもあるが、やはりPSEは登録制にして番号をつけて照合できるようにしないといけない。日本のIT化の遅れたシステムとそれを回避する惰性的決めごとが、このような真偽の判別の付かない模様入りの製品を氾濫させることになっていると言わざるを得ない。大陸勢が売っているマーケットプレース物はほぼ全数偽物だろう。さて、物的には、10W程度までは使えそうだ。それ以上は3.5Aくらいまでは出ているが溶けてきそうである。
QCのAとPDのCがついていて廃価なので、人柱志向の方は買ってみてくださいまぜ。

| | コメント (0)

情けないLEDライトの件

Carabinerledlight
カラビナミニトーチライト リチウム電池内蔵 連続点灯 約10時間 Rectangle light with CARABINER 4560134596344 made in china
いやはや、これは某防災グッズセットに付いていたライトであります。各企業総務様も福利厚生の一貫としての名目上、社員に防災キットを配布したつもりになるための格安セットでありましょうが、ゴミみたいなGOODSを配られてもいざというとき、何の役にも立ちません。品数を増やすよりも、きっかけづくりになるような、もっとましなものを一品で良いので配ってほしいものであります。避難経路に懐中電灯が必要と言って、100均で買ってくるようでは先行きが悲しいですね。どれくらいの信頼性があるんだか。心配が現実になったポンコツ遊覧船ではないですが、命に係わる設備には金をかけましょう。しかしニュース報道の人たちも、この時代なのだからわからない用語はせめてググってから発信してほしいものであります。GPSプロッターをプロッターと略して、プロッターとはデーターを出力する装置のことですだって。とんちんかんなニュースはどうしたものか。海上のカーナビのようなものとか、もっとピンとくる例えがあるでしょうに。さてその中でも、これはまだましな方。一応点きます。開けてみると、例によって、LEDメーカー、電気技術者が真っ青になる、白LEDにコイン電池直結タイプであります。初期的にはかなりオーバーカレントですが、ある程度落ち着くと、電池の内部抵抗で、まあまあやや多めではあるがある程度の電流しか流れなくなって点灯するやつであります。カラビナミニトーチライトとはまた大げさな名前を付けたものであります。留め金付きLEDライトのほうが合ってます。リチウム電池内蔵とは大げさな。CR1220 リチウムコイン電池内蔵であります。直結なので電池もLEDも長持ちはしないでしょう。まあ光るだけ良しとしましょう。

| | コメント (0)

ミューズの自動ポンプに補充しようの件

Muse_refill
ミューズ ノータッチ泡ハンドソープディスペンサー 4906156800449 980円と、ハンドソープ 泡 ミューズ オリジナル メガサイズ 詰替え用 4906156802306 400円くらい
いやはや、まだ4月だというのにえらい暑くて気が滅入りますね。これは一昨年だったかサンドラッグで980円で売っていたので喜んで買ってきた電池式ディスペンサーであります。しかしこれまたエコでないカートリッジが替え液になっていて、この替え瓶がえらい高いので、普通の泡ミューズを補充しているところであります。この替え瓶ですがなかなかプロテクトが高く、フェイントにも引っかかってしまいましたが、そのままで補充するには何かこれも治具を作らないと厳しいか。それよりお尻に穴をあけた方が100倍速い。キャップは嵌め殺しで回転しても外れるようにはなっていない。真ん中の穴の横に小さい穴があり、なんかストッパーなのかと押してみたら、栓が中に落ちてしまった。ちょっとやってませんが、真ん中を押して空気を抜きながらこの穴から入れる手もあるかも。結局、昔、空いたエアダスターとかのスプレー缶の底に穴をあけて、液体を入れてふさいで使う(でもちょっと加圧しないと、消防訓練の水消火器みたいにちょろっとしか出ない)というのを思い出しましたが、その手で、底に穴を2つ開けて、でっかいインク用の注射器を挿してせっけん液を入れてみました。2つ開けるのは一つは空気抜き穴で、これがないと入っていきません。結果としては特に問題なく適度な泡で出てきますね。ちょっと泡感が足りない気もしますが・・・。
Muse_refillhole
穴はホットメルトでふさいでます。出口の横の落ち込んでしまった小さい穴も塞いでます。まあいけそう。もう1年くらいなりますが、こちらのディスペンサーは結構しっかりパッキンが効いていて、ぼこっとはまっており、中は錆びたりはしてません。下の一番最後のやつは、キレイキレイのディスペンサーですが、こちらはカートリッジでなく、液体を補充するようになっている。なので、粘度が合えば他のでも入れられそうですが、聞くところによれば防水がいまいちで、底の電池BOXがすぐ錆びてくるのだとか。その点ではミューズのほうがよいかも。

| | コメント (0)

スイッチ付きタップいろいろの件

Swtaps
SANWASUPPLY TAP-B10BK / YAZAWA SW-TAP / Panasonic WHS2001WP / コーナン SW-TAP
いやはや、これはうちで現行のスイッチ付きのタップたちであります。各所で活躍していますが、こうやって並べてみるとON/OFF方向がバラバラですね。左端のはサンワサプライの昔のやつで、OA品として売っていたものでしょうか。全体が溶けそうな樹脂製で、現行ではダメかも。あまり意味なし線間雷サージが入っていますが、これのLEDはダイ粗のエセ雷タップのLEDとちがって、バリスタに直列にガラス管FUSEが入っており、もし機能してバリスタがショートすると、FUSEが切れてLEDも消えるようになっているまっとうなものです。2つ目のはタップ類で有名なヤザワのものですがこれも溶ける類です。小型で良いですが、内部はあっと驚くシンプルな作りです。これはまた別に紹介したいですね。3つ目が絶大なる信頼性を誇る松下製であります。若干のロゴ修正とかはありそうですが、初期からずっと同じつくりで厳しくなったPSEも何のその。全体がきれいなユリア樹脂ででできております。スイッチもしっかりしている。内部も電工ライクにできていて、日本製です。売価も安く、買うならまずこれ一択という感じですね。一番右はコーナン製で、部分耐熱樹脂ぽい作りですが、なんとも変な大陸デザイン。サンワサプライのと同じで2方向に出力があります。嵌め殺しで開けることができないので内部は不明です。あちら製にありがちな、プラグやソケットの金具の寸法が微妙に違っていて、変に固い割にはしっくりこない挿抜であったりします。反してスイッチは柔らかすぎて不意に切り替わってしまったりと、使いにくい。
この類は結構価格変動が激しく、タイミングによっては倍くらい違っていたりします。ゆえによく見て買わないといけません。一番しっかりしているパナのが360円とかは、超お買い得ですね。うちのその他のは、ジョーシンのワゴンとかで廃価でゲットしたものだったりします。

| | コメント (0)

なぜか売っていない赤ペンの件

Chokuekiakasignpen
いやはや、これは昔から愛用している赤色の直液式サインペンであります。赤のサインペンと言えば、ぺんてるの往年のあれが有名ですが、半世紀前にも既に存在していた、小学校の先生が持っている、透明軸のインクやペン先が交換できる採点用の赤ペンが、ちょっと魅力的な赤色インクで、子供心にみんな羨望のまなざしをを注いでいた一品でありました。それは小学生には買えなかったわけですが、この100円しない直液式の使い捨てサインペンが、なんだかそれに見えて買ってみたらとても使いやすかったという訳であります。思えば、万年筆や筆記具は、昔のやつのほうがよくできていますよね。最近見ませんがロットリングなんかもいっぱいパーツがあって面白かった。現在でもその透明軸の先端の替えられる赤ペンは売っているようですが、コレクションするほどでもないので、割り切った使い切りペンも実用的であります。いつ頃だろう?20年位前かな、使い切りシリーズで万年筆なんかも書きやすいのがあった。色もいろいろありました。その類で、サインペン版のこれがあったのですが、最近売っていないような・・・。直液式ではPILOTのVコーンが似ているが、あれはボールペンだし。短いやつは使いにくそうだし。どこ製のかわからない10本まとめて売っているのは見た目がいまいちだし。そもそも刻印がJAPANしかなく、どこのだろうこれ。以前は百均にもぶら下がっていた気がするが売っていない? これが欲しいな。

| | コメント (0)

リンクLEDを追加してみた件

Addactledhub
ELECOM U2H-YK4BF1WH 改造品
いやはや、これは便利であります。例の惜しいHUBに、リンクLEDを付けてみました。HUB自体のリンクLEDも付けました。手持ち部品の関係で、3φで何とか明るめのやつを付けてみました。緑は暗いので赤と黄色にしました。順番に並べたら、なんとコネクタの位置が順番でなく、変な並びになっていますが、直すのはかなり面倒なのでそのままであります。リンクすると点灯、メディアの取り出しとかでアンリンクさせるとちゃんと消灯します。まあこのHUBではあれですが、とてもノイズに敏感なデバイスなんかの様子を見る場合、winならUSB-tree等で見るのも良いですが、リンクしているのか外れているのかが目でわかるのが大変よろしい。ある種の装置は、多重にリンクが外れる、すなわちリトライしてリンクしようとしているときにさらにエラーになったような場合に、二度とつながりにいかないような仕様のものもあります。その状態が見えるのが良いのですね。そのような用途にはこんな感じのHUBをちゃんと金属ケースに入れてHUB自体が落ちないようにしておいて試さないといけません。

| | コメント (0)

880円マウスが良くできている件 つづき

M171inside
LOGICOOL M171 wireless mouse ¥880-
いやはや、100円マウスとはまた別の次元で、これは最近中途半端なちゃちいものが多いLogiマウスの中では名器と言ってよいのではないでしょうか。この抜群のコストパフォーマンス。送料込みで880円で、レシーバーは当然ついている。GPブランドの電池も付いている。無駄がない。よくある底面のテフロンの貼りものの裏にねじがあるのではなく、ボタン部分がはまっているだけ。開封は簡単であります。ELECOMの一番安いやつのようにペコペコキシミ感はなく、筐体もリブが豊富でしっかりしている。
M171pwb
中身は意外にちゃんと作られている。ねじは1本しかない。センサーは、上位機種にも使われている、capella005であります。DARK LASERであるわけはないが、Invisible Optic で赤外であります。電源スイッチは、電池のバネのワイヤーが接触するメカ式。マウスの要、ボタンのスイッチはさすがにややちゃちいか。よくチャタるHIMAKE製であります。これはOMRONのD2F-01Fと互換のやつだったか。まあチャタったら交換しましょう。これ以上は省略できない。ホイールもダブルアクションであるわけはないが、M546のキリキリホイールよりは自然で良い。悪くない一品だ。100円の8倍するが、この充実内容からすればこちらの方が断然価値があるだろう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧