つれづれなるまま

P005からP002への進化

P005p002top
docomo ACアダプタ P005 と P002 九州ミツミ製
いやはや、今頃何をとお思いでしょうが、ばらして楽しんでいる類ですのでお気になさらずに。先般の壊れたP002ですが、壊れていないが線が劣化しているP005もどう変化しているのか気になって開けてみました。P005は先端のMOVAコネクタのコストダウンでもわかるように、だいぶんケチられていて、線も大陸製の安物に代わっています。それゆえ10年後にはシースの被覆がすでにボロボロ。日を浴びたわけでもないのにですね。100Vの線でなくて良かった。左が005右がこの前の002であります。一回り小さくなっておりますね。トランスは同じくらいぽいですが、部品が減っている。FUSEはなくなってFUSE抵抗に代わっているよう。ブリッジがないですね。電解はそれでもルビコンを採用しており、耐久性はありそうです。
P005p002btm
こちらは裏面です。なるほどブリッジはSMDになって裏面についている。FUSEはないが抵抗と細パターンで分離を狙っているよう。これでもちゃんとフォトカプラーでフィードバック制御した安定化回路になっており、くだんの激やば充電器の類とは一線を画しております。小さいながら、可倒プラグの形状の工夫で、普通の回路と部品ながらこんな小さくできているという良い例でありましょう。20年経ってもまだ動くという抜群の耐久性であります。まあ昨今のGaNデバイスの世代ではもっと別の工夫と小型化で驚異的な出力容量となっていますが、激やばの延長で作られていると、すぐ壊れるでしょう。

| | コメント (0)

黄金期を感じさせるいにしえのコネクタ

Movacn
いにしえのMOVAのコネクタ 上がP005,下がP002
いやはや、この前かつてのいにしえのdocomoのACアダプターを紹介しましたが、これに付いているMOVAのコネクタの変遷が、黄金期とコストダウン手法を垣間見させる懐かしいアイテムとなりました。このまえのがP002で下側のやつですが、黄金期と言いますか、全ピン綺麗な金メッキで揃っており、組み立ては大陸ですが、日本の製造技術と信頼性が一番良かったかもしれない頃のものですね。上側はその後のコストダウン小型化バージョンのP005のであります。なんと無駄なピンが排除されてたった3本しかありません。金メッキも薄く見えるような気もします。それでもこのコネクタはその後のFOMAのよりもしっかりしていて壊れにくかったですね。両側の丸いのはアンテナをつなぐ同軸コネクタ用の穴です。これにつなぐ2本角の800MHzの外部アンテナてオプションでありましたね。もっとも、800M帯は室内でも結構つながったので、圏外ぎりぎり用だったか。後期の車載用で箱の中でガチャっとさして使うのもあったか。P005も開けてみたので比較ぼやきを次回にでも。

| | コメント (0)

あやしいリチウム充電器の内部の件

18650chginside1
HD-63886 洪东电子
いやはや、先般の怪しいリチウム充電器の内部であります。倒れて収容できるプラグ部分も接点ばねに接触するようになっていたりして、思っていたよりはすっきりした印象でもありますが、何やら赤い線が一本あり。どこで絶縁しているんだか、一次側2次側という感じのないアートワークであります。実際トランスはありますが、パターンが近すぎてこれではULや電安は通らないでしょう。
18650chginside2
基板の部品面であります。赤い線は可動の接点金具につながっています。ボンドでとめたりしていないので、そのうち切れるのは必至でしょう。しかもなんとガさい金具のメッキ。ゴミみたいなメッキであります。基板上にはちゃんとトランスがありますね。これも型番は違うものの、半波整流1石発振1制御IC 式ですね。ICは珍しい形状の小さいDIPのICです。まあしかしこれだけの部品で、AC入力、極性自動判別の充電器がよくできるものであります。性能度外視、適当に当初だけ動けばOK、販売後故障するのは自然現象の大陸性割り切りにあっぱれであります。とりあえずこれでも動作はしていて、充電完了は電圧監視だけですので、しばらくしてある電圧になると一応止まります。300円いくらで文句を言ってもというところですかね。

| | コメント (0)

あやしいリチウム充電器の件

18650chgtop
NoBrand Li-ion Battery Universal Charger / Model: HD-0688 / Input: AC100-240V 47-63Hz / Output: 3.7V/500mA / End of charge voltage 4.2V±1% / CE indoor use Double insulated ¥345-
いやはや、あやしいものシリーズであります。これは18650の危なそうなAC充電器であります。かなりちゃちいが一応充電できるというもの。内部はまた別にぼやきたいですが、例の類のシンプルな半波整流、1石発振回路、1ICの構成です。一応トランスが入っていて絶縁されています。
18650chgbtm
もちろんこのレベルではPSEはあっても偽物。そもそも書いていないので、身の丈の合ったラベルともいえます。それでもまあまあうまくできていて、プラグは可倒式で、線ではなく、基板上の金具に当たるようになっている。基本的には18650タイプの、単3と単2の中間みたいなサイズのセル用ですが、18650の電池は保護回路の有無で長さが色々あるためか、電池側の金具は可動するようになっています。見るからに安っぽいメッキと、スームースさとは全く無縁のギコギコした動きのスライド金具になっています。
18650chglbl
傑作なのがこのラベル。サラリーマン川柳の類でしょうか。「Intelligence can be positive and negat I've charge」 だって。これはおそらく「Intelligence can be positive and negative charge」 なんでしょう。要は先般のリチウムポリマー充電器と同じで、どっち向けつないでも自動認識して充電できるということです。一応プラマイの絵は描いてあるものの、逆向けつないでも大丈夫です。18650は容量が2000mAhとか結構あるので、保護回路のない裸セルでショートとかするとかなり危険です。ゆえにこのどっちでもOKな仕様は良いですね。まあ、300円やそこらの充電器に文句を言っても仕方ないですかね。

| | コメント (0)

006Pの9V電池の件

006p9vs
左から、ダイ粗のアルカリ、ダイ粗のマンガン2個組、緑のはダイ粗と同じGPブランドですが、何かに付いていたやつか。次はモノタのマンガン、あまり売っていないパナのマンガン、右端はサウンドハウスで期限まじかで安売りしていたやつです。
いやはや、9Vの角型電池なんてもう使わないだろうなんて思っていたら、これがまたいろいろこれが必要なツールがあって、結局これも常備しておかないといけないかと。何があるかと言えば、テスターの類、放射温度計、柱センサー、プローブ、LEDテスター、ガイガーカウンターとかか。アルカリは例によって液漏れするので、パワーの要らないものや、たまにしか起動しないものはマンガンが良いですね。パナのマンガンはあまり売っていないですね。ダイ粗のマンガンは2つで100円と安いなりに重さも容量も全然ないですが、ちょっと使う用途には便利。もう一つ100均物ではセリアに売っている、Premium Cellがありますが、あれは前に破裂したので買い控えています。その後も忘れたころに破裂を繰り返している恐ろしい電池であります。小さい頃はやっていたことを思い出しました。9V電池の容量が残っているかを調べるのには、舌に当ててみるという原始的な方法があり、もう起電力が落ちていると味がしないが、新しい電池でやると舌がすごいなんて言うのか緑っぽい味と言えばよいのか、なんとも言えない味がするのでした。さらに昔、模型屋さんだったかおもちゃ屋さんだったかで、今でいうポイントみたいな券をたくさん集めて、模型に使うように9V電池を20個くらいもらってきたことがありました。ナショナルの赤だったか。この電池は唯一スナップが付いているのでブロックのようにつなげていけるのですが、10個ほど数珠つなぎにして両端を触ると、これがまた結構びりびり来るのです。当たり前ですね。90Vもあるのですから。電池でもすごいなと思いました。そういえば鉄腕DASHでまだ村とかないころに銚子電鉄の電車動かしてましたね。あれはFDK協賛でしたか。単1をうん千本つないでましたね。
密林のBasicsのは適度な値段で良いかもしれませんね。でも前の倍くらいの値段になっている。パナの日本製は、コンビニで買うとびっくり価格ですが絶大の容量と信頼性でしょうか。AMPで売っている、マレーシア製のパナはちょっと作りが違っていて、サイズがでかい。ばらした人によると日本製は細いのが6本入っていて、マレーシア製は昔のような座布団6枚重ねなのだとか。

| | コメント (0)

ミューズディスペンサーのパッキンの件

Soapdispgasket
ミューズ ノータッチ泡ハンドソープディスペンサー 4906156800449
いやはや、もう1年以上洗面台に置いてあるが、中は無事のようである。某キレイキレイ版は他の液も入るメリットはあるものの、密閉構造がいまいちで、電池ホルダーが錆びてくるというレビューを見るが、その点ではこちらの方が烏賊のような構造になっており、内臓のユニットに底の蓋のパッキンがきっちりはまっていて底がある程度水没しても、内臓にまでは及ばないようになっている。スライドスイッチの部分が劣化して割れてしまうとそこから侵入するかなという感じかな。980円で売っていたら液も付いているからとてもお買い得だ。もう一つ買っておくか。いや、すでに予備が一つあるので止めておこう。

| | コメント (0)

銘鈑シリーズ その18

Lei5r3v1a
LEI LEADER ELECTRONICS INC / I.T.E. Power Supply / Model: MU05BS053100-A1 / Input / 入力: 100-240V ~50/60Hz 12-18VA 0.3A / Output / 出力: 5.3V = 1A / For use with specified Information Technology Equipment only / L.P.S. / Double insulation / Indoor use / VI / PSE UL Japan BUFFALO INC. LEI F4 Made in China / UL CERTIFIED L031A(BUF)2126 / SAFETY US E138754
いやはや、久しぶりの銘鈑シリーズであります。これは水牛のHUBに付いていたやつです。もはやSOHO、お家、企業の小分けにはデファクトスタンダードとも言える水牛のLANのHUBですが、昨今、電源内蔵モデルは品薄でプレミア価格が付いていたりしますが、ACアダプターモデルは手ごろな値段で売っていますね。内蔵モデルは100V専用ですが、ACアダプターモデルは240Vも行けます。さすが数が出ているだけあって、まともです。日本とULが付いているのでUS用ですかね。側面に個別にシリアルも付いています。5V1A程度のものは発熱も少なく、UNIFIVEやLeaderのものは、実績もありまあいけるでしょう。案外壊れずに10年動いているものも多いです。

| | コメント (0)

ミューズの自動ポンプに補充しようの件

Muse_refill
ミューズ ノータッチ泡ハンドソープディスペンサー 4906156800449 980円と、ハンドソープ 泡 ミューズ オリジナル メガサイズ 詰替え用 4906156802306 400円くらい
いやはや、まだ4月だというのにえらい暑くて気が滅入りますね。これは一昨年だったかサンドラッグで980円で売っていたので喜んで買ってきた電池式ディスペンサーであります。しかしこれまたエコでないカートリッジが替え液になっていて、この替え瓶がえらい高いので、普通の泡ミューズを補充しているところであります。この替え瓶ですがなかなかプロテクトが高く、フェイントにも引っかかってしまいましたが、そのままで補充するには何かこれも治具を作らないと厳しいか。それよりお尻に穴をあけた方が100倍速い。キャップは嵌め殺しで回転しても外れるようにはなっていない。真ん中の穴の横に小さい穴があり、なんかストッパーなのかと押してみたら、栓が中に落ちてしまった。ちょっとやってませんが、真ん中を押して空気を抜きながらこの穴から入れる手もあるかも。結局、昔、空いたエアダスターとかのスプレー缶の底に穴をあけて、液体を入れてふさいで使う(でもちょっと加圧しないと、消防訓練の水消火器みたいにちょろっとしか出ない)というのを思い出しましたが、その手で、底に穴を2つ開けて、でっかいインク用の注射器を挿してせっけん液を入れてみました。2つ開けるのは一つは空気抜き穴で、これがないと入っていきません。結果としては特に問題なく適度な泡で出てきますね。ちょっと泡感が足りない気もしますが・・・。
Muse_refillhole
穴はホットメルトでふさいでます。出口の横の落ち込んでしまった小さい穴も塞いでます。まあいけそう。もう1年くらいなりますが、こちらのディスペンサーは結構しっかりパッキンが効いていて、ぼこっとはまっており、中は錆びたりはしてません。下の一番最後のやつは、キレイキレイのディスペンサーですが、こちらはカートリッジでなく、液体を補充するようになっている。なので、粘度が合えば他のでも入れられそうですが、聞くところによれば防水がいまいちで、底の電池BOXがすぐ錆びてくるのだとか。その点ではミューズのほうがよいかも。

| | コメント (0)

なぜか売っていない赤ペンの件

Chokuekiakasignpen
いやはや、これは昔から愛用している赤色の直液式サインペンであります。赤のサインペンと言えば、ぺんてるの往年のあれが有名ですが、半世紀前にも既に存在していた、小学校の先生が持っている、透明軸のインクやペン先が交換できる採点用の赤ペンが、ちょっと魅力的な赤色インクで、子供心にみんな羨望のまなざしをを注いでいた一品でありました。それは小学生には買えなかったわけですが、この100円しない直液式の使い捨てサインペンが、なんだかそれに見えて買ってみたらとても使いやすかったという訳であります。思えば、万年筆や筆記具は、昔のやつのほうがよくできていますよね。最近見ませんがロットリングなんかもいっぱいパーツがあって面白かった。現在でもその透明軸の先端の替えられる赤ペンは売っているようですが、コレクションするほどでもないので、割り切った使い切りペンも実用的であります。いつ頃だろう?20年位前かな、使い切りシリーズで万年筆なんかも書きやすいのがあった。色もいろいろありました。その類で、サインペン版のこれがあったのですが、最近売っていないような・・・。直液式ではPILOTのVコーンが似ているが、あれはボールペンだし。短いやつは使いにくそうだし。どこ製のかわからない10本まとめて売っているのは見た目がいまいちだし。そもそも刻印がJAPANしかなく、どこのだろうこれ。以前は百均にもぶら下がっていた気がするが売っていない? これが欲しいな。

| | コメント (0)

よもぎの花と種とは

2022_0307_yomogi2
いやはや、なんかやたらに暑い日で気が滅入りますね。これはよもぎの花であります。去年の花であります。すでに乾燥しているので種が取れるのではないかとプランターから集めてきました。このつぼみの中の小さい縦長のが種ですかね。プランターからはすでに新芽がちらほら。この種をまいたら芽が出てくるのかな? この前、賢い小学生がサポートに出てくるクイズ番組で、よもぎは菌糸でとか言っている子がいましたが、実物見たことがないのでしょう。そうではないです。よもぎは葉っぱのイメージが大きいですが、茎が伸びてきて花が咲きます。花粉も出て花粉症の原因になっているかも。対して、バジルのほうは平べったい奴の中に小さい丸い種が採れるはずなのですが、なぜか一つもない。良く遊びに来られている雀に食べられたのかな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧