今日のこわれもの

古いボンベは危ない件

Monygascan
ニチガス スペシャルモニーガス缶 170g 日本製
いやはや、先般、外で古いライターに注入していたボンベであります。外に置いていて数日忘れていたのですが、忘れているわと回収に行くとなんか軽い。ちょっと日に当たったかもしれないですが、全部抜けてます。外観がうっすら錆びていますが、缶の部分は穴が開くほど腐食している部分はない。抜けるとすれば、バルブの部分か? 押してみると確かに弾力が足りないか。
Monytop
一見、バルブ部分は綺麗ですが、おそらくこれは30年くらい経っている。古いスプレー缶類は屋内に置いておくのは危ないですね。夏場に室内でラッカー缶が噴出したことがありますが、その時はラッカー臭が充満していた。カセットコンロのガスは臭いが付いてますが、これは無臭に近いので危険ですね。気をつけましょう。昔、電気の取れないところで半田付けするのに、これとコテライザーを持って飛行機に乗ったことがあります。よく乗れたな・・・。

| | コメント (0)

歴代一番いけてなかったQwatchの件

Tswlcamview
I-O DATA TS-WLCAM 2014年頃 
いやはや、これは、歴代のQWATCHの中で一番できの悪かったやつであります。先般、元祖QWATCHが15年以上稼働し、ようやく引退したのをお知らせしたところでありますが、サブのサブで使っていたこれがそろそろだめそうであります。すぐに反応しなくなる。もしくはやたらに遅い。ACアダプターがへたったたかと思ったもののそうでもない。開けてみるとまあまあ普通にはできている。電解コンは使われていない。メインのチップにはフェライトの板が貼られている。
Tswlcaminside
WiFiもあるがONにしていない。MICはない。動体検出ぽいことはできるが、保存は静止画で、タイミングが遅いので、UFOキャッチャーのような速い動体検知は無理で、めったにうまく撮れていない。レンズはピンホールみたいな穴で、画質は悪い。特に暗くなると全く映らない。いかにも安物のWEBカメラか、初期の携帯のカメラという感じの画である。ファームの更新がなく、動体検出の設定にFlashが必要で、現行のWinでは設定しようがない。唯一後継機でできないのにできることは、動体検知の保存が静止画であるからだと思うが、最高解像度(1280x960)でも動体検知ができることくらいか。後継機はこれがとても惜しいところで、動体検知を機能させるためには解像度を落とさないといけないのだ。
Tswlcamcam
カメラはパンフォーカスでお世辞にもきれいではないが、何が付いているのかと思えば、ノーパソのWEBカメラ用のモジュールである。これではそれなりの画質であるのは仕方がないか。まあだいぶん動いていたので、これも引退かなl。
Tswlcamnejiware 元祖QWATCHも樹脂がべきべきに劣化していたが、これもだいぶん劣化しており、取り付けネジも用をなさない。とまあなむぅという感じだ。追:思えば、この機種、密林で、テレビにつなぐユニットとセットで買ったような気がしてきた。どこへ行っただろう?

| | コメント (0)

Canonの電卓が壊れた件

Ls120wt
Canon 卓上電卓 W税率 LS-120WT ¥980-
いやはや、電卓が機嫌が悪い。電卓と言えば、CASIOかSHARPかCanonかSEIKOもあるかくらいだと思われるが、基本的にそれ以外の大陸製や無名のものはキータッチの信頼性が低く、ブラインドタッチできないから日本メーカー製しかないだろう。押したキーが入力されたか見ないとわからない電卓は使えない。しかし今回はそうではなく、表示がおかしい。よくあるLCDのセグメントの接触不良かと思ったが、そうでもない。桁設定等のスライドスイッチはないので接触不良でもなさそう。これはもう無理かな。しかし中身を見ずに捨てるわけにはいかない。太陽電池も付いているぞ・・・。ちなみに家族によると、故障の原因は、太陽フレアの異常による宇宙線をあびたからだとか。
Ls120wt_inside
中は綺麗である。腐食もない。安価な電卓の標準的な構造である。ベークの基板にダイレクトボンディングされている。キーパッド下に何か侵入しているのかと見たかったがは樹脂ピンが溶かして止めてあり、ばらすと元に戻らないだろう。まあどうせ廃棄だからあとで開けてみよう。日本メーカー名でも大陸製のデジタル置き時計の類は、中身の作りがおぞましいものが多いが、これくらい整然としてたら文句はない。上部には電池がはまっている。単にダイオードでボタン電池が常時接続になっているだけのようだ。
Ls120wt_batt
さすがに何年か経っているので電池は液漏れして白い結晶が出ていた。
Ls120wt_l1154f
電池はL1154Fと書いてある。なんだこれは? 見た目はLR44ぽいが。調べてみると何のことはないLR44の別型番のようだ。これを抜いてしまうと、真っ暗では動かない。当然だが。明るければなくても動く。税率の設定は電池を抜くと消えてしまうようだ。こんな4セルごときの太陽電池で動くとはすばらしいローパワーである。
Ls120wt_acf
LCDの接続は、かの欠陥カシオLCD時計に見せてやりたいほどきれいに張り付いているACFである。そう、ACFの熱圧着はこのような仕上がりでなくてはならない。1年やそこらで剥がれるのは明らかな工程の温度管理不良である。
さて、すでに廃番になっているようで高値が付いている。あえてこれを買うことはないだろう。980円くらいが適価である。

| | コメント (0)

とても危険な百均クリップの件

Specialcrip
フッククリップ B005 特殊クリップ1 SAI-19-P10 Special Clips 1 / 4549131684162 MADE IN CHINA
いやはや、これはダイ粗のクリップであります。引っ掛ける部分が大きくて、レジ袋とかを引っ掛けるのに良いのですが、これがとても危険な代物であります。樹脂部分はポリアセタールと書いてありますが、POMゆえにか、固そうなのは良いのですが、非常に脆い樹脂であります。どちらかというと、昔の電球ソケットの材料の練り物のような感じ。注意書きには、「変形・破損した場合は直ちに使用を中止してください」とありますが、これがあっけなく割れるのです。軸回りはバネの強さに対してかなり強度不足かもしれません。
Dengerusclip
おそらく、限界を超える力を加えなければ割れないのでしょう。でもこれを挟むと、出っ張っているので何かと引っ掛けてしまう。引っ掛けるとクリップ力が強いので、外れるのではなく、これ自身が限界を超えてあっけなく割れる。割れると、鋭利なバネの先端が露出する。細いので目を突いたりしたら大変です。よくできたこういうものは、安全性の観点から、バネの先をUの字曲げして丸くして樹脂との接触面積を上げると共に、割れた場合にも鋭利にならないように考慮しますが、そうはなっていない。ぶつ切りの硬い炭素鋼の断面が現れる。お子様等おられる場合は、これは絶対お勧めしません。気をつけましょう。特に車内で使うのはもしもの時にかなり危険です。
Hookbroken
さらに崩壊してバラバラになってしまいました。

| | コメント (0)

エコでない使い捨てライターの件

Gmamorp1440359
IWATANI ガスマッチ ミニG-MA-M
いやはや、ついでにライターシリーズであります。まともな使い捨てライターと言えば、チャッカマンとIWATANIかと思いますが、こちらは小さいわりに、レバーが固い、残念ながら使い捨てのIIWATANIのやつであります。レバーが固いのは、小さい子が握れないようにしてあったのだったか。ミニとはいえ縦に握るにはある程度手が大きくないと握れなく、しかもレバーの引きが結構固い。ロック機構もあるものの、単なるスライド部品ではインコでも動かしてしまいそう。それなら物理的に大きく、固くしてしまうという実用的なプロテクションであります。ゆえに握力のない年寄りにも使えない。さて、ガスがなくなったので、補充できないのかと開けてみたところであります。使い捨てながらちゃんと作られており、とてももったいない。圧電も昨今の不良率50%のSTCより元気であります。
Gmamorp_tank
タンクに充填口はなく、ここに入れられたら使えるのですが、バルブのところがこれがまた、引っ張ると開くタイプで、引っ張りながら、押すと出るボンベから注入するのは何か治具がないと無理。惜しいなぁ。まだまだ使えそうなのに。ボンベの先の押し圧に耐えて、引っ張っておくような金具を作ったら入れられるかな。ある程度漏れるの覚悟で屋外でやらないとだめでしょうけれどね。

| | コメント (0)

GUARDOGのリモコンが割れた件

Broken_gardogremocon
MITSUBA GUARDOGのリモコン
いやはや、愛用のカーセキュリティーのリモコンを落としてしまい、アンテナの出っ張りが割れてどっか行ってしまいました。一緒にバネが転がっていたので、おそらくこれがアンテナになっていた模様。軸は残っているのでここにはんだ付けしてうまく固めるかなというところであります。ミツバと言えば、バター、いやあれは四つ葉。これは、おそらくキーシリンダー接続のセキュリティーの最後のほうの製品でありましょう。日本製で、本体も、リモコンもとてもしっかり作られている印象であります。リモコンはアンサーバックありで、動作も良く考えられており、接続も楽しかった記憶があります。昨今、そもそもキーシリンダーがないので、コネクタの割り込み中継線で昔のようなセキュリティーキットが安直に接続できない悲しい時代。配線に針をさして線を探すなんて言うのは今となっては無意味。CANBUSのデーターが見えないと操れない。あえてキーシリンダー仕様を選択して、セキュリティーキットをつけるというのは、もはや、今の車種では無理。ハイブリッド車なんかだと回路の動作が解らないので危険でいじれる範疇にない。そんなわけでいつの頃からか、車いじりというのは、キャブの調整やECUのチューニングやオーディオやナビの装着ではなく、テープLEDを車体に張り付けることをいうようになったという、なんとも情けない楽しくない時代でありますねぇ。まあ、リモコンはうまいこと直そう・・・。

| | コメント (0)

樹脂の選定がいまいちな物干しの件

Brokenhook
Daiya 室内干し角ハンガー36 4901948575734
いやはや、これは部屋干しのピンチハンガーの破片であります。洗濯ばさみがいっぱいついた、この類のアイテムは、ニトリやらホームセンター系でもオリジナルのアイデア仕様があったりしていろいろバリエーションがありますが、これはドラッグストアーやらでもよく売っているやつであります。が、樹脂の選定がいまいちと思われ、とくに屋外で紫外線を浴びたでもないのに、2,3年でボロボロ割れてきます。ポリプロピレンと書いてあるが、やや硬めの配合で、それゆえポロポロポキポキどんどん破損が広がります。もう少し粘りのある樹脂を使っていただきたいところ。
Repairhook
折れるたびに、紐やら針金やら銅線やら結束バンドやら凧糸やらで補修して賑やかになっていきます。耐久性に難ありな角ピンチハンガー。おひとついかが? それ以外はそんなに悪くないのですがねぇ。

| | コメント (0)

朽ちかけもう一息のイヤーバッド

Meltedhppads
Audio-technicaのヘッドホンのイヤーパッドいろいろ
いやはや、定期的に登場する朽ちたイヤーパッドであります。そういやべたhtmlで書いていた時にも登場したかも。気に入ったヘッドホンはスピーカーさえまともならずっと使いたい。Audio-Technicaは、少々高価ながら保守部品を売ってくれていてありがたいところですが、それもそのうち廃盤になって保守部品が消えてしまう。消える前にとイヤーパッドを買っておくと、使うときにはすでに朽ちていたりと。さて、左はTV用に使っている、朽ちかけの安い奴のでありますが、メッシュの生地の上にポリウレタンでコーティングしてあり、ポリウレタンがドロけてくる。ぼろぼろと枕を汚すのではいできたところであります。右は、別のオープンエアタイプですが、さらに劣化が進んでポリウレタンコーティングが全部はがれた状態。ここまで朽ちると、コロコロで丁寧になでると全部剥がれて下地が登場します。こうなると、下地が案外ベルベット風で、ネトネトモなく、そのまま使えてしまいます。ゆえに左はもう少し熟成が必要。その後にべとを取ればまたベルベット風に回帰しそうかな。どうかな。ウレタンコーティングしかり、シャカシャカの服しかり、朽ちるのが速い。やっぱり革ですかね。

| | コメント (0)

見つけた!仲野のテーブルタップ

419977top
NAKANO テーブルタップ6個口 電取41-9977品  147x22x34
いやはや、行方不明だったテーブルタップを発見しました。なんとコード掛けにぶら下がっていました。なぜかというと、ゴムの線が痛んでいて危ないので外して置いていたからです。素晴らしいコンパクトな形状。ただ、残念ながら嵌め殺しで組まれており、無傷では分解できません。ゆえに線を交換して使いたいものの交換できないのであります。旧電取仕様ですが、本体はかなり溶けなさそうな全体がユリアであります。コードは溶けないゴムコードであります。ACアダプタ等を直接挿すのには向きません。
419977back裏面は鍵穴はありませんが、収納式の薄い樹脂のフックが組み込まれていて、収納位置と引き出し位置でロックするようにうまくできていて、引っ掛けられるようになってます。
419977align
何というこのスペースファクターでありましょう。リベンジエレコムの6個口と比べてもこの小ささ。もちろん電子レンジとトースターと電気炊飯器をつないではいけませんが、数W程度の電子機器をまとめるにはとてもコンパクトでありがたい。これが欲しいのですが売ってませんね。この前の長すぎる10個口のスペースがあれば、3ついけそうな勢いであります。線替えられるかどうか一回割ってみるかな。以前、個別に口がなくて長い接点がついていて、挿すだけさせるみたいなのが売ってましたが、あれは接点の接触の信頼性の点で納得いきませんのでだめですね。しいて言えばこれが小さいかな。それでも一つ横向いているせいもあって165mmもありますね。長接点のやつ、まだ売ってますね。YAZAWAのフリータップというらしい。ケースが溶けそうですね。
      

| | コメント (0)

またまたやってしまいました埋もれていたリモコン

Gpbatmelt2021
Panasonic DVD-PLAYERのリモコン
いやはや、またまたやってしまいました。大粗のGPマンガン電池であります。マンガンでも度を超えるほど放置すると、こんななるのですね。驚くべきことに、電池のバネごと錆びてしまって脱落しております。いや、電池に合体しております。相当使用開始期限から過ぎており、やむなしというところでしょうか。さいわいアルカリ液は漏出していないので、被害は電池のゼンマイばねのみでした。要らないやつのを外してきて移植しましょうかね。とりあえず銀紙で動いております。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧