« ReadyNASの管理画面にアクセスできない件続き | トップページ | フィルター枠の塗装の件 »

それは突然やってきたMUSEのディスペンサーが壊れた件

Musemekabroken
ミューズ ノータッチ 泡 ハンドソープ ディスペンサーのメカ
いやはや、液の補充も終わって快調に動いているわと思っていたのもつかの間、突然、ガリガリガリと大きな音を立てて、いかにもギアが噛んでいない音。今やクラッチのある車に乗る機会がないですが、たまに乗るとクラッチをうまく踏めてなくてガリガリというあれです。何が起きたかとばらしてみると、なんと、ギアボックスのねじの締まっている棒が折れてます(上の2か所)。電池を替えたのが災いして、モーターの勢いで自ら弾けた感じでしょうか。そのためギアを押さえている蓋が浮いてギアが空回りしているよう。幸いは刃欠けていない風。うまく動いているうちは、素直に動くのでしょうけれども、まず下側①のピストンがギアの突起のクランクで上下してボトルから液をタンクに吸ってくる。次に時間差で別のギアの突起が2のピストンをスライドさせてタンクから外に押し出すようになってるようです。長く使っているうちに残渣がたまるのでしょう。2のほうがやや重くなっている。それゆえモーターの勢いで、ピストンを押す代わりにふたを押し上げて割ってしまったと。本当は全部ばらしてみたかったのですが、上からは外れず、これはイカの内臓部分と上の蓋が一回嵌めると嵌め殺しになっていて無傷では抜けないようで。バラすと戻らなさそうなので、無理やり直す方に方向転換であります。

| |

« ReadyNASの管理画面にアクセスできない件続き | トップページ | フィルター枠の塗装の件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ReadyNASの管理画面にアクセスできない件続き | トップページ | フィルター枠の塗装の件 »