« 強度のないtotesの取っ手の件 | トップページ | 次第に質の落ちるドルツジェットウォッシャーのチューブの件 »

洗面の蛇口にみず工房をつけてみた件

Jl307mnvsold
いやはや、洗面台の蛇口は、セパレートタイプのSANEIのK3761がついておるのですが、先端が伸びてシャワーになるのと、スパウト側の軸が上に15㎝くらいですかね引っ張り出せて、洗髪に使えるというのが特徴のよう。しかしとうとう先端のストレートシャワーの切り替え機構のあたりから水漏れしだして、軸に垂れております。さいわいこちらは、ホース自体からは漏れておらず、床に漏れることにはなっていません。さてそこで、洗面にも浄水器が欲しいという切なる要望により、浄水カートリッジ内蔵のみず工房をつけてみようという企みであります。買ってみるとでかい。キッチンのシンクでは全く違和感はないですが、こちらに持ってくるとスパウトが長い。どうなんだろうと思いつつつけてみた図はまた次回にでも。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タカギ takagi JL307MN-9NL2 シングルレバー混合栓 ワンホール型
価格:26800円(税込、送料無料) (2022/9/12時点)


|

« 強度のないtotesの取っ手の件 | トップページ | 次第に質の落ちるドルツジェットウォッシャーのチューブの件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強度のないtotesの取っ手の件 | トップページ | 次第に質の落ちるドルツジェットウォッシャーのチューブの件 »