« リベンジ・クーラーボックスで玄米保存の巻 | トップページ | クーラーボックスで玄米保存の結露の件 »

パナの冷凍庫の温度変化

Panaflzergrph
Panasonic NR-FZ120B 121L
いやはや、メーカー製の冷凍庫はどんな温度変化なのかを見てみた。これは巣ごもりで必要に迫られて購入したパナの121リットルの冷凍庫の温度であります。内部のファンの出口は強力で、肉とかすぐカチカチに凍ります。霜取りは自動なので、たまに溶けて裏のコンプレッサーの上のトレーにちょろちょろと出てきます。コンプレッサーが動くと、その熱で蒸発してしまうという構造。その時内部は一旦マイナス数℃まで上昇します。さすがパナか、断熱はちゃんとしており、また、側面で放熱するようになっていて外装には一切結露は付きません。冷却制御はコンプレッサーの断続運転なので、同じ感じですね。5℃くらいの幅でON/OFFしてます。50分に1回くらいでしょうか。そして霜取りは一日弱に1回ていう感じですかね。右側の霜取りの後がブレてますが、夕刻に扉を開けたりしているのでぶれているのだと思います。これは扉のポケットでの測定で、設定は中です。マイナス13℃くらいがセンターでしょうか。強にすると-20℃になります。この微妙な5℃の上下と霜取り期間の温度上昇で、内蔵物にだんだん霜が付いていくのでしょうね。

|

« リベンジ・クーラーボックスで玄米保存の巻 | トップページ | クーラーボックスで玄米保存の結露の件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リベンジ・クーラーボックスで玄米保存の巻 | トップページ | クーラーボックスで玄米保存の結露の件 »