« アジアンタム増殖の件 | トップページ | Canonの電卓が壊れた件 »

銘鈑シリーズ その19

Ptwc13label800600
USB-AC ADAPTER / MODEL PT-WC-13 / INPUT:AC100-240V 50/60Hz 0.5A / PD OUTPUT:5V=3A/9V=2.22A/12V=1.67A / USB A OUTPUT:3.6V~6V=3A/6V~9V=2A / 9V~12V=1.5A / PD+USB A OUTPUT: 5V=3A / Double Insulated / Indoor use / PSE UL Japan / UL / 株式会社 泰成商事 / MADE IN CHINA ¥799-
いやはや、銘鈑シリーズも19回目であります。他のタイトルで紹介しているものもあるはずなので、もっと数はあると思いますが。さてこれは、この前購入した5V3A出るやつです。2Aまでの10Wものはごろごろしているのですが、例の変な二股の活用も含めて、もう一息出るやつを実験するのにほしくてぽちりました。昨今はGaNが流行っていて、だいぶん値崩れしてますが、その小ささには驚きます。ちゃんと作られているものは効率も抜群で、65W出力しても大して熱くならないよう。でもまだある程度は高い。半面ノーマルタイプは安価であり、これは799円でした。銘鈑を見ると電圧が変化するようで、一応PD出力対応のようです。しかし微妙なW数ゆえ20Vにはならないので、PCの充電は無理でした。手元に12VモードになるPDのデバイスがないのでちゃんと切り替わるのかどうかは不明です。実力のぼやきはまた別にしたいですが、本品のPSEの真贋はさてどうしたものか。ULを検索すると、このモデルは、Shenzhen Putuo Technology Co Ltdで登録されており、ULはしょぼいマークが合っていないのではないかと思うがウソではないようだ。PSEはUL Japanで検査されたことになっているが、本当かどうか不明だ。(株)泰正商事はちゃんと登録された法人だが、取り扱い商流がちょっとちがうような・・・。(追:同名の会社が複数あり、どれかがそうなのかよくわからない。リサイクルの会社が間違い電話で困っているとか。数年前に工具用のリチウムバッテリーをリコールしている所沢の会社がそれっぽい。acefadというブランドで子供服を輸入している?) しかも販売は、AMPでHootek-JPという、広東の会社である。つまり輸入責任者の存在しないPSE模様の類ではないかと思われる。勝手に日本の会社名を書いているのか?それとも前例ありで流しているのだろうか。一部認証機関では、認証した機器を検索できるところもあるが、やはりPSEは登録制にして番号をつけて照合できるようにしないといけない。日本のIT化の遅れたシステムとそれを回避する惰性的決めごとが、このような真偽の判別の付かない模様入りの製品を氾濫させることになっていると言わざるを得ない。大陸勢が売っているマーケットプレース物はほぼ全数偽物だろう。さて、物的には、10W程度までは使えそうだ。それ以上は3.5Aくらいまでは出ているが溶けてきそうである。
QCのAとPDのCがついていて廃価なので、人柱志向の方は買ってみてくださいまぜ。

|

« アジアンタム増殖の件 | トップページ | Canonの電卓が壊れた件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジアンタム増殖の件 | トップページ | Canonの電卓が壊れた件 »