« 古いボンベは危ない件 | トップページ | 今日の使えるダイ粗の巻 シリコンチューブ編 »

006Pの9V電池の件

006p9vs
左から、ダイ粗のアルカリ、ダイ粗のマンガン2個組、緑のはダイ粗と同じGPブランドですが、何かに付いていたやつか。次はモノタのマンガン、あまり売っていないパナのマンガン、右端はサウンドハウスで期限まじかで安売りしていたやつです。
いやはや、9Vの角型電池なんてもう使わないだろうなんて思っていたら、これがまたいろいろこれが必要なツールがあって、結局これも常備しておかないといけないかと。何があるかと言えば、テスターの類、放射温度計、柱センサー、プローブ、LEDテスター、ガイガーカウンターとかか。アルカリは例によって液漏れするので、パワーの要らないものや、たまにしか起動しないものはマンガンが良いですね。パナのマンガンはあまり売っていないですね。ダイ粗のマンガンは2つで100円と安いなりに重さも容量も全然ないですが、ちょっと使う用途には便利。もう一つ100均物ではセリアに売っている、Premium Cellがありますが、あれは前に破裂したので買い控えています。その後も忘れたころに破裂を繰り返している恐ろしい電池であります。小さい頃はやっていたことを思い出しました。9V電池の容量が残っているかを調べるのには、舌に当ててみるという原始的な方法があり、もう起電力が落ちていると味がしないが、新しい電池でやると舌がすごいなんて言うのか緑っぽい味と言えばよいのか、なんとも言えない味がするのでした。さらに昔、模型屋さんだったかおもちゃ屋さんだったかで、今でいうポイントみたいな券をたくさん集めて、模型に使うように9V電池を20個くらいもらってきたことがありました。ナショナルの赤だったか。この電池は唯一スナップが付いているのでブロックのようにつなげていけるのですが、10個ほど数珠つなぎにして両端を触ると、これがまた結構びりびり来るのです。当たり前ですね。90Vもあるのですから。電池でもすごいなと思いました。そういえば鉄腕DASHでまだ村とかないころに銚子電鉄の電車動かしてましたね。あれはFDK協賛でしたか。単1をうん千本つないでましたね。
密林のBasicsのは適度な値段で良いかもしれませんね。でも前の倍くらいの値段になっている。パナの日本製は、コンビニで買うとびっくり価格ですが絶大の容量と信頼性でしょうか。AMPで売っている、マレーシア製のパナはちょっと作りが違っていて、サイズがでかい。ばらした人によると日本製は細いのが6本入っていて、マレーシア製は昔のような座布団6枚重ねなのだとか。

|

« 古いボンベは危ない件 | トップページ | 今日の使えるダイ粗の巻 シリコンチューブ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古いボンベは危ない件 | トップページ | 今日の使えるダイ粗の巻 シリコンチューブ編 »