« 使えないダイ粗シリーズ バインダー編 | トップページ | 銘鈑シリーズ その18 »

ミューズの自動ポンプに補充しようの件

Muse_refill
ミューズ ノータッチ泡ハンドソープディスペンサー 4906156800449 980円と、ハンドソープ 泡 ミューズ オリジナル メガサイズ 詰替え用 4906156802306 400円くらい
いやはや、まだ4月だというのにえらい暑くて気が滅入りますね。これは一昨年だったかサンドラッグで980円で売っていたので喜んで買ってきた電池式ディスペンサーであります。しかしこれまたエコでないカートリッジが替え液になっていて、この替え瓶がえらい高いので、普通の泡ミューズを補充しているところであります。この替え瓶ですがなかなかプロテクトが高く、フェイントにも引っかかってしまいましたが、そのままで補充するには何かこれも治具を作らないと厳しいか。それよりお尻に穴をあけた方が100倍速い。キャップは嵌め殺しで回転しても外れるようにはなっていない。真ん中の穴の横に小さい穴があり、なんかストッパーなのかと押してみたら、栓が中に落ちてしまった。ちょっとやってませんが、真ん中を押して空気を抜きながらこの穴から入れる手もあるかも。結局、昔、空いたエアダスターとかのスプレー缶の底に穴をあけて、液体を入れてふさいで使う(でもちょっと加圧しないと、消防訓練の水消火器みたいにちょろっとしか出ない)というのを思い出しましたが、その手で、底に穴を2つ開けて、でっかいインク用の注射器を挿してせっけん液を入れてみました。2つ開けるのは一つは空気抜き穴で、これがないと入っていきません。結果としては特に問題なく適度な泡で出てきますね。ちょっと泡感が足りない気もしますが・・・。
Muse_refillhole
穴はホットメルトでふさいでます。出口の横の落ち込んでしまった小さい穴も塞いでます。まあいけそう。もう1年くらいなりますが、こちらのディスペンサーは結構しっかりパッキンが効いていて、ぼこっとはまっており、中は錆びたりはしてません。下の一番最後のやつは、キレイキレイのディスペンサーですが、こちらはカートリッジでなく、液体を補充するようになっている。なので、粘度が合えば他のでも入れられそうですが、聞くところによれば防水がいまいちで、底の電池BOXがすぐ錆びてくるのだとか。その点ではミューズのほうがよいかも。

|

« 使えないダイ粗シリーズ バインダー編 | トップページ | 銘鈑シリーズ その18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 使えないダイ粗シリーズ バインダー編 | トップページ | 銘鈑シリーズ その18 »