« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

ウレタン仕上げのねちょふき取りの巻

Celestron44301remove
いやはや、ねちょねちょの拭き取りであります。素直なやつは、IPAで拭い取ると案外綺麗に取れます。セレストロンはその類でした。一部艶消しが禿げましたが、ねちょをとっても、ロゴは残っております。
Uk02clean
こちらはミヨシの拭き取り中。結構しぶとい。まあいつまで動くかという問題はありますが、動く間は酷使いたしましょう。使えてなんぼのもんであります。

| | コメント (0)

No more ウレタン仕上げ USBマイクロスコープ編その2

Uk02necho
ミヨシ UK-02 130万画素 USB マイクロスコープ ¥4980くらいだったか
いやはや、やめてくれウレタン仕上げのつづきであります。これはよくある形状のUSBマイクロスコープであります。この形状のは、Dino-Light のが有名ですが、あちらは高級感はあるのですが、かなり上位機種以外は値段の割には使い勝手はいまいちかと思います。その点では、雑魚類の上位機種のほうが、改造するにも気兼ねないし使いでは良かったりしますね。これはその一つで、この形状の安価なものは、何を基準に200倍とか400倍と言っているのか不明で、撮像素子の画素数も不明で、たいていはVGAにしかならない30万画素であったりします。それでもそら50インチのモニターに表示したら1000倍あるかもしれませんねぇ。これはちょっと高いだけあって、ちゃんと130万画素と書いてあって、1280x1024になります。Venus USB2.0 Cameraと認識します。ミヨシとは洗剤、石鹸のミヨシではなく、PCグッズ的な周辺機器を売っている商社であります。ピントは20倍と200倍あたりの2か所で合うタイプで、ワークディスタンス5㎜あたりから1~2mくらいでもピントが合うので、WEBカメラにもなります。絵はまあまあ綺麗でこのタイプでは一番活躍した感じでしょうか。が、べとべとであります。この前のと一緒にこのあとウレタンはがしを実施予定であります。
まあちょっと高いですが、まともな絵を望むなら、この手のは5000円くらいは出さないと厳しいです。私自身はDinoを持ってませんが、それ以上Dinoレベルを買うとなると、この手よりCマウントのHDMIのほうが断然綺麗ですかね。そちらもまた今度紹介しましょう。最近もまだ後継機種を売っているみたいですが、あんまり出てませんね。↓これは買ってみてないので素性は不明です。

| | コメント (0)

ゴミ閉端子の謎 つづき2

Pachice5break
いやはや、さらに続きであります。これがゴミ閉端子の圧着状態。正規の工具で噛むと、CSA,ULの模様を堂々と纏ったまま、一発裂けます。なんですかこれ。ゴミです。
Pachice5loose
カバーを引っ張ると容易に抜けます。サイズは適合範囲がありますが、比較的いっぱい入っているほうがきつく締まる感がありますが、アルミなのでこれだけ詰めても、引っ張ると線が抜けます。冷間圧接なんて言う世界には足元にも及ばない、輪ゴムでまとめただけみたいな接触ですね。これに電流流すと、明らかに発熱するでしょう。本当にナイロン66かどうかわからないカバーは、にゅりょけて溶けるでしょう。下手をすると発火事故につながるでしょう。まさにゴミ閉端子であります。ケチって変な閉端子を買わないのが正解です。 次回は微妙なフェルール端子も紹介したいですね。

| | コメント (0)

ゴミ閉端子の謎 つづき

Pachice5diff
ImP 絶縁 被覆 付 閉端 接続子 ( CE-5 CE-5X 約 1000 個 入り )
いやはや、続きであります。前回と写真の並びが入れ替わってしまいましたが、今度は真ん中のがゴミです。すでに過去の出品は消えていますが、同類のゴミが出品元をコロコロ変えて出ております。JISにはXというサフィックス品はないのですが、大陸の分類によれば、アルミのスリーブのものがXが付くようです。そう、このゴミ、スリーブがアルミなんです。JISでは金属の種類は銅に相当するものになっていますが、圧着性能と引っ張りに堪える同等の金属となると、この厚みのアルミでは無理で、銅か無酸素銅しかないでしょう。右端はJSTの正規品ですが、JISのとおり、スリーブの断面には挿入が引っ掛からないようにテーパーが付いていたりします。筒でない場合はロウ付けしてあることが必要ですが、どちらにせよつなぎ目は見えません。左がものたろなどに売っている、台湾のKSS(凱士士)のものですが、ややこしいのがここは銅製もアルミ製も作っているので一見どちらかわからない。被覆の厚みも重要で、さすがJSTは分厚く、工具でねちられても一切ちぎれたり割れたりしません。真ん中のゴミは一発裂けます。左は微妙。たまに裂ける。傑作なのが商品紹介の写真の中に、正しい工具をお使いくださいと言いつつ、なんとオープンバレル用の圧着工具でCEをつぶしていたりする。そんなことしたら一発裂けるでしょう。
Pachice5mark
ゴミにはマークがいろいろ付いていて、CEの模様の左にあるロゴがややHEAVY POWERに似ていますが、よく見ると違っていて、どこのか不明です。一般的にあちらの製品には、勝手に模様としてCEやらULやらCQCやらCSAやらを刻んでいて信憑性がありません。ULマークはもしかするとこのナイロンがナイロン66でUL品だと言っているのかもしれません。勉強不足で真偽が不明ですが、ULを検索すると、KSSにしても、閉端子がリストにあり、アルミも記載されている。ゆえに、UL認証品だと言って売っているわけですが、接続性能の出ないこのような端子がなぜリスティングされているのかよくわかりません。以前大粗がLANケーブルにULマークを印字して怒られてましたが、無駄なフォローアップサービスよりも、世間のULマークを何とかしてほしいものです。
Pachice5csa
ACアダプターにしても何にしても、あちらの製品の何かに似たマークは単なる模様であることを認識しましょう。いつも思いますが、今どきPSEにしても番号付けて照合できるようにしてほしいものです。残念なことに密林のユーザーレビューには、マンションのLED照明の交換に使いました。安くて助かりました。なんていう危険な書き込みも。数年後に接触不良になって全部やり直すことになるでしょう。圧着端子は正しく圧着すると、接触面が冷間圧接したようになることで接続されるわけですが、このサイズのアルミと銅線では全く圧力的に無理。銅スリーブと銅線でのみなりえるでしょう。10とか20φとかの太い線の他にも、軽量化目的で車や飛行機でアルミ電線がありますが、アルミ線だと適切なアルミ端子のほうが結合しやすいのかもしれないですが、アルミ線に銅端子だと、電蝕防止に如何に防水、シールするかが難しいか。銅線にアルミ閉端子をつなぐと、その不完全な接触面に湿気が来ようものなら一発電蝕するでしょう。正規のアルミ用端子などの太い奴には防湿用のコンパウンドが入ってますね。というわけで、密林の安い閉端子は、スリーブがアルミ製であり、勘合性能が出ないので実質使えない。ゴミであるということであります。KSS製ですが、これは微妙で、JISにこだわらず機器内で自己責任で使う分には、銅スリーブにテーパーがないものの、銅スリーブの勘合力には遜色はないようなので、裂けなければ使えるでしょう。
以下はゴミですので買わないように。

| | コメント (0)

ゴミ閉端子の謎

Pachice5s
密林marketPlaceに売っていた安物の閉端子 CE-5 1000個で1500円くらいだったか。ごみ閉端子 ゴミ閉端子
いやはや、閉端子とは配線をまとめて器具内でカシメる配線部品であります。束ねる線の太さによって、CE-1,2,3,5,8とかあって、配線した形状がタコが立っているように見えるのでタコスリーブなんて言われたりもします。ちゃんとJISで規格化されている、しっかりした部品でありますが、昨今、台湾や大陸製のゴミ品が氾濫しており、知らずに使う素人さんがいると危険な状況であります。どんなもんなんだろうと、試しに買ってみたらやはりゴミでした。
さて、3つのうちどれがゴミでしょう?
ちなみに右端のがちょっと古いので色が濃くなってますが、JSTの正規CE-5であります。なんて言えばそれ以外ですね。ゴミは左端です。真ん中のは微妙。JISではないが、使えなくもないという。長くなるので次回に続く。

| | コメント (0)

カセットデッキ不調の巻

Mydearlife
SONY TC-K500R and TDK AD-C60
いやはや、春に引っかかってしまって一回ばらしたデッキですが、また引っかかってしまって、走行しないし、EJECTできない。前回はメカを取り出したら戻ってしまって、どこが引っ掛かっていたのか結局わからなかった。今回も取り出すと戻ってしまった。これではまたなるので、カセットの下のカバーを外したままで組んでみて、見えるようにして戻してみた。油脂が乾燥して異物化しており、メカコンモーターにつながるギアのどこかが引っ掛かるのだと思う。さて、このADカセット、何が入っているのかと思ったら、何と懐かしい、My Dear Lifeのエアチェックであります。30分しか入っていないし、前後がややよろけているものの、まあ聞けるか。(1980/)6/14と書いているが正確かどうかわからない。前年の厚生年金会館でのMorning Island Concertの再放送のよう。なんと小林克也氏の声が超若い。Steve Gaddが参加している貴重なライブだとか言っている。今思えばもっと録っておくのだったねぇ。並の中高生にはそんな財力がなかったからねぇ。仕方ないか。動かしていると一向に引っかからないわ。オートリバースにしているとずっと鳴っている。裏はこれまた敵の番組、「軽音楽をあなたに」で日野皓正ぽい。お相手は水野美紀さんだ。(最近見る同名の人とは別人である。)とりあえず懐かしいので置いておこう。

| | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »