« 39年前の自作周波数カウンターを修理のつづきその2 | トップページ | 今年はアイリスのファンを購入 »

念願の電源交換

Ap600gtxs
AQTIS AP-600GTX/S Double Graphic Power
いやはや、これは5000円くらいのミドルタワーのケースに付いていた電源であります。数年前からこの電源がやばそうなので交換しようと、ANTECのもう一つのPCに付けていい感じだったやつを買ってあったのですが、なかなか時間がなく、というか思い切りがつかず、というかまだ動いているので邪魔くさくて、交換できずにいたのですが、さらの箱自体が邪魔でもあるので、やっと交換した次第であります。以前は、AQTISブランドの電源が売っているのを見かけましたが、もう今はつぶれてしまったでしょう。Double Graphic Powerとなっていて、12Vの22Aが2つ出てます。しかしまあそんな上等なボードは付いていないので、むしろ600Wなら余裕で動いていたかも。
Aqtisinside
内部はPC電源の初期型ではないですね。初期のはもっと部品がひしめき合っていました。こんなちんけな構成でほんとに600Wも出るのかという感じの作りであります。結構ほこりがたまってます。ACインレットの後ろなんか、湿気ったらトラッキングしそうなくらいであり、やばいところであります。しかし電解は膨れているものはないですね。5000円のケースに付いていた電源なので、昔よく売っていた1980円とか2980円くらいの電源を想像していましたが、そんな粗悪でもないよう。ただし電解は一見OSコン色していても、エセOSで、全部どこのかわからない中華製の電解であります。まあ連続ではないにしても10年以上経っていると思われ、よく持っていた方かもしれません。もっと常用としている別PCはすでに何回も電源を交換しています。
Xw14025ms
ファンはSHENZHEN XIN WANG ELECTRONICS CO,LTD XW-14025MS と書いてあります。もちろん大陸製。埃だらけですが、あまり唸って高速で回る仕様でもないせいか、まだ異音はしてません。常用PCのほうは、以前に紹介した、理化の売っていた静香電源のファンの軸が最低でガーガーガーガーどうしょうもなかったのと対照的。それにしてもほんとPC電源は千差万別で、本来これの交換用にと買ってあった、玄人志向のプラグ式の結構高い奴は、1年ちょっと置いている間に電解がお漏らしをはじめて、使おうとしたら動かなくなっていたりと。そして今それは、ファンだけ残して廃棄して、ファンは工作机の扇風機に利用中です。交換した電源は以前に登場したと思いますが、いや、密林にレビューしただけかな? 前常用のXPのPCで実績のある、そんなに高価でないのに日本製電解がついていて、ファンも変速でとても静かなANTECに交換したわけですが、静かに動いておりますね。良い感じであります。昨今、PC電源も仕様が変わってきているようで、旧仕様は品薄なのかも。AQTISも予備と実験用に埃をはらってしばらく置いておきましょうかね。物によってはえらい高値がついてますね。

|

« 39年前の自作周波数カウンターを修理のつづきその2 | トップページ | 今年はアイリスのファンを購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 39年前の自作周波数カウンターを修理のつづきその2 | トップページ | 今年はアイリスのファンを購入 »