P005からP002への進化

P005p002top
docomo ACアダプタ P005 と P002 九州ミツミ製
いやはや、今頃何をとお思いでしょうが、ばらして楽しんでいる類ですのでお気になさらずに。先般の壊れたP002ですが、壊れていないが線が劣化しているP005もどう変化しているのか気になって開けてみました。P005は先端のMOVAコネクタのコストダウンでもわかるように、だいぶんケチられていて、線も大陸製の安物に代わっています。それゆえ10年後にはシースの被覆がすでにボロボロ。日を浴びたわけでもないのにですね。100Vの線でなくて良かった。左が005右がこの前の002であります。一回り小さくなっておりますね。トランスは同じくらいぽいですが、部品が減っている。FUSEはなくなってFUSE抵抗に代わっているよう。ブリッジがないですね。電解はそれでもルビコンを採用しており、耐久性はありそうです。
P005p002btm
こちらは裏面です。なるほどブリッジはSMDになって裏面についている。FUSEはないが抵抗と細パターンで分離を狙っているよう。これでもちゃんとフォトカプラーでフィードバック制御した安定化回路になっており、くだんの激やば充電器の類とは一線を画しております。小さいながら、可倒プラグの形状の工夫で、普通の回路と部品ながらこんな小さくできているという良い例でありましょう。20年経ってもまだ動くという抜群の耐久性であります。まあ昨今のGaNデバイスの世代ではもっと別の工夫と小型化で驚異的な出力容量となっていますが、激やばの延長で作られていると、すぐ壊れるでしょう。

| | コメント (0)

黄金期を感じさせるいにしえのコネクタ

Movacn
いにしえのMOVAのコネクタ 上がP005,下がP002
いやはや、この前かつてのいにしえのdocomoのACアダプターを紹介しましたが、これに付いているMOVAのコネクタの変遷が、黄金期とコストダウン手法を垣間見させる懐かしいアイテムとなりました。このまえのがP002で下側のやつですが、黄金期と言いますか、全ピン綺麗な金メッキで揃っており、組み立ては大陸ですが、日本の製造技術と信頼性が一番良かったかもしれない頃のものですね。上側はその後のコストダウン小型化バージョンのP005のであります。なんと無駄なピンが排除されてたった3本しかありません。金メッキも薄く見えるような気もします。それでもこのコネクタはその後のFOMAのよりもしっかりしていて壊れにくかったですね。両側の丸いのはアンテナをつなぐ同軸コネクタ用の穴です。これにつなぐ2本角の800MHzの外部アンテナてオプションでありましたね。もっとも、800M帯は室内でも結構つながったので、圏外ぎりぎり用だったか。後期の車載用で箱の中でガチャっとさして使うのもあったか。P005も開けてみたので比較ぼやきを次回にでも。

| | コメント (0)

飲んでがっかりMASTERS DREAMの缶の件

Mastersdreamcan_20220613094101
The PREMIUM MALTS MASTERS DREAM缶 無濾過 天然水醸造 5% 4901777376564
いやはや、MASTERS DREAMと言えば、醸造家の夢という、以前小さい瓶で売っていた、ちょっと高いけど濃厚でうまいビールだったが、それの缶が売っていた。どんなものかと思って期待して買ってきたが・・・。これは瓶と別物だ。ほとんどうまくない。がっかりである。明らかに缶の味がする。これなら普通のプレモル缶のほうがましである。プレモルも、酒屋に行くと瓶が売っているが、瓶のプレモルはとてもうまい。クリアーな味である。やはり缶はいまいちのようだ。黒ビールなら缶の雑味に勝っているのであまり気にならないが、他のはだめだ。瓶ビールを飲んでしまうと元に戻れなくなる。

| | コメント (0)

さすが正統派日本製ACアダプタ

P002inside
DoCoMo ACアダプタ P002 〒91-55386 KYUSHU MITSUMI 入力 Ac 100V 11VA 50-60Hz 出力 DC5.8V 730mA 製造元 松下通信工業株式会社 中国製
いやはや、これはガラケーのACアダプター(充電器)であります。中国製造ですが、ミツミ製であります。これを始めてもらったとき、当時としてはとても小さく感じたものであります。プラグが収納できるにしてはこんな大きさで作れるのかと。この前通電してみたら、出力が出てこないので、どんななっているのかと早速開けてみました。電解でも膨らんでいるのかと思ったら、そんなことはない。なんと、小さいのに結構普通の部品でできております。電解は松下、日ケミ等まともなもので特に膨れも液漏れもない。典型的な電源の回路構成で、先のパチリチウム充電器とは全く別の次元の構成ですね。入力は規格もののモールドFUSE、360VのバリスタにLCフィルタも付いております。そして全波整流のブリッジ。発振回路は1石式かと思ったら、IP0222と刻印が。これはパナのMOSFET入りの電源ICですね。トランスに、フィードバック用のフォトカプラもあり、ちゃんとした電源でありました。プラグの刃の接触構造がうまいこと省スペースで実現されていますね。あえて立てているからこんなスペースで収まっているのでしょう。一次側と二次側の部品の間には隔壁用の樹脂ぺらもあります。唯一ちょっともう一考と言うところは線の引き出し口ですかね。UL収縮チューブで引き出し口を支えているのは、実用上は良いとしても見た目がいまいちですかね。
P002pwbbtm
このころのガラケーは充電電圧が5.8Vであるため、USBの5Vでは充電できない機種がありましたね。幅のある機種はUSBでも充電できました。基板の裏面であります。PSEが見本とすべきようなアートワークであります。必要な部分はちゃんと絶縁距離が取られていますね。これ自体は、PSE前の電安〒マーク品であります。ちゃんと形式認定番号も付いています。パチの根源、PSEで認定制でなくなったのは改悪と言うべきでありましょう。2次側の主要部品は裏面に直DIPされておりますね。これだけきれいでなぜ動かない? もしやプラグの刃が接触していないとかか? このころは機種変のたびにACアダプターもくれたので、今でも同類のがたくさんあります。このようなまともな内部構成であり、長持ちするので、コネクタを取ってしまって5V電源に流用したのもいくつかあったかな。軽く10年越えで動くACアダプタ。これが正統派日本製と言うべきものでありましょう。

| | コメント (0)

あやしいリチウム充電器の内部の件

18650chginside1
HD-63886 洪东电子
いやはや、先般の怪しいリチウム充電器の内部であります。倒れて収容できるプラグ部分も接点ばねに接触するようになっていたりして、思っていたよりはすっきりした印象でもありますが、何やら赤い線が一本あり。どこで絶縁しているんだか、一次側2次側という感じのないアートワークであります。実際トランスはありますが、パターンが近すぎてこれではULや電安は通らないでしょう。
18650chginside2
基板の部品面であります。赤い線は可動の接点金具につながっています。ボンドでとめたりしていないので、そのうち切れるのは必至でしょう。しかもなんとガさい金具のメッキ。ゴミみたいなメッキであります。基板上にはちゃんとトランスがありますね。これも型番は違うものの、半波整流1石発振1制御IC 式ですね。ICは珍しい形状の小さいDIPのICです。まあしかしこれだけの部品で、AC入力、極性自動判別の充電器がよくできるものであります。性能度外視、適当に当初だけ動けばOK、販売後故障するのは自然現象の大陸性割り切りにあっぱれであります。とりあえずこれでも動作はしていて、充電完了は電圧監視だけですので、しばらくしてある電圧になると一応止まります。300円いくらで文句を言ってもというところですかね。

| | コメント (0)

Win10 21H1でEdge が落ちる件

Edgeclashbex64
いやはや、姿焼きしたWin10 Pro 21H1 でどうしてもEdgeが動かない。起動する気配もなくいきなり落ちてしまう。perfmonで見てみると、BEX64 StackHashなんたらで落ちているよう。なんだそれは。サービススタック更新プログラムKB5014032 が影響しているのか。EdgeはOSとの関連が深いようで、updateも含めて、更新ボタンしか機能しなくアンインストールしてもう一回入れようというのが簡単にはできない。更新自体も途中で落ちてしまう。どうしたものか。Powershellから強制uninstallできるのか、やってみてもう一回入れるかと思っていたら、勝手に別の更新である、21H1の累積更新 KB5013942 と.NET Framework3.5 および4.8の累積的な更新プログラム KB5013624 が走り出した。勝手に再起動すると、しばらくして普通に立ち上がった。もしや動くのではと思ってEdgeをつついてみるとおっと、動いた。 詳細は不明だが、更新プログラムは何が起きるかわからないという昔からの状況に久しぶりに直面した。

| | コメント (0)

あやしいリチウム充電器の件

18650chgtop
NoBrand Li-ion Battery Universal Charger / Model: HD-0688 / Input: AC100-240V 47-63Hz / Output: 3.7V/500mA / End of charge voltage 4.2V±1% / CE indoor use Double insulated ¥345-
いやはや、あやしいものシリーズであります。これは18650の危なそうなAC充電器であります。かなりちゃちいが一応充電できるというもの。内部はまた別にぼやきたいですが、例の類のシンプルな半波整流、1石発振回路、1ICの構成です。一応トランスが入っていて絶縁されています。
18650chgbtm
もちろんこのレベルではPSEはあっても偽物。そもそも書いていないので、身の丈の合ったラベルともいえます。それでもまあまあうまくできていて、プラグは可倒式で、線ではなく、基板上の金具に当たるようになっている。基本的には18650タイプの、単3と単2の中間みたいなサイズのセル用ですが、18650の電池は保護回路の有無で長さが色々あるためか、電池側の金具は可動するようになっています。見るからに安っぽいメッキと、スームースさとは全く無縁のギコギコした動きのスライド金具になっています。
18650chglbl
傑作なのがこのラベル。サラリーマン川柳の類でしょうか。「Intelligence can be positive and negat I've charge」 だって。これはおそらく「Intelligence can be positive and negative charge」 なんでしょう。要は先般のリチウムポリマー充電器と同じで、どっち向けつないでも自動認識して充電できるということです。一応プラマイの絵は描いてあるものの、逆向けつないでも大丈夫です。18650は容量が2000mAhとか結構あるので、保護回路のない裸セルでショートとかするとかなり危険です。ゆえにこのどっちでもOKな仕様は良いですね。まあ、300円やそこらの充電器に文句を言っても仕方ないですかね。

| | コメント (0)

おそろしいリチウムポリマー充電器 つづき

Ss06a_inside
いやはや、ある意味恐ろしい充電器の続きであります。内部ですがかなりシンプルであります。何が壊れたかというと、ACプラグの刃が当たるところの金具が穴のところで破断していますね。いっちょまえにプラグの刃が折れ曲がって収納できるのですが、その可動部品を受ける金具がしょぼくて一度で折れたと。金具が線にぶら下がっております。一応トランスがあって、二次側は絶縁されてますが、何というシンプルさでありましょう。しかしこの感じではULは無理そうですね。右側の蓋の裏にバネがありますが、これが45度づつ回転する押さえのバネですね。電池ピンは被覆が透明の線ですが、何度も動かしているとそのうち切れるでしょう。
Ss06a_input
入力側のACのラインはなんともおぞましい。今にも切れそう。一応300Vの線を使っているようですが、内部部品と、しかも電池ピンの可動する線とオーバーラップしており、危ないですね。保護回路はAC直の1Ω抵抗しかありません。裏のパターンもクリアランス極少。ACの線のところで何かあると保護するものがないですね。折れた金具は仕方ないので片側の刃は線を直付けしました。
Ss06a_bonding
線が切れそうなので、ホットメルトで固定してみました。この構成は中華リチウム充電器によく見るもので、半波整流でフィードバックなしのH13001という1石発振回路で、充電コントロールICが一個付いているというもの。ICはHOTCHIPのHT3582Dで、充電機能はこのICにすべてかかっており、外付けの保護回路などはないため、真にこのICのみの性能でできているという何とも超割り切った構成であります。裏にもう一個トランジスタらしきものがあったので2石ですかね。恐るべし適当に動けばOKな作品であります。

| | コメント (0)

破裂PremiumCellその後の件

Premiumcellafter
Premium cell 6F22/9V VD-091 4571254230919 COTTON FAIR
いやはや、また最近というかこの冬に弾けたので経過報告であります。厚めの袋に入っていますが、この状態は分解したわけではなく、勝手にここまでばらけてきたものであります。「パンッ」と結構な音がします。埋もれていたのですが、またあれかと思いました。やはりそのよう。すでに6本の内蔵単管は全部弾けたようにも見えますが、火が出ないからまだよいものの、恐ろしい電池でありますね。

| | コメント (0)

おそろしいリチウムポリマー充電器の件

Ss06a_withp17
YIBO YUAN / BUSINESS UNIVERSAL CHARGER / SS-06A / ¥248-
いやはや、これはとても恐ろしいながら、ある意味上手いことできている、リチウムポリマーの充電器であります。最近見かけない気がしますが、買ったときは現地からの発送で送料込み248円と訳の分からない値段でした。しかし一度の開脚で破損、ほってあったのですがちょこっと直して復活しました。おぞましい内部構造は別にぼやくとして、この構造は、日本では発想し得ないでしょう。台湾でもどうかなと思います。大陸ならではの、現物現在対処仕様と言えましょう。このタイプの充電器は大体同じ構成の謎のチップが付いていて、非常に少ない部品点数でできています。保護回路とか安全回路とかとは無縁に近い機械であります。リチウムポリマー電池は18650タイプのような共通サイズがなく、星の数ほどの形がありますが、各社のそれぞれ位置の違う接続端子にどうやって対応するか。それゆえそれぞれ別の充電器がゴロゴロ存在するわけですが、この充電器はそれをあっと驚く方法で解決した。写真はガラケーの電池ですが、端子はどこにあってもOK。端子が移動できるのですから。プラマイが合っていなかったらどうするのか。裏向けにするという手もありますが、これまた驚くことに、どちらでもよいのです。チップが、電池の電圧を認識して極性を合わせてくれる。接触させて通電したら充電が始まるという訳であります。そしてこれのすごいのは、電池押さえが45度毎に回転すること。小さい電池でも大きい電池でもいける。ただL13とか馬鹿でかいのはちょっと輪ゴムがないと固定できないです。充電状態はLEDの色が変化します。もうひとつ、液晶表示の付いたやつもありますが、そのおぞましさは同様です。内部に続く・・・。
Ss06a_label
輸入:AC100-240V~50/60Hz 輸出:DC4.2V=500mA±50mA/DC5V=800mA±50mA(USB)
ちなみにこれは銘鈑シリーズに入れていませんが、それはPSEマークがないからです。むしろ偽りのPSEを表示するではなく、現実を正しく表しているのではないかといいたいところなのですが、ウソがあります。この電源、側面にUSBの出力ポートが付いているのですが、5V800mAとか豪語していますが、実際には200mAくらいしか取れません。それを超えると4V以下になってしまいます。非常にシンプルなパワーのない回路ゆえ当然でしょう。ということは、充電のほうも、充電に専念したとしても200~300mA程度の充電電流しか得られないということでありますね。 なお、この手の充電器は放置してはいけません。常に目の届くところで自己責任で使用しましょう。異常があれば即遮断することが肝心です。

| | コメント (0)

«銘鈑シリーズ その20 ダイ粗のUSB2ポートACアダプタ