今日のスクラップ

ゲロゲロマウス

mamoumb
Designed by SANWA SUPPLY MA-MOUMB
いやはや、これはかつて青く光って綺麗だった、サンワサプライのワイヤードマウスであります。No more Rubber coating!  いつからか、ゲロゲロ状態であります。もはや、オプティカルセンサーが旧式でありますから、やむなく廃棄となりました。なお、マウスはスイッチだけ捕っておくと、ボタンのスイッチが壊れたときの修理に使えますね。先日も、期限切れのLogicoolマウスの左ボタンのチャタリングを廃棄マウスから移植したスイッチで修理いたしました。どちらにせよ、無用の長物、エコでないラバーコーティングはお断りしたいものであります。

| | コメント (0)

OLYMPUSのACアダプタ

vfba2b
OLYMPUS VF-BA2-B 12V 1.2A
いやはや、これはかれこれ35年ほど前のACアダプタであります。往年のバッテリーパックのデファクトスタンダードであるNP-1を彷彿とさせる角落ちの形状をやや細長くしたような、これもポータブルVHSビデオのバッテリパックの代わりに刺さるACアダプタだったと思われます。コンパクトと言いつつこの大きさでたった12V1.2A、時代的には入力がワイドなのは良くできているか。中身は松下製でした。その余裕の大きさゆえか、まだ動くのですが、さすがにそろそろ危なそうなので、廃棄といたしました。薄紫の4級塩が出てきそうな電解は自社製400V33μx2であります。コントローラーもお家製のAN6514、名器かどうか珍しいハイブリッドなフォトカプラON3105が見えます。松下色の濃い紫の2次側電解3300μは膨らむ気配もありません。基板は薄い銅板で2重にくるまれていて家庭用ゆえノイズ対策も厳重です。いやいやまともに作られた物は壊れませんなぁ。

| | コメント (0)

NETGEARの古い無線ルーター

netgear_wgr614ajp.jpg
いやはや、いずこでも古い物、要らないものを捨てていかなければいけない昨今、むなしい限りではあります。はて、エコとは? 生産物を燃やしてCO2を増やしてそれを地下に詰めて地震を誘発させること? ゴミ屋敷の構築法の一つ? 環境に優しい、アース様の逆鱗に触れない方法とは? さて、これは54M世代のNETGEARの無線ルーターであります。うちでは3世代前になりますが、3年保証ぎりぎりだったものの、どうも動きが安定しなくなって交換したような。NETGEARのはデザインがうまいですね。これもジーンズステッチのような空気穴が印象的で、ゴム足のちょっとした細工も気が効いている。内部の基板も整然としており、それだけでも信頼性を感じられます。家庭用の無線ルーターのいけてないところは、無線のアクセスログが取れないことでしょう。Atermなんかは実装する気もない。しかしこれは、それができたのではなかったかと思います。(うまくログインできるところまで動かなくて確認できず)不正アクセスを確認するためには、今繋がっている端末や、そのログがとれると安心できるのですがね。さすがに数千円の機械では無理か。ま、お役ご免と言うことで金の取れる基板はリサイクルに出しますかね。

| | コメント (0)

パチ電解のATX電源廃棄

Krpwp630w85_brokenKRPW-P630W/85+
いやはや、なかなか時間がなくて書き込みが滞っております。さて、これはだいぶん前に買った、玄人志向の電源でありますが、2年ほど使わず置いていたら、起動しなくなって、見ると使いもしていないのに、電解が膨れている。電解は総勢TEAPO製。パナの電解なんか20年経っても平気ですが、1年や2年で腐る電解は、言わばパチコンであります。とりあえず5V出力の膨れている電解を交換すると動くのですが、これをパソに使う勇気があるかというと、厳しいものがあり、まだ新品に近いのですが、信用できないので捨てることにいたしました。全体的には部品のシメジ配置もないし、ある程度綺麗にできているのですが、質の悪い部品を使うとだめですな。なむぅ。

| | コメント (0)

ドナドナBRAVIA

Donadonabrabiaいやはや、とうとうSONYのブラビアのタイマーが起動されてしまった。約10年ちょっと、過酷なリビングの温度環境に耐えて動き続けていたものの、このところの熱波と、エアコンの冷気で熱衝撃に晒されたのか、とうとうお逝きになられた。このころのは何せでかい。40型で30kg以上ある。枠がでかい。今時のものより大変多機能で、ものすごい物量である。さすがに28万位しただけのことはある。いろいろ物色してみたが、パネルが応答しておらず、自己診断機能が各所に張り巡らされており、中途半端な状態では動かないようになっている。バックライトだけならごまかしてと思っていたが、サムソンのパネルのコントローラー部分がダメっぽい。非常にきれいに作られており、物色ネタに置いておきたいところ山々ながら、泣く泣く有償で家電リサイクルに出すことにした。内部の観察はまた別書き込みで。

| | コメント (0)

げろSUNPADOW

GeroalkalineSUNPADOW AAA
いやはや、またまたやってしまいました。この前の青歯テンキーPADに入っていたアルカリ電池であります。ここまで見事にゲロっていると、もうあきらめもつく範疇ですか。SUNPADOWとはほとんど見かけないブランドであります。どこからやってきたのか。ここまで放置していたことを悔やみましょう。

| | コメント (0)

またまたやってしまいましたアルカリ電池

Tan3alkalineshanhaiいやはや、これは上海問屋のおまけでもらったアルカリ電池であります。初期にはシュリンクパックでなくて、わざわざ2本づつピンプチでつつんでありました。おいてあるだけでどろどろヨダレをたらしてくるのにはまいりますね。まだ初期のようで、液が結晶化しておりませんね。安もん電池は常々要注意であります。

| | コメント (0)

ゴミLEX 振動ドリル

Lfx50023LFX-50-023 4522831141302 ¥-4362+税
いやはや、LIFE LEXの振動ドリルであります。結構未使用であったりします。箱まで残っておりました。インパクトでモルタルの壁を貫通させようと思ったら、これがなかなか無理で、今度使おうと、いつだったか安売りしていたので買ってあったのですが、これが例によってコーナンが回収している一品でありました。たぶん購入額は3000円しなかったのではないかと思います。やっと持参して返金してもらいました。前回ガサストーブを持っていたときはまだ結構皆さん持参されている時期で、専用のテーブルまでありましたが、見ていると回収品は廃棄なのでしょう、ガサガサに積み上げてありました。そろそろ下火でしょうか、もうあまり持っていく人もいないのかも知れません。
Lfx50023_さてこれは、もの的には値段の割にはそれほど粗ではなく、金属のような外装は樹脂ではあるものの、各部はこのクラスのドリルとしてはまあそれなり、DIYにはじゅうぶんかというレベルではあります。LUCKY WING CO.,LTDとラベルには書いてあります。検索してもhitしませんね。二重絶縁のマークが漢字の回になっていたりとか、やや怪しい雰囲気はあるものの、一応個別にシリアル番号もあり、要は、PSEマークまで書いているのに、それを確認した記録がないもしくは、勝手に付けていたと言うことなのでしょう。まあダイ粗の類の粗品ならまだしも、電気製品ですからねぇ、変な安もん適当に引いてきて儲かったかと思ったら、いいかげんすぎてしっぺ返し食らったという感じでしょうかね。

| | コメント (0)

またまたやってしまいました電球自転車ライト編

Ff299_geroPanasonic FF-299 当時¥2600
いやはや、これは、かつてのパナのマウンテンバイク用という自転車前照灯であります。1990年の黒バージョン以降、この色も1995年にグッドデザイン賞を取っているやつであります。単3が4本で、電球ながらリフレクターの設計がうまく、当時としては結構明るく、防水仕様で使いやすいランプでありました。例によって、韓国製GP電池が日本の環境に耐えかねて白い粉を吹いております。この電池は気をつけないとすぐに液漏れしますね。Gp_alkaline_gero安いだけのことはある。こいつはLEDランプではないので、スイッチを切っていたら電池と回路は分離されており、微妙な電流が流れたりしないゆえ、液漏れしにくいはずなのですが、それでも液漏れしますね。LEDタイプでソフトSWのものは微少電流が流れているゆえ、容量末期に液漏れするのは当然としても、コールマンの懐中電灯だったかに、Fp229_ref_melt電池を回路から分離できるスイッチが付いているものがありますが、メカ式スイッチでない懐中電灯にはいざという時、またまたやってしまいましたと言わなくて良いように、そう言った対策が必要だろうね。さて、1台目同様、しばらく気がつかずにほっていたので、アルカリでリフレクターの蒸着メッキが溶けてしまっている。しかしこの2台目は、落として割れているのでもういいかなと言うところ。お役ご免で成仏していただこう。

| | コメント (0)

レシーバーのリモコン RC-223S

Rc223sいやはや、これは、ONKYOのレシーバーのリモコンであります。思えば、もう捨ててしまいましたが、津田沼にあった、エキゾチックタウンで買ったやつです。MOTOROLAのAMステレオが付いていたり、SANKENのハイブリッドパワーICでできた普及品でしたが、日本ではあまりレシーバーというジャンルの製品がない中で、便利に使えた一品でした。 ボリュームがガリになったり、電解の漏れ電流でノイズが止まらなくなったり、FMが同調しなくなったりで、治すに値しないつくりだったのであきらめましたが、そのリモコンであります。さてその用途は・・・。

| | コメント (0)