今日のスクラップ

ついでにMYMのシャワーヘッドの顛末

Fb273004
MYM(現KVK) FB273-004 シャワーヘッド付き混合栓
いやはや、これは10数年使った、キッチンの混合栓を交換したときの外したものであります。どれくらい汚れているか見るのにばらしてみたわけですが、そもそも交換に至ったのは、フレキシブルのシャワーホースから水が漏れだしたからであります。ホースは、ステンの蛇腹の内側に柔らかいホースが入っており、外側からテーピングしてみても漏れは止まりません。しばらく気付かずに、蛇口から水を出すと、ホースと蛇腹の間の中を伝って、流しの下に漏れていてやばい状態でありました。構造的にはそれほど特殊ではないですが、真鍮の軸が、配管と固定を兼ねていることに気付くまで、外し方が解らず悩みました。なおMYM社はKVKに吸収されておりなくなっておりますね。両者に似た型番で合わない部品が多く、元がどちら起源かが解らないと部品が買えません。
Mym_flexcut
どこに穴が開いているのか見たかったのでホースを切ってみたところ。これがまた驚きのホースが内蔵されていました。相当ホースが劣化してボロボロになっており、どこに穴が開いても不思議ではないくらいの状態でした。
Mym_tubeinside
これがホースを割いてみたところ。なんですかこれは。緑の粉のようなものが蓄積しております。結構粉っぽく、曲げると脱落してきます。銅管の緑青とカルシウムが混じって溜まっている??ような色の粉。 こんなホースを介して水を出していたと思うとゲロゲロであります。いやいやこれを知っていたらもっと早く交換するのだった。ホース自体も結構もろくなっており、水漏れも必至という感じ。10年は超えていますが、ちょっとホースの材質がよろしくないのでは?と言う製品ですねぇ。

| | コメント (0)

ユポ紙の地図がボロボロの巻

Deteriorationyupomap
昭文社 エリアマップ 山と高原地図シリーズ 56 京都北山(二)
いやはや、なんかボロボロと白い粉が出ていると思ったら、地図が崩壊しております。ユポ紙の末期はこんななるのか。以前登場した、油に戻るターンテーブルマットではないですが、こちらも油系の異臭を発してシロアリが食ったように崩壊しており、まるで999に出てくる時間城の進行や、漂流教室に出てくる幻想の虫がものを食い崩していくのを見ているよう。いやいやしかしこれ、古い地図であり、まだ日吉ダムがない頃であったりして、もう少し早くスキャンしておくべきだったか。若干ちょん切って撮れるとこを取っておくか・・・。

| | コメント (0)

どろけたFotoproのストラップ

Fotopro_meltstrap
Fotoproの三脚のストラップ
いやはや、どろけしりーずであります。なんだか黒い粉がぼろぼろ落ちているなと思ったら、なんとfotoproの三脚に付いているストラップからちりばめられておりました。まあ合成素材の服でも最近ではタグに着なくても劣化すると書いてあったりしますが、やはり朽ちますなぁ。あのVAIOの紫色のゴムみたいに少なくとも他のものに付着して溶解し合わないのを願います。ストラップは切り取って廃棄となりました。まあこのように直しようのある場合は良しとしましょう。

| | コメント (0)

ゲロゲロマウス

mamoumb
Designed by SANWA SUPPLY MA-MOUMB
いやはや、これはかつて青く光って綺麗だった、サンワサプライのワイヤードマウスであります。No more Rubber coating!  いつからか、ゲロゲロ状態であります。もはや、オプティカルセンサーが旧式でありますから、やむなく廃棄となりました。なお、マウスはスイッチだけ捕っておくと、ボタンのスイッチが壊れたときの修理に使えますね。先日も、期限切れのLogicoolマウスの左ボタンのチャタリングを廃棄マウスから移植したスイッチで修理いたしました。どちらにせよ、無用の長物、エコでないラバーコーティングはお断りしたいものであります。いやしかし、昨今マウスはどんどんちゃちくなってしまって、なんだかなでありますが、2014年モデル辺りが安売りしているので予備に買っておくのも良いですかね。MSマウスを定期的に交換してもらうも良し、個人的にはやはりロジが往年の使いやすさと信頼性と言うところでしょうか。

| | コメント (0)

OLYMPUSのACアダプタ

vfba2b
OLYMPUS VF-BA2-B 12V 1.2A
いやはや、これはかれこれ35年ほど前のACアダプタであります。往年のバッテリーパックのデファクトスタンダードであるNP-1を彷彿とさせる角落ちの形状をやや細長くしたような、これもポータブルVHSビデオのバッテリパックの代わりに刺さるACアダプタだったと思われます。コンパクトと言いつつこの大きさでたった12V1.2A、時代的には入力がワイドなのは良くできているか。中身は松下製でした。その余裕の大きさゆえか、まだ動くのですが、さすがにそろそろ危なそうなので、廃棄といたしました。薄紫の4級塩が出てきそうな電解は自社製400V33μx2であります。コントローラーもお家製のAN6514、名器かどうか珍しいハイブリッドなフォトカプラON3105が見えます。松下色の濃い紫の2次側電解3300μは膨らむ気配もありません。基板は薄い銅板で2重にくるまれていて家庭用ゆえノイズ対策も厳重です。いやいやまともに作られた物は壊れませんなぁ。

| | コメント (0)

NETGEARの古い無線ルーター

netgear_wgr614ajp.jpg
いやはや、いずこでも古い物、要らないものを捨てていかなければいけない昨今、むなしい限りではあります。はて、エコとは? 生産物を燃やしてCO2を増やしてそれを地下に詰めて地震を誘発させること? ゴミ屋敷の構築法の一つ? 環境に優しい、アース様の逆鱗に触れない方法とは? さて、これは54M世代のNETGEARの無線ルーターであります。うちでは3世代前になりますが、3年保証ぎりぎりだったものの、どうも動きが安定しなくなって交換したような。NETGEARのはデザインがうまいですね。これもジーンズステッチのような空気穴が印象的で、ゴム足のちょっとした細工も気が効いている。内部の基板も整然としており、それだけでも信頼性を感じられます。家庭用の無線ルーターのいけてないところは、無線のアクセスログが取れないことでしょう。Atermなんかは実装する気もない。しかしこれは、それができたのではなかったかと思います。(うまくログインできるところまで動かなくて確認できず)不正アクセスを確認するためには、今繋がっている端末や、そのログがとれると安心できるのですがね。さすがに数千円の機械では無理か。ま、お役ご免と言うことで金の取れる基板はリサイクルに出しますかね。

| | コメント (0)

パチ電解のATX電源廃棄

Krpwp630w85_brokenKRPW-P630W/85+
いやはや、なかなか時間がなくて書き込みが滞っております。さて、これはだいぶん前に買った、玄人志向の電源でありますが、2年ほど使わず置いていたら、起動しなくなって、見ると使いもしていないのに、電解が膨れている。電解は総勢TEAPO製。パナの電解なんか20年経っても平気ですが、1年や2年で腐る電解は、言わばパチコンであります。とりあえず5V出力の膨れている電解を交換すると動くのですが、これをパソに使う勇気があるかというと、厳しいものがあり、まだ新品に近いのですが、信用できないので捨てることにいたしました。全体的には部品のシメジ配置もないし、ある程度綺麗にできているのですが、質の悪い部品を使うとだめですな。なむぅ。

| | コメント (0)

ドナドナBRAVIA

Donadonabrabiaいやはや、とうとうSONYのブラビアのタイマーが起動されてしまった。約10年ちょっと、過酷なリビングの温度環境に耐えて動き続けていたものの、このところの熱波と、エアコンの冷気で熱衝撃に晒されたのか、とうとうお逝きになられた。このころのは何せでかい。40型で30kg以上ある。枠がでかい。今時のものより大変多機能で、ものすごい物量である。さすがに28万位しただけのことはある。いろいろ物色してみたが、パネルが応答しておらず、自己診断機能が各所に張り巡らされており、中途半端な状態では動かないようになっている。バックライトだけならごまかしてと思っていたが、サムソンのパネルのコントローラー部分がダメっぽい。非常にきれいに作られており、物色ネタに置いておきたいところ山々ながら、泣く泣く有償で家電リサイクルに出すことにした。内部の観察はまた別書き込みで。

| | コメント (0)

げろSUNPADOW

GeroalkalineSUNPADOW AAA
いやはや、またまたやってしまいました。この前の青歯テンキーPADに入っていたアルカリ電池であります。ここまで見事にゲロっていると、もうあきらめもつく範疇ですか。SUNPADOWとはほとんど見かけないブランドであります。どこからやってきたのか。ここまで放置していたことを悔やみましょう。

| | コメント (0)

またまたやってしまいましたアルカリ電池

Tan3alkalineshanhaiいやはや、これは上海問屋のおまけでもらったアルカリ電池であります。初期にはシュリンクパックでなくて、わざわざ2本づつピンプチでつつんでありました。おいてあるだけでどろどろヨダレをたらしてくるのにはまいりますね。まだ初期のようで、液が結晶化しておりませんね。安もん電池は常々要注意であります。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧