今日の一箱

地デジカード導入顛末記その1

Gvmvpxs_boxいやはや、あのころから、例のMonsterTV HDUSをつないで、人柱版ながらかなり完成度のよろしくなったtvtestで便利に使わせてもらっているわけですが、地デジは充分ながら、BSもみたくなってアイオーの日に少し安くなっていたGV-MVP/XSのプレミアムアウトレットを買ってしまいました。おっと、伝票直貼りですかね。いままではB級アウトレットでも2重梱包されていたのにsavingですかね。この箱の薄さで佐川は良くないですねぇ。Gvmvpxs_boxinside中まで逝っていたら返品しようかと思ったもののけっこうすきまが取られており、とりあえず壊れていないので良しとするか。この厚紙の箱で混載便はだめでしょう。直貼り直送り前提なら始めから玄人志向みたいに耐える箱にしておかないと。この前のPCIのちびLAN-USBアダプタはそんな箱だったが、小さすぎて伝票が貼れないので結局アマゾンエンベロープに入れて送られて来ていたけれども。Gvmvpxs_pcbおっと、たったこれだけ? B粕かーどがなければ、もっと小さいか。ハードウェアトランスコーダは富士通製なのか。ARMと書いてあるからARMベースのひとつのパソがPCIエクスプレスで通信しているということか。チューナーはSONY製のシリコンチューナーだ。しかしまた、コイルとコンデンサのRF回路を見慣れていると、こんなものでどうして電波が受信できるのかもはや思考の範囲を超えているか。
そして、このカードを動かすのがこれほど手間とは思わなかった。これは参った。

| | コメント (0)

パナセンスの梱包

Panas_pakこの前、パナセンスのモニター販売で当選したので買ってしまった、またまたひげそり・・・。一応、空気の腸詰めが隙間に入れられており、適度な梱包といえよう。おっと、しまった。なんとパナセンスもネットマイルから行けたのか。忘れていた。惜しいことをした。最近モニター販売も入札制になってしまって、あたる値段になると全然割安感がないので、新品で大手家電通販に出る値段のポイントを割り引いた価格からさらに2割は安い値段にしてくれないと意味がないよ。意外にナショナル製品が安い、ジャパンとかイズミヤを狙った方がよほど安いのではと思ってしまう。今回は、種類がいろいろあったので、わたくしのひげそりたるものの価値観からしてあんまり高いのは望まないところからお手頃のを申し込んでおいたら、どうも予定数に満たなかったのでしょう。最低価格で割り当てに入りました。一応新製品なので、出回った値段より7千くらい安いので良かったです。まだ使ってないけど。だいぶん前に買った、パナの安い2枚刃のは、そのエルゴノミックスと称する持つところがバナナみたいで細くなっており非常に持ちにくくとても使いにくい。またやはり2枚刃は中途半端に伸びた癖ひげが剃れない。そんなわけで、ブラウンを車用に降格して、そろそろ刃の甘くなって来たリニアスムーサーをこれに変えるかなというところである。リニアも、ドルツに比べると特に振動が弱くなっている感じでもないが、刃はだいぶん丸くなっており、替え刃をそろえると結構な値段であり、上新の閉店セールで安く買えるでもない限り、丸ごと買えそうな値段になる。そうだ、シェーバーぼやきをやろうと思いつつ写真だけ撮って忘れているわ。今度載せますね。

| | コメント (0)

充電掃除機

judensoujikiこれまた、JCBのポイントでもらった景品である。こちらは箱が結構ぼろかったが、中は思っていたよりは質感の良いものだった。中には単2くらいのニッカドが入っており、ちこいACアダプターで半日かけて充電するタイプ。ゴミのたまるところはゴムのパッキンが付いていて、水気も吸引口を下にしていれば吸い込んでもモーターには行かずにうまく作ってある。まあ中身のはまたぼやこう。これはこれですぐ持って行ける掃除機がなかったので、結構使えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出てきたUの箱

cyb-u
ちょっと光ってしまったが、ストーブを片づけていたら出てきたcybershotUの箱。U30の方は、愛用していたSANYOの35万画素(亀ディアと中身が同じやつ)を落としてしまって、電池のふたが割れたので、その代わりになるものを探していたら、たまたまAVICで安売りしていたので買ったもの。しかも赤。元祖Uの半額以下だったのがつらいところ?しかしどちらも結構ちゃんと写るので、ちょい撮りには重宝する。起動時間が即なのもうれしい。10の欠点は、液晶がバックライトでないので見にくいことと、ストロボがオートでないこと。30はそれらも改善されていて画素数2倍ですか。しかしどちらも広角気味なレンズで撮りやすいし、ズームはないがマクロも10cmまでよれるので、近寄って撮るタイプのカメラと思えば使える。とりあえずピントがあって無くてもシャッターが切れてくれるので、チャンスを逃さない。その点、京セラとは雲泥の差か? 小さいレンズの割にはそれなりに写ってくれる。何より小さいので、ファイバースコープではないが、のぞけないところ、壁の裏とか縁の下とかにつっこんでぱちりとか、最近遊んでいるのは、鳥かごの中から外を撮ってみて鳥の気持ち・・・とか。携帯と違って音がしないので、こっそり撮れるというのもありか?どんどん画素数が増えてますが、この辺のは100から200で充分ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコでない箱

iktnbox
これは、某とても高級な、しかしコンビニに売っているブランデーケーキと比べてそのお値段ほどうまいかというとやや疑問符の残るところのRのパンだかケーキの箱である。コクヨのリングファイルでさえ金具がはずれるというのに、せっかくのデザインBOXなのに、こんなところにポッチをつけたら台無しです。今時エコでないではないですか。そして、ボッチの前に構造も今ひとつですなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一箱とはこれ如何に

robin
プロフィールの写真はこの箱をイメージして作ってみました。というよりは、同じイメージの写真がたまたまあったのですが、それはさておき、ものを捨てるのが嫌いな人種としては、空き箱が大量に溜まってきます。大きい箱に小さい箱を多重に入れたりして体積を縮小するのも限界があり、やむを得ずかなりの箱を捨ててしまいました。しかし何かとおいておきたい箱もあり、そのジレンマから外観だけでもイメージに残しておこうと言うことで始まったのが、思い出の空き箱シリーズ。これは、コメントが未完成ゆえ、隠しのURLで存在しているのですが、永遠に完成しなさそうなので、方法を変えて、今日の一箱ということで行ってみましょう。
これは、鳥かごの箱。CMでも登場する、切り絵の先生デザインでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)