つれづれなるまま

music HDにはまるのつづき:バナナ様

bananarec
いやはや、なんと言いますか、こんな面白いソフトを作っていただいてありがとうございます。これで録ると96K24bitのwavができました。2460kbpsであります。なかなかの情報量ですが、こんなものをインターネットで個別にストリーミングしてくるなんて、一体サーバーはどんななっているのでありましょう。1アルバム分で800Mから1Gバイト、高い高い電話代で夜中に日経MIXで2400bpsでftpしていた頃が沖田艦長であります。さてデーターがハイレゾサイトから購入したのと同じになるのかどうかですが、微妙にたぶんならないでしょう。それでも十分のびのびした良い音をしているのでこの際気にせずに今あるものを楽しみましょう。ドイツ様も洋楽にゾンから引っぱってくる曲名が長いカタカナでかなり違和感がありますが、これをまた元のアルファベットに直すのが大変。backupとかを取るのはflexible renamerが大活躍です。バナナ様は時限録音するとして、あとで切って名前を付けるのがこれまた手間。しかし1ファイルがうん百Mあると、再生途中で躓いてしまう。まあいろいろありますわね。

| | コメント (0)

うっかりAmazon Music HDにはまるの巻き

amazonHD
いやはや、1000円も値上がりしたプライムですが、またサイバをやっておりますが、残念ながら、music unlimitedも、kindle unlimitedも2回目99円はできませんでした。kindleは2回目までできたのですが今回はだめでした。4ヶ月99円とはどういう採算なのかわかりませんが、夏のサイバにうっかりクリックして4ヶ月。いやいやいろいろ聞かしていただきました。昔のアルバムのヒット曲以外というのがどんなのだったのか、なかなか当時は子供ですからそうそうLPを買うことはできませんでしたからねぇ、懐かし系も結構充実しており、大変良ろしい。鳴らしっぱなしにして、ドイツ様のソフトを起動しておくとダブりもあるものの、1万曲に近いくらい集まってしまいました。これは聞くのが大変。ストリーミングは256Kbpsですが、良くできたMDにちょっと及ばないくらいかという感じで、BGMには十分です。少なくとも息の詰まってくるMD-LPのような音でもなく、良い時代ですなぁ。そしてなんだかHDが始まった。99円でHDを申し込むとどうなるのかいくら取られたのか良くわかりませんが、これはすごい。全然音が違う。そのままキャプチャーする方法がないのかいろいろやってみたものの、ドイツ様ではどうしても96K16bitになってしまう。新しいのを買うと24bitになるようですが・・・。バナナ様で録るといけてそうなものの、曲を切るのが大変。やむなく今回は16bitで妥協しました。それでもなんと言いますか、映画のフィルムもそうですが、音楽業界の磁気テープ録音も1970年代でさえこんないい音で元は録れているのかという感じ。アナログ盤にやっと近づいた感じ。なんと言っても、昨今の音の悪いマキシマイズされたCDと違い、音がのびのびしている。これは、小さい音で少し離れて鳴らしてみると歴然の差があります。マキシマイズサウンドは、ディテールが聴き取れなくなるが、ハイレゾの音は、それでも解像度が落ちない。これまた良い時代ですなぁ・・・。そして4ヶ月が終わってただ今キャプチャーWAVをFLACに変換中であります。16bitですが、それでもスペクトラムは20K30Kでもピロピロしている。聞こえてないと思いますが確かにf特はハイレゾ、bitrateはCD越えであります。

| | コメント (0)

マイクロスコープで遊ぼう

HN27C256
いやはや、携帯、スマホのカメラに始まり、ドライブレコーダーしかり、昨今の撮像素子の性能と価格は20年前では考えられないものになっていますが、よろしくない使い方はさておき、大陸にはびこる安価なCMOSやCCDが、今や何億個という数でそこいらに転がっておりますね。かつてはいちいちフイルムで撮って現像に出してスキャンしていたことを思うと、夢のようであり、それが個人でも大した価格でもなく手に入るのがすばらしい。しかもしょぼいコンデジはスマホに負けているという時代。ある程度まではやはりレンズのでかいコンデジが勝っておりましたが、今や極小微細撮像素子+マイクロレンズでもショボコンに勝てるという、なんて言うことでありましょう。さてピンキリのUSBマイクロスコープも、複数転がっていますが、結構使いでのある倍率とワークディスタンスの良いものもあるにはあるのですが、大体数年で死んでしまうとこが多い。ずっと使いたいやつに限って、まあ稼働時間が長くなるからでしょうけれども先にお亡くなりになられますね。やむなく代替品を探すわけですが、まあこれまた一杯種類がある。そのうちの一つで遊び中であります。お写真は例によってEPROMのガラスの中です。まあまあ見えている方でしょう。

| | コメント (0)

今時DDR2とはこれ如何に

RamMaxRamMax 2GBメモリ2枚組 RM-LD800-D4GB DUAL デスクトップパソコン用 増設メモリ2枚組 DDR2 PC6400 240pin DDR-SDRAM DIMM ¥2290
いやはや、もはや2019年ではありますが、XPパソコンの延命に、今頃DDR2メモリーを買おうというわけであります。まだまだXPは健在であります。何しろ、ドライバーやそのインストールにうるさいことを言ってこないのが最高です。ところが困ったことに、たまに何かの拍子に吹っ飛んでしまうことがあり、ダンプを吐く間もなく飛ぶのですが、このような現象は、以前はパチ電解が流行った頃、内部放電してマザーボードの電源系がパルス状にドロップしたりするとよくありましたが、ほぼ個体電解のMotherBoardを入れ替えてみても変わらないということで、メモリも疑わしい。 RamMax昨今、輸出規制の前辺りから、一時の急騰とは反対に、メモリがなぜか安い。これでは儲からないと言うくらい値下がりしている。そこで2Gx2という32bit OSでは使い切れない容量ながら、DDR2と言うこともあり、2つで2290円というかつてでは夢のような値段のDIMMを買ってみた訳です。ほとんど聞いたことのない、RAMMAXと言うブランド。救いなのは大陸ではなく台湾製であること。見た目パッケージもラベルもきちんとしており、基板も綺麗、実装も遜色なく綺麗なんですが、なぜか全部のチップのロットが異なる。 RamMaxHynixといえば、DDR以前の世代では、ばらつきと相性が激しく、どうしても動かないマザーボードとSIMMがあって、設定に苦労した覚えがあり、避けるべきメーカーという認識がぬぐえませんが、今となってはその他大勢との差はないかも。チップはHynix製のhy5ps1g831cでありました。しかしよく見ると、表面が汚い。全部ロットが違う。そうかこれはリサイクルチップ。メーカー製のノーパソボードのデッドストックか、大量にまとめて出てくる昔のサーバー系のボードの類から外したのでしょうかね。もしくは大陸の火鉢の上の鉄板を経由してきたか。 RamMaxテープの跡が残っているものやら、角が削れているものなど各種。しかし実装は綺麗にされており、今時0.8ピッチの60ボールなんていくらでもリボ-ル可能でありましょう。はたして動くのかという不安をよそに、何の問題もなく動いております。しかも前に付いていたやつより発熱が少ない。いつまで動くは運次第ですかね。いろいろ起動するとXP32bitで2GBでSWAPしまくっていたのが、物理アドレス拡張で3.4Gになって結構軽快に動くようになってしまいました。問題のクラッシュはというと、まだ何とも言えません。というわけで安いのでXPの御貴兄は今のうちに買いましょう。

| | コメント (0)

平成のMOは読めるのかの謎

SONY_128MbyteMOdisk
いやはや、このところ、いやここ数年、世代交代の時期と言いますか、法事の頻度が増えておりますが、とうとう新しい年号になりました。PC関連の設定等で未だ和暦の記載が必要なお役所、金融関連など、どのような混乱があるのか実はすべて把握できていないでしょう。古いデーターを如何に保存するか、保存したところで価値はないかも知れないが、人類はいろいろな方法でそれを行ってきました。よほど知的な文明に向けてはメタル盤CDもありかも知れませんが、まずはアナログ記録でしょう。究極は石版に刻めば次の文明で掘り出してくれるかも知れない。MOはどうでしょうね。磁力と熱と樹脂メディアでは100年越えの保存性は厳しいでしょう。ちなみにMDもMOと同類ですね。しかしまた、初期のHDDしかり、この重厚なメディアの記憶容量は128。単位はメガバイトであります。しぇんえんしなくなった、ちょろUSBメモリーが平気で32Gの容量を誇る昨今、その256分の1しか容量がないとは。それでもフロッピー70,80枚入ったわけですから当時としてはありがたかった。但しMOは日本でしか流行っていなかったのかも。そんなわけで、お写真はPCバックアップのSONYの128MのMOメディアと、末期に買った640Mタイプの扱えるドライブであります。いやいやそれで、ちゃんとまだ読めました。昭和のフロッピーも案外読めていますから、容易な技術で読めるように保存するには溝レコードの次はやはり磁気テープかフロッピーですかね。

| | コメント (0)

いやはやもはやゴールデンウィークとは

sakura190406
いやはや、もはやGWとはこれ如何に。バタバタしているうちに、4月も終わろうとしています。しかも平成最後の日だとか。しばらく書き込まないうちに、cocoログがリニューアルされていて、これはまた致命的、壊滅的に使いにくい。と言うか使えないレベル。ブログ引っ越しを真剣に考えないといけないかも。なんでこんな使えなくするんだろう。これなら、昔のうなぎの寝床のように、ベタhtmlで書いた方が書きやすいか。同じ見え方で引っ越しする方法はあるのか。まさに、なか卯の券売機並に意味不明なUIであります。企業でもITの退化にお嘆きの貴兄も多いでしょう。乱立するデーターベースはさておき、とても使いやすかったnotesは廃れるし、unix世代の信頼できたCADはPCへ移行し、進化したのか退化したのかと言えば、持ち込まれたあちら物CADは日本人感覚から外れており、退化し続けている感があるし。いずこもなんだかなでありますな。さて、GWも進行しておりますが、少し時間ができたので溜まっているネタなど、この使いにくいUIでどこまで書けるかどうかでしょうか。とりあえず見た目は同じに書けているか?? なお、スマホページは確認していないので広告やその見え方等意識していませんのであしからず。

| | コメント (0)

スカボロフェアー

Scarboroughfair
いやはや、なんと言いますか、スカボロフェアーであります。既に相当古いですな。たまにミセスロビンソンとかイントロを思い出したりしますね。エレーンていう感じですか。最後の敬老会のバスの中の視線のシーンが残像します。お写真はまあそう言うことです。
パセリセージローズマリータイムであります。

| | コメント (0)

愛用のヘッドホーンをメンテしよう

Athw10vtg_audio technica ATH-W10VTG 1996
いやはやこれは愛用のaudio-technicaの初代のウッドモデルvintageであります。とてもマイルドな音がお気に入りで、今でも愛用していますがさすがにだいぶんと各部が朽ちてきました。すでにイヤーパッドは2回替えていますが、今となってはそれ以外もやばいです。と思ってリペアパーツサイトを見てみると、しまったもう少し前にいろいろ買っておくのだった。既にイヤーパッドと変換プラグ以外はなくなっておりますね。いまやウッドシリーズも10機種以上あるものの、大半がすでに修理不可のような。そんなわけで各部の交換の様子などを。
いやしかし、オープンエアーのも一つ欲しいな。高いな。AKGもいい? いや究極はSTAXか。

| | コメント (0)

真空管ヘッドホーンアンプ

Ge5670hpElekit TU-882R GE5670
いやはや、押し入れからそのうち作ろうと思って買ってあった、真空管ヘッドホーンアンプのキットが出てきた。そんな複雑なものではなく、オーソドックスな双三極管の回路だが、部品のグレードがいまいちなのと、使いやすくするために、音声経路に接点が多く、基板のパターンを前後に行ったり来たりしているのが何だかなという感じながら、とりあえずそのまま組んでみた。球はGEの5670であります。おっと、出力が当然トランス結合で、要らない巻き線がぶら下がっていたりと、余分な部分があるにはあるが、聴いてみると意外に良い音をしている。これでレコード・・・。おお、これは良いわ。

| | コメント (0)

もはや2019とはこれ如何に

Dig2019
いやはや、もはや、もう早、2019年となりました。各所、ぼちぼち直していきます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧