今日の工作

ようやくGIGAでリンクした

Sc8108_passSC-8108
いやはや、さっそく直しにかかると、確かに。7番線がぽろっと取れてしまった。もう一度つけ直して再測定してみると。いけました。8線ともPASSであります。で、つないでみると、なんと一瞬で1000Mでリンク完了。直線距離高々5mほどですが、これで測ると18mいくらと表示されますね。CD管経由ではそれくらいあるかも。それでも難なくcat5e仕様でもリンクしてます。確かに1000でリンクしている機器間のスピードは速い。GIGAハブ買ったときにやっとくべきだったか。

| | コメント (0)

これは便利パチLANテスター

Sc8108_lengthSC8108
いやはや、しかも、この団扇のない型番ロゴといい、チープな樹脂といい、適当なプッシュボタンといい、安っぽい嵌め込みラベルといい、外観からはダイ粗レベルとしか思えないものの、なんと、キャリブレーションすると、いやしないままでも、どういう原理で測定しているのか、反射してくる時間を計っているのか?あまり短いとちゃんと出ないが、適当に線長を表示してくれる賢さ。7番が1.4mしかないと言うことは、何? サーバールーム側の受け側コネクタの圧着不良? なんとあろう事か、被覆を剥くときに芯線まで切り込みが入っていたようで、その後むにゅむにゅ結線して押し込んだときにそこが切れてしまっていた模様。

| | コメント (0)

どうしてもGIGAでリンクしてくれない

Cat5epatchjackいやはや、おうちネットワーク増強工事の続きであります。1000BASEでは芯線が8本いるので、予備に通してあったCat5EのUTPにコネクタをつけてつなぎ直しているわけですが、どうしても1000でつながってくれない。まるで昔のNetgearのHUBのよう。いや、あれはたまにはつながったが、今回は全くだめそう。リトライして100に落ち着いてしまう。線がcat5e用だからと言っても、高々10mやそこらでつながらないことはないはず。試しに廊下経由で他の線でつなぐとつながるし。コネクタのところでインピーダンスが乱れているのか。たしかにこのパッチ盤用のコネクタも6用ではなく、cat5e用で、昔展示会でもらったやつだ。思えば、もう少し余長を取ってあれば、最近のNAiSのフルカラー用のCat6モジュラージャックのように、変にバラ線を加工するよりプラグを付けて挿してしまった方が確実かも知れない。サーバールームもあと1m残してあれば、プラグを付けられたのだが・・・。というわけで、さてどうしたものか。

| | コメント (0)

隙間で苦戦のネットワーク増強工事

Creviceworksいやはや、もはや、サザエさんシンドロームも越える時間になりました。10年前はそんなにはやくGIGAが家庭にやってくるとは思っていなかったので、マンの電話用にお部屋に引いてあるCD管に通したUTPは、真ん中の2本を電話回線に、残りをcat5に使用しておりました。2ペアで100M出るので特に遜色はなかったのですが、HUBやらその他がGIGA対応となってくると、ルーターとお部屋のHUB間をCAT6でつなぎたい時期に。当初通線したときに、将来のためにもう一本UTPをこれがまた単線仕様のUTPを2本、22mmのCD管に通すのは結構大変だったわけですが、予め通してあるので、それを引き出そうという魂胆。でも棚を動かすのは超大変ゆえ、この隙間で何とかしようと言うわけです。

| | コメント (0)

ライダー電池で復活コードレス

Amaz_kxfan52KX-FKN525-W,KX-FAN52,HR-4UTG-AMZN(@¥172.5)
いやはや、ちょっと容量が少ないものの、気にせずまたまたライダーの単4ニッケル水素をはめ込んでみました。もとのよりちょっと短い分、逆にうまく配線するスペースがあったと言うべきでしょうか。太さはぴったり同じです。黒い枠が接着剤で付いており、容易には開封できなかったので、端子部を残してカットしました。なお、今回も一般向け禁止事項をいくつも無視して独自に工作していますので、他力本願寺の方はけして真似されないように。Amaz_kxin_kxfkn525本体による満充電状態で、単体受信待機すると、4~5日持っているので、この容量でも十分ではないかと思います。750mAhあるので、約10%減というか、こちらの方が日本製なので、案外長持ちかも知れません。今回は8本入りから2本使ったので、345円でした。だめになったらまた替えると言うことで。写真は最終テーピングした状態と、試しに入れて見ているところです。

| | コメント (0)

怪しい改造電池

Ama_aaa_kxいやはや、既に感づいておられた方もあるかも知れません。南米からおいでになられた電池とパナの電話機の子機の電池との融合であります。こういうときに小さいスポット溶接機があると良いのですが、ぐぐると先駆者がおられますね。powerMOSFETをパラって、電解チャージでぱしっと付けると、それもやってみたいところであります。この工作はいろいろの警告を無視して行っております。他力本願の方は真似されないように。電池を分解するな→気にせずばらしております。電池にハンダ付けするな→素早く短時間でぴっと付けております。まあニッケル水素なら大丈夫でしょう。今まで充電器で熱々になって安全弁から何やら内容物が噴き出したのは見たことがありますが、火はでません。リチウムの場合は火が出ることがあるので変なことはやめておくのが無難でしょう。これで快調、子機は復活いたしました。

| | コメント (0)

棚を作ろう(つづき)

Tanareinforceいやはや、棚の続きであります。ダボ接続で少し作ってみたら、やはり無印のように鉄棒で締めていないので、結構ふにゃふにゃであります。背板があれば良いのですが、それも邪魔なので、所々に補強の三角板を入れることに。一つあるだけでもだいぶん違いますね。前作った棚みたいに、一番下の段は細い横板を全体に入れておいたら良かったかも。

| | コメント (0)

棚に扉を付けよう

Tobira1いやはや、棚の工作の続きであります。一番下の棚は埃が溜まるので扉を付けようというわけであります。棚の部分は300mm幅で作っていますが、扉は一マスが375mmのmujiサイズなのでそれでは扉がつくれない。仕方ないのでコーナンで910mmの長さの400mm幅のを一枚買ってきて試しに作ってみました。相当前、パイン集成材のお店別木の特徴を載せてた気がしますが、かつて畳スペースを作るのに安売りしていた非常に軽い白松ほどではないものの、表面に継ぎ目の見られない綺麗な比較的軽い集成材が売っていました。どれくらい乾燥しているか、どういうジョイントになっているかで、反り方が違いますが、ペラ板の扉にするには反りにくそうなのが必要で、これくらい軽く乾燥しているのは向いていそうな感じですかね。Tobira2取り付けは35φのスライドヒンジ半かぶせを使います。売り物のパインものだと、扉の裏に反り防止でくぼみが作ってあったり、縦棒がはめてあったりしますが、まずは何もなしで。スライドヒンジも安いやつより少し高いものの、WAKIが出している、3次元に微調整できるタイプが手工作にはあとで調整しやすくて便利ですね。扉側は35φのフォースナービットで11mmくり抜いて取り付けます。本体側には結構現物合わせですかね。まあまあいい感じです。

| | コメント (0)

硬質パルプボックス

Pulpboardhikidasiパルプボード・引出 37x27.5x37cm ¥1500- 18510276
いやはや、MUJIのを真似して枠を作っただけあって、MUJIの箱がぴったり。当然か。見た目ディスプレイには向いていないものを入れておいて置くには良い感じです。が、この箱には組み立て工程にいろいろけちの付け所が多数。そもそもMUJIはものはいいのだけれども、通販サイトであるMUJIネットの姿勢がいまいちで、けちの付け所がこれまた多数。どうぼやいていったものか・・・。まずこれは通販の基本姿勢の一つとして、運送伝票の発送元=依頼主に、発送先と同じ内容を書いてくるかどうか。お店で持って帰れないので発送をお願いしたら確かに依頼主は本人だけれども、通販会社なら責任を持って自社を発送元として送ってきて欲しいものである。まあ昨今、運送会社もデーターで管理されているだろうからどこから送られたかはわかるだろうけれども、結局送り先が間違っていたら、戻るところがないと言うことであり、通販会社の受け取り拒否対策とも考えられる。東急ハンズの通販もその点でMUJI同様印象が悪い。その他は次回にしよう・・・。

| | コメント (0)

棚を作ろう(つづき)

Sugatunekagukanamonoいやはや、棚を作ろうの続きであります。大きいホームセンターや東急ハンズに行くと面白そうな金具や部品がいろいろ売っていて、どうやって使うのだろうとか、これを使うとあれができそうとか楽しいわけでありますが、このスガツネ工業のカタログも見ていて飽きないですね。全冊欲しい位であります。この中の、締結金具や、棚ダボ系の部品を使うと、無印の棚のような構造も可能かも知れませんね。まあ入手できたとしても個人の単位では結構な値段にはなってしまうでしょうけれども。
Dabojointsで、結局のところは位置決めと結合は木のダボになりました。縦は6mm x 2でずれなくする。横をつなぐところは8mm x 3でつなぐ。少なくとも片側からは、コーススレッドでネジ止めして、それでも背板なしの枠だけ仕様だとふにゃふにゃになるので、筋交いは所々に三角の端材で補強すると。ダボも片側はボンドでとめてもいいのですが、ばらせなくなるので基本ボンドなしでネジを緩めたらばらせるようにしておきます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧