いまいちな世界

たっぷり7ヶ月分とはこれ如何に

Tappuri7month
Finish 900g 4906156500561
いやはや、これはもうだいぶん前から、ヨドバシやら密林やらのレビューに書かれていることだが、この手の食洗機用の粉洗剤は絶妙な商品替えを繰り返しているようで、かつて密林ではJOYの定期購入が3つで880円だったかとても安かった。しかしそれは900gではなくて、その後値上がりをして値下がりをしたかと思ったら、実は内容量が減っていて実質の値上げだった。パッケージを変えて容量を変える作戦だ。で他に何にしようかと見ていると7ヶ月と銘打ったFinishが登場。何を持って7ヶ月も持つのかと思いきや、よーく見ると「*4」と小さく書いてあり、*4とはなんぞやと探すと、これまた小さく保険の約款のように、「1回約4.5g 1週間で平均6回使用した場合」と書いてある。1週間に6回しか食洗機を回さない家庭とはどんなだろう? 仕事に忙しい単身赴任の旦那さん? 普段手洗いしていてたまに食洗機を使う家庭? 巣ごもりではヘタすると一日4回5回と回していたりしないか。食洗機の目的からして、おそらく普通、一日最低3回としても66日、たまに誤動作して追加したりするからまあ持って2ヶ月だろう。明らかに世間の現実とは合わない基準の商品説明である。フィニッシュ過大広告と言おう。もしくは「単身赴任の場合」とかpopを追加して欲しいものだ。素直に「たっぷり200回分」がわかりやすくて印象がよいと思うねぇ。

| | コメント (0)

大陸からの放射線?

Hinenosvh201230
大阪府熊取オフサイトセンター20201230
いやはや、えらい風が吹いておりますが、この慌ただしいかつてない困った年末でありますが、雨が降ると線量が増えますね。大陸から漂ってくるのか。K国の漏洩なのか。風の流れからすると、半島の東側からロシアの方からかも知れませんね。

| | コメント (0)

恐ろしや、まだ破裂を繰り返す電池とはこれ如何に

Premiumbomb
Premium cell 6F22/9V VD-091 4571254230919 COTTON FAIR
いやはや、始めの爆発から既に5年、そのうち調べようと、厚手のチャック袋に入れて置いてあったのですが、先日、なんかパーンという破裂音がしたなと思って見ると、おっと、電池がまた破裂している。幸いリチウムではないので火は出ませんが、まだそんなエネルギーが残っているのかと言う驚きであります。触ると熱くなっています。セルをショートしたような状態になっていたのでしょうか。何しろ使う前にやや使用推奨期限を越えた頃に一回目の爆発があり、使うに使えないままであるため、容量が残っていたのでしょう。
Premiumbomb2
見れば、始めの1本目の破裂の状態よりも、破壊が進んでおり、ほとんどのセルが既に破裂し終わっております。知らない間にはじけていたものと思われます。よく見るとすべてのセルのおしりが膨らんでおり、内圧が相当上がる事がうかがえます。これはしかし、いくら高容量とはいえ、ものが飛び散って破裂するというのは危険すぎる電池ですな。おそるべし大陸電池であります。ラジコン等に製造後初期に使い切ってしまえば問題ないのか。置いておくとだめなようで。

| | コメント (0)

ウェットティッシュBOX気密性バトル

Wetboxbattle
いやはや、除菌に使えるウェットティシュの品切れが続いておりますが、特にアルコールタイプの詰替を入れると、すぐに乾いてしまうのが常。やむなくZiprockやタッパウェアに入れたりしてますが、ダイ粗に猪俣化学の日本製が売っていたので、ありがたく買ってきて比べてみました。左からダイ粗のイノマタ化学製、真ん中の青いのがネピアのおしりセレブ、右がシルコットのノンアルコール除菌タイプであります。それぞれ詳しく写真を載せたいところでありますが、とりあえずまずは結果を。フタを下にして、水を入れてどれくらい漏れるかを見てみました。左のイノマタは、中ブタがあって、それを外して入れ替えます。そしてそれに被さるフタがある。おしりセレブは底が外れて、上にフタが付いてます。シルコットも底から入れて、上のフタは、開口部のエッジに柔らかいシリコンのパッキンになりそうな枠がついていて良さそうです。ところが結果は予想に反して真逆でした。一番漏れるのがシリコンパッキン付きのシルコット。次がおしりセレブ。最も漏れないのがイノマタでした。シルコットは見た目に反して、シリコンが何の役目もしておらず、クリアランスありすぎ。一発蒸発しそう。おしりセレブは凝ったフタではないものの、比較的重なりが多くそう漏れない。ダイ粗のイノマタは結構しっかり重なっており、ほとんど漏れない。さすが樹脂のイノマタ。日本製ですか。

| | コメント (0)

悲しいアボカド

Rottenavocado
いやはや、またまたやってしまいました。ちょっと目を離すと、アボカドちゃんが腐っております。そろそろ暑いので、進行が速いですね。わざと食べ頃を狙うために緑色のを買ってきたのに、放置していたら、まだ3日もたっていないのに、悲しい結末であります。この前からすでに数回同じことしてます。冷蔵庫焼けしても、野菜室には入れておかないといけませんな。しかし食べ頃のアボカドはうまいですね。ほどよい頃に切って冷凍してしまうのがよいですかね。ああ、これは救いようがない。部分的にも無理だわ。

| | コメント (0)

固くて挿せない延長コード つづき

Fld108pulgin
いやはや、続きであります。しかしまた、あっという間にもはや2ヶ月? どうしたもんでしょう。世間の経済がどうなることやら。落ち着けば復活できるでしょうけれども。インフルのようにうつして広めて薄めて治るには、症状が激しすぎ、また簡単にうつりすぎますね。どうやってそのあたりをプログラムしているのか。必要なパラメーターのチェックボックスにチェック付けて、makeてやったら、DNA自動生成のような世界があるのか。
さて、なんでそんな固いのかですが、蓋を開けて挿したら一目瞭然。隙間が狭すぎるのですね。接点の銅が安物で弾力がないから曲がらないようにガイドが狭いのか。隙間ゼロ。そしてプラグの穴にはまるポッチの突起が邪魔して押し込めないのですね。 Fld108selfin
ところが、自分の先を挿すとこれがまた、それほどでもなく挿せて抜けるのです。なんで?
Fld108pulg
比べてみると、その挿しやすい方の自らのプラグの方が、分厚さは規格MAXに近くぶ厚い。普通のプラグの方が薄いのに固い。その違いは、微妙な先端の形状にあるようです。ぶ厚い方の刃とやや三角な先端が押し込まれると、うまい具合にぎりぎりに押し広げられて、ポッチの干渉を和らげる。しかし、薄い刃は、押し広げられないまま先端がポッチに衝突し、それ以上挿せない。用途として自らのプラグを挿すことはないので、世間一般の寸法、形状のプラグがささらないといけません。ゆえに100円だけ投資して修理しましょう。

| | コメント (0)

固くて挿せない延長コード

Fld108
MORITOKU FLD-108 たぶん100均
いやはや、これは100均に売っていた、1.5mの延長ケーブルです。もしかしたら200円だったかも。ちゃんとJET PSEマークが付いているし、パチなヘッドホンの延長コードみたいに、芯線が1本て言うこともなく1.25mmx2で多数の素線の銅線が入っているし、旧式のぐねるとショートする世代と違って金具部分は別樹脂になっているし、プラグにはブリッジ防止のスリーブも付いているしで、これはなかなか100円ではできなそうな一品。しかし困ったことに、このソケットがやたら固くて挿しにくいし、挿すと抜けない。なんでなんやと言うことで、線と先がまともなだけにあと100円投資して直すことに。
Fld108inside剥いてみると、あのスケルトンMAC時代に流行っていた透明ケーブルとは違って、ちゃんと内側にユリア樹脂まではいかなさそうながら少し固い樹脂でソケット金具が作られている。黒いフタがまた溶かしてあるのかと思ったら、簡単に取れた。さあ、なぜ固いのでしょう。もう今日は遅いので、謎は次回に・・・。

| | コメント (0)

AMD USB filter driverの謎

Amd_usbfilterいやはや、LCDモニターの画面撮りで、モアレっていて見にくいですが、この、百害あって一利なしとも言われるAMDのUSB filter driverである、USBfilter.sysだけれども、いったい何をするものなのかの情報がなさ過ぎる。レガシーMBのUSBのサウンドデバイスなのか、USB TVチューナなどを正しく動作するようにサポートするようではあるけれども、要るのか要らないのか消してもいいのか謎である。実はどうしてもUSBラジオが鳴らなくなってしまって、いろいろUSBのドライバーやら、サウンド系のCODECを消してみたりしたものの効果なし。でもFFDSHOWで他の音は出るしと、そこでこれを消してから再起動、再装着してみたら鳴るようになった。しかしはたしてこれが悪さしていたのかどうかは定かではない。いろいろ消して再起動したので自動的に再インストールされたものもあるはずだからだ。内部にBuffer underflowとかの文字列があるので、USBのストリームをどのように分けて同時にいくつできるのかしらないが、バッファリングして途切れないようにしているような感じである。古いオーディオデバイスにはUSB1.1のものが多いので、遅いから、AMDのチップセット的に途切れる可能性があるので、ドライバーでカバーしているのだろうか。ゆえにそれを想定していないプログラムとは相性が悪そう。今のところ無い方が調子がよい感じである。初期のというかカノープス時代のUSBサウンド系は、よほど調子が良くないと、音が途切れたりノイズが入ったものだが、最近はCPUが速いからなのか、USBのドライバーまわりの礼儀が正しくなったからなのか、そう言うことは普段は気にしなくなった。しかし、このUSBラジオはたまに音飛びしている事がある。その原因はまだ不明だ。調子がよいと起きないから何かが悪さしているようだ。

| | コメント (0)

設計上の標準使用期間は6年とな

Stduselim6y_2YAMAZEN YBS-B255 2014年製 MADE IN CHINA 25cmボックス扇
いやはや、2年で軸が焼き付くモーターが採用されていても、設計上の標準使用期間は6年なのだそうだ。日本メーカー製なんかでは10年と書いてあるのもあるが、まあ1万もしないやつなら、6年持ったら良いだろう。しかしこれは、2年しか持たない。設計上の標準使用期間は保証期間とは異なります。とも書いてある。実働可能時間とも異なると言うことだ。設計上の標準使用期間を超えて使用されますと、経年劣化による、発火、けが等の事故に至るおそれがあります。とも書いてある。それはあり得ない。2年で止まるのだから、標準使用期間には至らない。例の、やたらに首振りの忙しない=(たぶん)スペックの違うギヤードモーターの付いた、トヨトミのでさえ10年と書いてある。確かにプロペラモーターはまだ異常がない。YAMAZENのは部材調達をケチりすぎていて、モーターが外れだったと言うことだ。一旦注油して回っているが、次に止まったら捨てよう。現在はこの後継機種と思われる、YBS-B256と言うのが売っているが、何が違うのだろうか。

| | コメント (0)

うっとしいJ-C〇M

Att20nいやはや、集合住宅のアンテナがJ-C〇Mに変わってしまった。協力金を出してまで、それほど切り替えたいのか。今時、アンテナブースターなど、落雷でもない限り、10年以上持つのが普通であり、アンテナ設備のメンテ費用が無料になるなんていう謳い文句にそうメリットは感じられず、そもそもBSと110度CSでかなりのスカパー等チャンネルが映るのに、わざわざ使いにくいケーブルテレビの有料放送を申し込む人がいるのか、今さら遅さで有名なケーブルテレビのインターネットサービスに申し込む人がいるのか、今時わざわざSTBの電気代を払ってまで電話を切り替える人がいるのか、アンテナの地デジなら電気さえ来れば映るが、電柱が倒れたら即映らなくなるケーブルテレビが、復旧対応ができるから災害に強いと言う、いざそんなときに復旧できるのは何ヶ月後かわからないのに、意味不明なセールストークに惑わされて、不便なケーブルテレビに変わってしまった。集合住宅でもこの先の災害を考えると、小型の地デジアンテナを用意しておくか、ワンセグが映るように考えておかないと、いざという時にテレビが映らないことになる。最も困ったのは、ワイドFM(AM補間放送)が入らなくなってしまったことだ。AMで聞くよりきれいなので気に入っていたが、対応しないそうだ。そして、FMは周波数が変わってしまって、しかもかなり混変調ぎみである。電波が強いようだ。分波器も必要かと思ったが、昔はUHFとVHFのLOW+FMを分ける分波器が売っていたが、最近は、BSとUHF以下のしかないかも知れない。仕方がないので、アッテネーターを入れてみた。-20dB(1/10)を入れると、混変調はかなり軽減された。というわけで、なんのメリットもない、デメリットの方が多いうっとしいJ-C〇Mなのでした。ちなみに昔はずけずけ点検商法で上がり込んできましたが、改心したのか、それはお断りしたらあっさり断れました。よかった。勝手にチャンネルの設定とかいじられたら鬱陶しくて仕方がない。今時の集合住宅は各戸の各部屋にアンテナ端子があるので、当然各戸にスター配線されており、それぞれの端子は他に影響しないことから、昔のような直列配線のような各端子の交換は不要である。レベルは低いと文句言わないといけないが、今はテレビやビデオでレベルが見られるので、良い範囲に入っていたら何もしなくてOKである。ゆえに各戸の各部屋の端子をわざわざ入室してきて点検する必要性がない。とりあえず、BS/CSアンテナがそのままmixされてきているのだけが幸いである。そうでないとSTBを各TVに契約しないとBSまで映らなくなってしまう。今時の3chチューナー同時録画もできなくなるからだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧