今日のこわれもの

ゴミみたいな多回転ボリューム

Wxd3121w103
Changzhou Wujin Lijia Xinyu Electronic Component Factory
关于捷骏牌多圈式线绕电位器WXD3-12-1W 103
いやはや、これが中華電源についていた多回転ボリュームであります。JWJ製であります。ぐぐってみると、似たような型取り品が各社出てきますね。はたしてまともなものがあるのかどうか。さすがに大手では取り扱いはないですが、海外のパーツ屋ではこれをラインナップしているところも見かけます。トラブルの元でしょうね。
Wxd3121wjyoshu
底には常州の刻印があります。しかしまたこの大きさでどうやったらここまでウェルドだらけにできるのかどうか。工業製品の域ではなく、民生でもありえない仕上がりであります。再生プラスチックなんでしょうかね
Wxd3121wjiku
軸は細径であります。普通、精密なやつは、真鍮の削り出しとか綺麗なものですが、これは廃価ボリュームによくある亜鉛ダイキャストのようです。がさがさですが、クリアランス多めにしてあるようで一応ナットは嵌ります。BOURNSのは分解不可能になってますが、これはフタにネジがある。抜けているのは開けたからです。隙間もあるので完全な密閉構造ではありません。
Wxd3121wsliderこれはがさいスライド機構であります。しかもPOMとかであるはずはなく、ただの樹脂でしょう。左側のプロペラのような金具がコモン接点に接触しているところで、2つ接点があります。メッキはスズですかねニッケルですかね、表面はがさいです。右側が溝に沿って滑るスライダーで、隙間に抵抗体を挟み込んで真ん中の接点が接触して導通します。この接点もいかにも荒いですね。
Wxd3121wsliderwire
これはスライダーの反対側、接点はそのうち切れそうな線でつながれています。何回行き来させたら切れるのか解りませんが、切れるが先か接点が削れるのが先かという感じです。
Wxd3121wcnplate
こちらがケースの底にある、コモン接点というかスライダーのプロペラ接点が接触しているところ。すでに黒くなって接触が悪そうです。これでは接触不良するのも当然か。錫メッキなのか、ニッケルなのか、はたまた生鉄なのか。精密多回転ボリュームの軸とは思えない仕上げであります。
Wxd3121whelixcoil
抵抗体はいわゆる巻き線抵抗のスパイラルで、まあそれなりには巻いてある。この径にスライダーの溝が嵌って回っていくようになってます。まあこれを家庭用とはいえ、実験用の電源に使うかどうかは、気持ちも含めてあなた次第、自己責任でという感じですかね。以上、ゴミみたいな多回転ボリュームの分解レポートでした。

| | コメント (0)

クリンスイの水漏れを直そうその後(A501ZC編)

Howtoloosenspout
Cleansui A501ZC
いやはや、ぼやきブログの中で多めのアクセス数を記録しているクリンスイ水の漏れを直そうの記事でありますが、あれから既に5年、またまたポタポタし出しました。今回はスパウトのところも、その間に必要もあって手に入れたモーターレンチで開けてみました。上だけ掴むと、台ごともげそうなくらい固いので、下をクイッククランプで挟んで手で支えておいて回します。
Rustinside
いやいや、これは・・・・既に結構錆びている。15年経ってますからね。こんなもんか。スパウトが回転しないと思っていたら、根元が錆びて一部無くなってます。メッキがぺらぺらしている。その破片は浄水に混じって出てきているということか。思っていたよりも朽ちていますね。
Rustofspouttip
スパウトの先っぽも、下を向いていると見えないので気になっていませんでしたが、ひっくり返してみると、あらま結構な汚い状況。Rの真ん中部分の外側の下も、しずくが付いていることが多いためか、メッキがやられています。
13surface
前回交換したパッキンですが、外してみると表面がガタガタ。これではきつく締めないと隙間から漏れますね。しかしなんで削れているでもなく、こんなデコボコなんだろうと思って、反対側のあたり面を見てみると、
Contactsurface
あららら、あたり面がゴムがこびりついたりしてデコボコであります。削ってみたものの腐食してデコボコしてます。とりあえず、できるだけ平らに削って、新しいパッキンを装着はしてみたものの。んんん。これは浄水器の蛇口としては替え時ですかな。と言うわけで、どれに換えようか物色中であります。

| | コメント (0)

中華電源パチボリューム交換の巻

Lwk3010dwithbourns
LONGWEI LW-K3010D with BOURNS POT
いやはや、BOURNSの多回転ボリュームとバーニヤダイアルを付けてみました。ついでに赤色つまみのトグルスイッチで、出力ぶち切りスイッチも付けてみました。これで復活です。元付いていた多回転ボリュームのなんと貧相なこと。次回ばらして写真を撮ってみましょう。ゴミ箱から拾ってきたブリキのおもちゃやないんやからと言う作りですね。これはだめだわ。出力ON/OFFはスイッチの接点でぶち切りであります。AC125V10Aの2パラ接点がDCでどこまで持つかですが、焼けたら換えましょう。まあまあ10Aフルに出して使うことは希なので、配線抜かずにON/OFFできるのは便利ですね。ぶち切りぶち入れで壊れるような物をつないでいるときは気をつけないといけませんが。

| | コメント (0)

タクトスイッチ交換の巻

Kailhtactsw_btm_20210124222701
M-IR07DRSBKのパチタクトスイッチ Kailh
いやはや、パチなタクトスイッチを外してみた。裏に文字があった。Kailhと書いてある。個人的には始めて見たが、マニアなキーボードのスイッチなんかを作っているらしい。HPを見てみたが、この形のスイッチは載っていないような・・・。このELECOMマウスは思えば静音タイプと書いてあったのを思い出した。赤い部分が少し柔らかいのかと思ったが、そうではなく、スイッチ自体が静音なようである。キーボードとマウスは静かな場所でカチカチやるととても迷惑なうるさいやつがあるが、静音というタイプは確かに少し静かではある。但し感触はいわゆる粘土感が好みの別れるところ。柔らかくするためにその分、強度がない感じだ。
Kailhpanaついでもあったので、パナの同じ大きさのを買ってみた。EVQP0E07Kというもの。まさにマウス用途を狙った部品のようである。1つ45円ほどだった。タクトスイッチで足が2つというのは、テーピングの自動実装用では見かけるがバラではほとんど見ない。Kailhのも、足の向きからしてテーピング品のようだ。4本足でも少し傾けるスペースがあれば付くとは思うが、これはそのまま付きそうだ。頭の面積が小さいのが押す側の形とちょっと相性がありそう。さっそく試しに付け替えてみよう。

| | コメント (0)

ゴミPOTを交換してみるの巻

Bournspot
LONGWEI LW-K3010D with BOURNS 3590S 103
いやはや、出力電圧不安定で使えなくなった中華実験電源ですが、ボーンズの多回転をつないでみました。うまくXHコネクタになっているので、プラグを付けて挿してみる。全く問題なし。やはりゴミPOTが原因のよう。パネル外して付け替えるか。バーニヤダイアルはどうも変化がリニアでないようなので意味はないが、ストッパーは使えるかな。その他、日本人には考えつかないような作法が色々見られておもしろいので紹介していきましょう。

| | コメント (0)

やっぱりだめか1000円しないマウス

Elecom_mir07dr
ELECOM M-IR07DRSBK ¥855-
いやはや、3月に買ったエレコムのマウスのボタンがもうだめそうだ。感触が最悪になってきた。エレコムのマウスの保証は半年かな。いや、保証期間であっても、しぇんえんしないものをやり取りする方が時間も送料も無駄だ。例によって治そうと思ったらこれまた変な安物のタクトスイッチが付いている。パナのが合いそうな気がするが・・・手持ちはないわ。またついでに調達しよう。しかしまあシンプルですこと。これならしぇんえんですかね。それでも初期の光学マウスに比べたら全然ちゃんと動きますね。変に青歯でなく、ドングルを挿すだけでHIDとして認識してくれるので、PC以外でも動いたりして価格的な存在価値はある。
ところで、ロジのこのマウス↓(Logicool MX1600s)¥5473とえらい安くなってます。買いですね。ELECOMの方はサフィックスが色々あって、そのものはもう売っていないみたい。Sのないのは安いですね。使い捨てですかね。ペアリングがし直せたら良いのだが。

| | コメント (0)

電解コンを交換しよう

163751412realcon
TC-K333ESL 1-637-514-12 PB board
いやはや、この前水洗いした基板の電解を交換しました。この再生基板に音声系の電源も載っているので、その電解も換えてみました。気持ちがよいですね。この機種、3headなので、録音時のモニターの時のBIAS漏れを切るために、LCフィルタではなく、グライコの定番回路である、GICフィルタのトラップが2つぶら下がっている。5532が余分に4つ付いているのはこのためです。これは好みが別れるところでありますが、録音しないならもういらないとも言える。外してみて差が分かるかというと、やってみたけど、ヘッドホンで聴いている分には、実は解らない。ゆえに、まあ気にしなくて良いのでしょう。末尾ESRはHeadはOPアンプ直ですが、ESLのこれは、前段に2SK170のカレントミラーが付いている。昔のデッキは、SONYのお家芸的NPNトランジスタ1石アンプが多いですが、この場合はどうしても入力にDCを切るコンデンサが必要で、この漏れ電流がヘッドに流れてヒスノイズが大きく出る。もちろん初段の1石のノイズもありますが。昔のデッキにFET入力のOPアンプで再生アンプを組むと、テープのヒスノイズが断然小さくなるのにびっくりしたことがありますね。
Alconavf元付いていたのはニチケミのAVFと言うシリーズである。SONYのこの頃のオーディオ機器は回路の電圧が15Vでも電解は63Vのものが付いているのが多い。漏れ電流を嫌ったものか、63Vで統一して特注していたのか。もう一つのカセットデッキTC-K500Rも電解はほとんど63Vのが付いている。何に換えるかは好みがあるが、あまりこだわらずに、入手性の良いニチコンのFGシリーズに交換した。バイポーラ接続されている音声ラインのは、手持ちのバイポーラのMUSEに換えた。まあ、音が変わるのかというと、高域のキャラクタは少し変わった感じはある。それよりも、低域の音の定位が良くなった気もする。これは電源系の電解を換えたことが効いていると思われる。それよりもヘッドが摩耗していることによる、高域の低下が大きく、磨り減ってないヘッドが付いている固体があったら、ヘッド目当てでぽちってみたい気もする。もしくはこのヘッドのf特に合わせて若干イコライジングするしかないか。電解交換に際して、外した電解の容量を測っても、今回は壊れている物はなかったが、膨れたり液漏れしている物以外は、少し少ないかなくらいで容量的には正常である場合が多い。もともと少ないのかも知れないし、減ったとは言えない。LCRメーターでQや、10KHzとか高域のtanδを測ると差があるかも知れない。100Hzとかでは差がない可能性が高い。カーブを取ると差があるかも。

| | コメント (0)

プアなポテンションメータ

Wxd3121w
LONGWEI LW-K3010D poor POT WXD3-12-1W 10K
いやはや、緊急事態宣言が出そうだ。どこがそうなんだか、もっと強制力を行使できないものか。甘すぎてだめだ。さて、使えていた中華電源が調子悪くなった。出力をショートさせたので、どれか駆動部品が壊れたかと思ったが、そうでもなく、電圧を上げていくと、急に電圧が不安定になる。色々調べていると、どうもこの多回転ポテンションメーターが安物で、接触不良を起こすようだ。ボーンズあたりのと交換するかと思っている。そのあと、さらにすごい唸らせる中華電源をGETしたのでそれはぼちぼちと登場させよう。そいつはCPU制御で電圧が変えにくい。こちらはつまみで連続して可変できるところが使いやすい。それぞれ用途があるということだ。しかし、大陸の部品は、とくに接点のある部品は、ともかくどうしょうもなく質が悪い。日本の企業に、日本で、昔の品質で生産して欲しいものだ。

| | コメント (0)

プラズマクラスターの掃除

Pzc_module2
IZ-CB200の中身
いやはや、緊急事態宣言が出されるのかどうか、この勢いで増え続けるなら、一旦ロックダウンせざるをえないのではないかと、なんと日本の生温い施策でありましょうか。無症状のばらまき期間がある限り、GOTOもどうしたものでありましょうか。どこでもらってくるか解らない。そのうちいずれ罹ってしまうものなのか。はやぶさが、異星からウイルスを持ち込んできていないことを願います。さて、お家の時間が増えたので、普段できていない作業を進めようと思っても、これがまた、全然進みません。そうこうしているうちにもうすぐ1年?? 何が問題かというと気力?いや体力、いや、視力、眼力がだめですな。これは歳ですね。目が夕方になるともう疲れて霞んで見えなくなってくる。昔なら平気で2,3日徹夜してなんかやっていた気がしますが、気があっても目が見えません。やむなしか。
Pzc_tipbf
ニードルの先、掃除前
さて、これは、プラズマクラスターのプラズマクラスター発生ユニットの中身であります。この機種、バカ高いので、おいそれとユニットが買えません。それでも3つほどあって、磨いてはローテーションして突っ込んでおります。はて、針を磨いた状態でイオンが出ているのかですが、起動するとジリジリは言っておりますね。プラズマクラスターは、例のオゾネオのオゾンほど臭いがしないので、実際出ているのかどうか怪しいですが、それでも空気清浄器としてはフィルターにホコリが溜まるので、イオンはまあ、ファイテンと同じで気の持ちようでも良いかと言うところ。
Pzc_tipafter
ニードルの先、掃除後
針を磨いてみました。しばらく通電すると、また針にホコリが溜まるのである程度は動いているのでしょう。このユニットはローテーションで回して既に4回ほどリセットしてます。まあしかしこのレベルではウイルスには無力でしょう。それを思うと、オゾネオのオゾン臭は強力です。クローゼットの臭いも一晩で消えますから、コロナにも効果があるというのは本当でしょう。前の形のファンなしの方が良さげに思いますね。洗いやすいし。同型のは同サイズなのか不明ですが、業務用として高い値段で存在しているよう。オフィスの会議室なんかには、一つづつ置いておいて欲しいですね。

| | コメント (0)

FastTrackPro観察

Ftprostructedstructure
M-Audio Fast Track Pro inside structure
いやはや、思えばだいぶん前にもばらした気もしてきましたが、電解交換に伴い再度観察であります。なんと言いますか、非常に厳重な構造をしており、ばらすのが大変。上下基板のスタッキングは、2.54ピッチの接触面積の広いHIFがささっており、接触は良好。基板のアートワークもこなれており、うまく作っているなと言うのが見えます。
Ftpro_chagepomp
ただ、電解がイマイチ。山ほど並んでいるのはファントム電源用のチャージポンプであります。これは使っていないので要らないですが。こんな小さい安い製品ながら、ファントムが付いていたり、MIDIポートがあったり、キヤノンが刺さったりと、セミプロユースなんですかね。しかしこの、真ん中に標準プラグのささるキヤノンジャックはよく考えましたなぁ。始め、なんで真ん中に穴が開いているのだろうと思っていたら、なんと標準プラグが刺さるとは・・・。感心しました。
USBのバスパワーでも動くのですが、さすがに貧弱、DCジャックが付いていて、5Vの3端子が付いているゆえ、9Vくらいを入れると内部はちょうど5Vになる。そうすると、ガサガサ言いだすので、5Vの膨れている電解が怪しいですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧