« クリンスイの水漏れを直そうその後(A501ZC編) | トップページ | ゴミみたいな多回転ボリューム »

ついでにMYMのシャワーヘッドの顛末

Fb273004
MYM(現KVK) FB273-004 シャワーヘッド付き混合栓
いやはや、これは10数年使った、キッチンの混合栓を交換したときの外したものであります。どれくらい汚れているか見るのにばらしてみたわけですが、そもそも交換に至ったのは、フレキシブルのシャワーホースから水が漏れだしたからであります。ホースは、ステンの蛇腹の内側に柔らかいホースが入っており、外側からテーピングしてみても漏れは止まりません。しばらく気付かずに、蛇口から水を出すと、ホースと蛇腹の間の中を伝って、流しの下に漏れていてやばい状態でありました。構造的にはそれほど特殊ではないですが、真鍮の軸が、配管と固定を兼ねていることに気付くまで、外し方が解らず悩みました。なおMYM社はKVKに吸収されておりなくなっておりますね。両者に似た型番で合わない部品が多く、元がどちら起源かが解らないと部品が買えません。
Mym_flexcut
どこに穴が開いているのか見たかったのでホースを切ってみたところ。これがまた驚きのホースが内蔵されていました。相当ホースが劣化してボロボロになっており、どこに穴が開いても不思議ではないくらいの状態でした。
Mym_tubeinside
これがホースを割いてみたところ。なんですかこれは。緑の粉のようなものが蓄積しております。結構粉っぽく、曲げると脱落してきます。銅管の緑青とカルシウムが混じって溜まっている??ような色の粉。 こんなホースを介して水を出していたと思うとゲロゲロであります。いやいやこれを知っていたらもっと早く交換するのだった。ホース自体も結構もろくなっており、水漏れも必至という感じ。10年は超えていますが、ちょっとホースの材質がよろしくないのでは?と言う製品ですねぇ。

|

« クリンスイの水漏れを直そうその後(A501ZC編) | トップページ | ゴミみたいな多回転ボリューム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリンスイの水漏れを直そうその後(A501ZC編) | トップページ | ゴミみたいな多回転ボリューム »