« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

ウェットティッシュBOX気密性バトル

Wetboxbattle
いやはや、除菌に使えるウェットティシュの品切れが続いておりますが、特にアルコールタイプの詰替を入れると、すぐに乾いてしまうのが常。やむなくZiprockやタッパウェアに入れたりしてますが、ダイ粗に猪俣化学の日本製が売っていたので、ありがたく買ってきて比べてみました。左からダイ粗のイノマタ化学製、真ん中の青いのがネピアのおしりセレブ、右がシルコットのノンアルコール除菌タイプであります。それぞれ詳しく写真を載せたいところでありますが、とりあえずまずは結果を。フタを下にして、水を入れてどれくらい漏れるかを見てみました。左のイノマタは、中ブタがあって、それを外して入れ替えます。そしてそれに被さるフタがある。おしりセレブは底が外れて、上にフタが付いてます。シルコットも底から入れて、上のフタは、開口部のエッジに柔らかいシリコンのパッキンになりそうな枠がついていて良さそうです。ところが結果は予想に反して真逆でした。一番漏れるのがシリコンパッキン付きのシルコット。次がおしりセレブ。最も漏れないのがイノマタでした。シルコットは見た目に反して、シリコンが何の役目もしておらず、クリアランスありすぎ。一発蒸発しそう。おしりセレブは凝ったフタではないものの、比較的重なりが多くそう漏れない。ダイ粗のイノマタは結構しっかり重なっており、ほとんど漏れない。さすが樹脂のイノマタ。日本製ですか。

| | コメント (0)

悲しいアボカド

Rottenavocado
いやはや、またまたやってしまいました。ちょっと目を離すと、アボカドちゃんが腐っております。そろそろ暑いので、進行が速いですね。わざと食べ頃を狙うために緑色のを買ってきたのに、放置していたら、まだ3日もたっていないのに、悲しい結末であります。この前からすでに数回同じことしてます。冷蔵庫焼けしても、野菜室には入れておかないといけませんな。しかし食べ頃のアボカドはうまいですね。ほどよい頃に切って冷凍してしまうのがよいですかね。ああ、これは救いようがない。部分的にも無理だわ。

| | コメント (0)

捨てがたい40年前のチューナー

T40p_frontend
VICTOR T-40P FM/AM QUARTZ SYNTHESIZED TUNER 1978?
いやはや、先日のMDでエアチェックのチューナーであります。一回捨てかけたのですが、15年ほど前に、その時使っていたONKYOのレシーバーが調子が悪くなったので、臨時に一時的に稼働しておりました。今となってはディスクリートフロントエンドのチューナーは貴重でもあり、IFは日立のHA11225、MPXはHA11223W、AMはHA1197と、このころのIC化されたチューナーのよくある構成であります。フロントエンドはシールド板は立ってますが密閉はされていないものの、この構成でも、物理的な同調回路のあるチューナーは、今時のシリコンラボのシリコンラジオの息の詰まった様な音に比べるとなんとのびのびした音でありましょう。といいつつ、いくつか電解を交換しないと、音が浮いております。同調系も再調必要でしょう。ヤフオクでは未だにTORIOの昔の紐のあるチューナーとかがが結構な値段で取引されておりますが、受信機の作りが良いのでしょうね。アナログチューナーが欲しいですな。PLLのない、バリコンチューナーなら治るでしょうね。

| | コメント (0)

懐かしハードディスク Maxtor 7245SR

Maxtor7245sr
Maxtor SCSI HDD 7245SR 240Mbyte
いやはや、長いGaマンweekも終わりましたが、皆様体調いかがでございましょうか。とうとう暑いですね。夏は嫌いです。さて、懐かしいアイテムが出てきました。SCSIの箱です。開けるとさらに懐かしいものが現れました。フラットケーブルの幅が広いですね。50芯ですね。IDのダイアルがあったりします。そうSCSIですね。これはMaxtorのSCSIのHDDです。しかも3.5インチで容量は、なんとたったの240Mbyte Gigaではありません。恐れ多くもテラでもありません。メガです。良い時代でした。まだ動くかな。SCSIのI/Fがないか。アンフェのでかい方のコネクタの線なんかまだあるかな。

| | コメント (0)

非常用トイレの備蓄

ポイレ シンプルタイプ かた丸くん80回分 15年保存 4760円
Katamaru1いやはや、地球様の変動期への突入感が確実になりつつある昨今、昨年のタワーマンションの浸水によるトイレの使用不可というのは、スマートなタワマンが、いかに災害に脆弱かをあからさまに露呈してしまう事となりました。そう、昨今のマンションは屋上に水槽が無く、あっても地上もしくはブースターポンプ式であり、停電したら水が出ません。すなわちトイレは最後の一回しか流せない。
Katamaru2水を溜めておく手もあるものの、中途半端な流し方をして詰まると1Fで溢れかねない。かといって常にお風呂の余り湯を溜めておくようにしてしまうと、お風呂にカビ様がおいでになられよろしくない。2リットルのペットボトルに何本かは用意しておくとしても、流さずにトイレする準備はしておくべきでありましょう。そんなわけでいろいろ物色していたものの、
Katamaru3クチコミによれば、安いやつは全然固まらない怪しいものもあり、やはり日本製でまともなものを買って置いておきたい。結局ゾンで、登場としては新しめのようですが、まともそうな奴を買ってみました。黒色のビニール袋と凝固剤が結構小さい箱に詰まっておりました。凝固剤は粉末鰹だしの袋くらいしかないがこんなのでどれくらい固まるのか。80個入りなので一つ試してみました。
Katamaru4実物でやってみようかと思ったものの、捨てるのに困りそうなので、水500ccに万年筆のインクを少し垂らして着色して凝固剤投入。こんなちょっとで固まるのかと思っていると、みるみるゼリー化していきます。これくらいの水量が固まるなら、固体(○んこ)はある程度水を足すなりして埋めてしまえば良い感じですかね。最終的にはかちかちの固体ではなくゲル状でありますが、既に液体ではなく漏れはせず、袋を閉じればぐにょぐにょして、燃えないが燃えるゴミで捨てられそうです。さてこの凝固剤が15年も持つのかどうかは期待しておくとして、ひとまず実験済みでトイレの棚に保管いたしました。

| | コメント (0)

どろけたFotoproのストラップ

Fotopro_meltstrap
Fotoproの三脚のストラップ
いやはや、どろけしりーずであります。なんだか黒い粉がぼろぼろ落ちているなと思ったら、なんとfotoproの三脚に付いているストラップからちりばめられておりました。まあ合成素材の服でも最近ではタグに着なくても劣化すると書いてあったりしますが、やはり朽ちますなぁ。あのVAIOの紫色のゴムみたいに少なくとも他のものに付着して溶解し合わないのを願います。ストラップは切り取って廃棄となりました。まあこのように直しようのある場合は良しとしましょう。

| | コメント (0)

MDでエアチェック

Mdaircheck
いやはや、MDの録音用の磁力ヘッドがちゃんと動くか、試しに録音してみているところであります。これまた、このチューナー、棚から出てきたわけですが、いつのですかね。40年くらい前??なんか電解が朽ちていて、低域の定位が浮いてますが、それでもまだ動くって??すごいですね。有線なのに、直でシグナル4つしか振らないなんて。J-COMのFM帯は全くだめですな。昔は和室の室内の天井にFMの八木アンテナ吊してたりしましたが、FMのはでかいし、マンションではどうにもなりません。今時の車のアンテナみたいに小さく短縮して、窓から送信アンテナ狙ってブタ入れるかですかね。J-COMはBPFかけないとFM放送の下辺りがきつくてそのままブタ入れると混変調起こしてます。で、なんとか録音できているみたい。らじこ時代に何をしている事やら。82.5MHzはJ-COMの85.1FM大阪です。

| | コメント (0)

とうとうベンサンが劣化

Vicmeltoutいやはや、これはニシベケミカルの有名なベンサン、日本製であります。さすがにベランダで直射日光に晒され、もはや5年いや10年か、とうとうどろけて来ました。買い換えないとと物色するも、VIC No.510 ダンヒルのうんこ色て、結構高い。千円以上するのですね。やむなく今回は、大陸製のベンサンを購入。さて、何年もつやら。1年くらいでドロけるかも。

| | コメント (0)

MDデッキを直そう

Mds37
SONY MDS-S37 MINI DISK DECK
いやはや、すでにガマンWeekと呼ばれるGWに突入し、最も困ったことは、気温が20℃を越えてしまって、汗疹ができだしたこと。もはやエアコンの冷房なしには生きていられない。マスクも汗疹ができる。当初膝掛けして暖房かけていたのに、既に夏か。夏は苦手です。さらに長丁場になりかねない状況ゆえ、お部屋の整理などしておりますが、棚に鎮座されていた、ミニコンポ用のMDデッキのDISKが出てこない。
Mdmecamds37
早速開けて見ると、ゴムベルトは使われておらず、すべてギア式。カセットも、VHSもU-maticのメカも3D CADやらない時代に、よくもまあこんな動きをするメカを考えるもんだと感心しますが、しばらく動かしていなかったこともあって、ピックアップの駆動ギアの歯のグリスが固まっていたのか、ゴミかでピックアップが戻る前にイジェクト機構の枠が動いてしまい、ピックアップの樹脂にぶつかっておりました。そのせいで、DSIKの上側にある、録音用の磁力を発生するヘッドが曲がってしまっている。そう、MDは書き込むとき磁力がいるのですね。写真の矢印のところが干渉して、自らぶつかって自滅動作を繰り返していた。異常時にここが当たることは予想されていたのか、修理の時外せる用にか、当たる部分の金属がネジで外れるようになっている。何とか戻したら動くようになったような・・・。録音がだめか。ヘッドがまだ浮いているか。どちみち録音なんか使わないか。スタンプが961210とかなってますね。いやはやもはや24年前の製品なのか。一応鳴ってます。もともとそうHifiではないけど、BGMとかには充分か。普通のモードしか使えないが、動くだけ貴重か。
★その他もろもろ:左枠にある、関電のメーターがURLが変わっていて動いていないのでなおしました。ガイガーカウンターもサイトが反応しなくなっているので、大阪府の熊取オフサイトのグラフに変えました。ちょっと小さいか。数値をひっぱってくるようにしないとだめか。なお、本HPはPC用にしか考慮しておりません。スマホで見ると広告が一杯出てると思います。PCモードでご覧下さいませ。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »