« 2019年6月 | トップページ

とうとう断念トヨトミの壁掛け扇

TOYOTOMI FW200BRトヨトミ扇風機 FW-300BR 30センチ壁掛扇 11年製
いやはや、例の高速首振りモーターが間違って付けられたらしい壁掛け扇の首がとうとうもげてしまって、処置なしとなりましたので廃棄と相成りました。首は振れないものの、なんとか頭が乗っかっていたので使えていたのですが、首の軸の受け部分の樹脂がそれ以外に比べてやたら弱く、その割には頭が重く、3年くらいで割れてきました。設計寿命は10年と、主モーターはまだ行けそうなところに、周辺から朽ちてきたパターンであります。一日の稼働時間を8時間程度としても首振りは100%とするべきで、この構造強度と、首振りギーヤードモーターでは10年は言い過ぎでしょうか。 例の山善ボックス扇は主モーターが先に焼き付きますが、こちらは首が折れると言う悲しい結末となりました。なお、稼働条件については、設計寿命の明記が2009年に経済産業省から長期使用製品安全表示制度として指導されたこともあって、JIS C9921に明記されるようになり、扇風機は8h/日、110日/年、首振り100%、となっており、連続運転した場合は、1/3くらいと言うことでしょうかね。その意味では3,4年しか持たないということになり、昔のメタル扇風機が50年経っても案外動くのとは対照的な、ゴミの国で作られた、その場で動けばよいもろい製品が多いと言うことでしょう。
昨今、DCモーターのものが増えてきて、さてどちらが長持ちかですが、構造的にはACか。DCタイプはどれほど内蔵のスイッチング電源が持つかでしょうか。何せ常時通電ですからね。

| | コメント (0)

今時DDR2とはこれ如何に

RamMaxRamMax 2GBメモリ2枚組 RM-LD800-D4GB DUAL デスクトップパソコン用 増設メモリ2枚組 DDR2 PC6400 240pin DDR-SDRAM DIMM ¥2290
いやはや、もはや2019年ではありますが、XPパソコンの延命に、今頃DDR2メモリーを買おうというわけであります。まだまだXPは健在であります。何しろ、ドライバーやそのインストールにうるさいことを言ってこないのが最高です。ところが困ったことに、たまに何かの拍子に吹っ飛んでしまうことがあり、ダンプを吐く間もなく飛ぶのですが、このような現象は、以前はパチ電解が流行った頃、内部放電してマザーボードの電源系がパルス状にドロップしたりするとよくありましたが、ほぼ個体電解のMotherBoardを入れ替えてみても変わらないということで、メモリも疑わしい。 RamMax昨今、輸出規制の前辺りから、一時の急騰とは反対に、メモリがなぜか安い。これでは儲からないと言うくらい値下がりしている。そこで2Gx2という32bit OSでは使い切れない容量ながら、DDR2と言うこともあり、2つで2290円というかつてでは夢のような値段のDIMMを買ってみた訳です。ほとんど聞いたことのない、RAMMAXと言うブランド。救いなのは大陸ではなく台湾製であること。見た目パッケージもラベルもきちんとしており、基板も綺麗、実装も遜色なく綺麗なんですが、なぜか全部のチップのロットが異なる。 RamMaxHynixといえば、DDR以前の世代では、ばらつきと相性が激しく、どうしても動かないマザーボードとSIMMがあって、設定に苦労した覚えがあり、避けるべきメーカーという認識がぬぐえませんが、今となってはその他大勢との差はないかも。チップはHynix製のhy5ps1g831cでありました。しかしよく見ると、表面が汚い。全部ロットが違う。そうかこれはリサイクルチップ。メーカー製のノーパソボードのデッドストックか、大量にまとめて出てくる昔のサーバー系のボードの類から外したのでしょうかね。もしくは大陸の火鉢の上の鉄板を経由してきたか。 RamMaxテープの跡が残っているものやら、角が削れているものなど各種。しかし実装は綺麗にされており、今時0.8ピッチの60ボールなんていくらでもリボ-ル可能でありましょう。はたして動くのかという不安をよそに、何の問題もなく動いております。しかも前に付いていたやつより発熱が少ない。いつまで動くは運次第ですかね。いろいろ起動するとXP32bitで2GBでSWAPしまくっていたのが、物理アドレス拡張で3.4Gになって結構軽快に動くようになってしまいました。問題のクラッシュはというと、まだ何とも言えません。というわけで安いのでXPの御貴兄は今のうちに買いましょう。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ