« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

救世主となるかVIVALDI

Vivaldi_goodいやはや、腐敗した末期の大企業病のごとく、重いわ動かないわ、エラーは出るわ、カスペルスキーに弾かれるわで、XPいや7,10でもでとうとう使えなくなってきた、FireFoxでありますが、黎明期のMozilaのコンセプトはどこへ行ってしまったのか、肥大化したプログラムの象徴、末期症状をどうしたものかと思っていたら、なんですかこの軽いブラウザは。しかもかなり痒いところが掻きやすい。プロセスがChrom同様タブごとに増えていくものの、10年前のPCとXPでこれだけ動けばすばらしい。財源がどこにあるのか、どういうグループが作っているのか詳細調べていませんが、ものは大変良ろしい。お試しあれ

| | コメント (0)

ドナドナBRAVIAの中・これがZAULaS

Zaulas_sonyいやはや、ドナドナBRAVIAの観察シリーズ、おっと、これが牛嶋さんのZAULaSでありますな。見事にスタッキングされております。もはや、LCDのバックライトはLEDに移行を完了した状況であり、活躍の場はなくなったかも知れませんが、発振回路といい、バラストコンデンサといい、いずこも実験的に点灯していたに近いバックライトのCFLでありましたが、これをこんな、11本も束ねて、一本の高圧トランスで駆動するという、しかも反対側にも11本あって、これを逆相で駆動してあるという、このサイズにしては画期的な駆動方法であります。Zaulas_sony_zl2パネルはサムソンのLTY400HS-LH2でありますが、このZAULaS基板はSONY製であります。さすがにサービスポートまであるだけあって、各部に検出回路が張り巡らされており、全管に管切れ検出があって、切れるとエラーで起動しません。無理矢理点けてみたところでは、管ではなさそう。しかし、きれいに作ってあります。大陸製のエセ産業用途の民生機器とは一線を画しております。これぞ日本製という感じ。一部機種ではハンダ不良があるようですが、本機に限っては、SMTのハンダ付けは結構ハンダの量が多く、剥離するような箇所は見られなかったですね。Return the manufacturing industry to Japan!

| | コメント (0)

ドナドナBRAVIAの中

Kdl40x2500insideいやはや、せっかくのアイテム、隅々まで覗いていじっくてから手放したいのは山々なのですが、邪魔であることに苦情が出てくること必須ゆえ、つついて動かしてみるのはほどほどに、とりあえずパネルが見えるところまでばらしてみることに。本品、35kgくらいあるので、一人では持ち上げるのが限界。なんとか床に降ろして、平置きにしたところ。この状態では、すでに両側のスピーカーユニットと、巨大なLCD基板用のヒートシンクが外してあります。スピーカーユニットは今時のちゃちタイプと異なり、坊さんライクな樹脂製のバスレフダクトがある、2ウェイの3スピーカー。LCDの枠の両側から前面に放射しており、サラウンドモードにすると結構な良い音でありました。それはさておき、ある程度の高級機とあって、結構な物量であります。手前が上ですが、右側は余裕の大きさでゆったり作られた電源基板と、その手前がインバーターにしては巨大なトランスが2つ乗っているCFLバックライト用のインバーター基板、緑のがA/Vのインターフェイス基板、真ん中の網の中が、画像処理をしているところで、でかいQFPのLSIがそれぞれヒートシンクを貼り付けられて、7コか8コも。左端がLANのI/Fとサービスポート。その左上の小さい網の中は、チューナー部分ですね。この世代はまだシリコンチューナーではなくアナログタイプです。左上が、B粕カードと、サイドのHDMIとVIDEO端子の基板であります。左側に並んでいるのは、バックライトのトランスの列。おっとこれはあれですね。

| | コメント (0)

ドナドナBRAVIA

Donadonabrabiaいやはや、とうとうSONYのブラビアのタイマーが起動されてしまった。約10年ちょっと、過酷なリビングの温度環境に耐えて動き続けていたものの、このところの熱波と、エアコンの冷気で熱衝撃に晒されたのか、とうとうお逝きになられた。このころのは何せでかい。40型で30kg以上ある。枠がでかい。今時のものより大変多機能で、ものすごい物量である。さすがに28万位しただけのことはある。いろいろ物色してみたが、パネルが応答しておらず、自己診断機能が各所に張り巡らされており、中途半端な状態では動かないようになっている。バックライトだけならごまかしてと思っていたが、サムソンのパネルのコントローラー部分がダメっぽい。非常にきれいに作られており、物色ネタに置いておきたいところ山々ながら、泣く泣く有償で家電リサイクルに出すことにした。内部の観察はまた別書き込みで。

| | コメント (0)

大草原の小さな家

Littlehousepl13608Little House on the Prairie
いやはや、有意義なプライムデーでありましたでしょうか。アカウント乗っ取りマーケットプレース詐欺の問題もうやむやのまま、例によってあまり魅力的なものが無いプライム価格でありましたね。昨今、プライムでもすぐに届かないことも多いらしいし。年会費が千円安いのを2度使う方法はないのか。昨年末の場合はやはりこれが一番魅力的だったか。さて、もう買ってしまった上にFOXクラシックでリマスターHD版をやっているという、7割引のローラですが、なんとまた200setも放出されたようです。やっぱりこの世代の方も多いのでしょう。結構売れてますね。トレンディードラマ世代のノーマル解像度のビデオ撮影のドラマは、今となっては、HDテレビで見るに耐えない解像度でありますが、なんせフイルムの情報量はすごい。HDで起こし直せば、まだまだ粒子は見えない。どうらん丸出し毛穴丸見えまできれいになってしまいますね。で、DVDセットはリマスター版ではないのでやや見劣りてか。年末まで快調に見てたのですが、今年に入って進展おもわしくなく、まだシーズン2であったりします。まあ、焦らず楽しみましょう。

| | コメント (0)

ジェットストリーム50周年

Tdk_dc60いやはや、TDKのDのデザインは、これが一番すっきりしていて好きですね。そう言えば先週だったか、JET STREAMが50周年だとかで特別放送をやっていた。そう言えばその前の40周年を聞きそびれたのを思い出し、USBラジオで録音してみたが、申し訳ないけど大沢たかお氏のご案内は合っていないわ。元祖城達也氏が一番なのはさておき、伊武雅刀氏の方が良かった。最近のレシーバーアンプて、ラインアウトがないのね。録音のソースに使えないでないの。アナログのFMチューナー、いやパルスカウント式くらいのが一番音が良かったような気がする。さすがに35年前の例のチューナーは音が今一。それでも動いているのがすごいが。さて、なかなか暑くて、うつぶせにヘタって寝ていたら、ほっぺに汗疹ができて痒い痒い。夏は事が進みませんが、最近の話題としては、・・・
そろそろいろんなものが10年経ってつぶれてきた。洗濯機→購入済み。食洗機→リベットで修理して酷使中。次はリビングのでかいエアコンかと思っていたら、予想外に液晶TVがつぶれてしまった。これはまたその物量の凄さを別途ぼやくとして、あとは冷蔵庫かな。世間では昨今、地球様がご機嫌よろしくなく、造山侵食活動が盛んになってきている? SONYがCDラジカセの新製品をまた出している。カセットはガチャコンではなくてロジック駆動のような。DOLBY付いているわけないか。またアナログレコードが流行っている? SL-6はご存命ながら、フォノアンプのコンデンサをリニューアルしようと思いつつなかなか時間がない。なかなか、何もかもがうまくは行かないようで。みなさまお身体をご自愛くださいませ。

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »