« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

電球型蛍光灯観察

Efd9elpwbHITACHI ナイスボールV EFD9EL-E17 100V9W HLK NC40E17-02 E66047 2979001403
いやはや、十分使用済みのナイスボールの分解であります。すでに5年以上焼かれていた為、白いところの樹脂はペキペキになっており、簡単に開封できました。よくある、ソケットのところにうまく電解がはまり込んでいるタイプであります。電解は、ルビコンのYXFであります。105゚C1万時間のものと思われます。基板がベークみたいな色になっていますが、焼けているからで、ガラエポです。さすがにこの環境では94V-0が必要でしょう。Efd9elpwbback裏面であります。裏面のレジストがひび割れしています。それほど高熱になっているのでしょう。FUSEがありませんが、入力のパターンが一部細くしてあり、ここが切れるようになっているようです。2SK3462と2SJ610がコンプリメンタリのようですが、トランスがありません。変わった回路のようにも見えますが、ぐぐると三菱電機の特許になっている、ICを使わない、インバータ装置、放電灯点灯装置及び電球形蛍光灯器具の回路(いくつも出ていて一番新しいのは特開2008-262925か?)そのままのような感じですね。サーミスタが付いていて初期電流を増やして点灯初期から明るくしようという回路のよう。しかも複雑なようで単純な部品だけで構成されている。単純な部品は日本製他の良質な物が使われている。たぶんこの回路か。(←リンクが切れたら見えません。)比較的サージや熱に弱いと思われるICが無いので長持ちするとも言えるというところでしょうか。複数の稼働実績からも、こなれた時期の良品といえるでしょう。

| | コメント (0)

今日のお空

Sunset20161023
いやはや、ようやくダイナミックな秋の夕日になってきて涼しく嬉しい限り。暑いのは苦手でございます。右上の陰はひさしでございます。近年、高砂の岸壁に出られなくなってとても残念。あそこで8末に明石大橋に沈む夕日が見られたのですけどねぇ。展望台作ってくれい>大阪ガス
niftyの@homeの方を直さないといけないと思いつつ、何処も同じ様で、推移が遅いので9末が11月10日に延期されたそう。それでまだ見えていますね。ダイレクトリンクとカウンタと直さないといけません。ぼちぼちと。

| | コメント (0)

ドスパラBD-Rバルクを買ってみた

Br130rp52dpBR130RP52DP 4984279140680 株式会社磁気研究所 made in China ¥1980- @38-
いやはや、ぱちもん大好き人柱シリーズ、昨今のバーベの不評もあって、&SONYの高いBD-Rが、かつてDVD-R,RAMで大変迷惑被った、RITEK製であることに愕然としたこともあって、さらなるパチ物を探して変なやつを買ってみるという。磁気研究所とはなつかしい。秋葉の公園の前に、よくばら売りのフロッピーを買いに行った。当時は3.5インチの2DDでも結構高価で、ばら売りはありがたかったのを思い出す。さてどんなもんかと思ったが、52枚と変な枚数入っている。2枚はエラーが出た時用に予め増やしてあるのか? mediaIDはUMEBDR016 (000)だった。いくつかの書き込みのとおり、UMEDisc製のようだ。これは避けるべき大陸製である。さて藁が生えていたりしないのかどうか。Br130rp52dpmark穴のまわりの樹脂成形がニョロけていて、成型精度がない&ポリカの純度が怪しいことがうかがわれる。それ以外は、藁は生えていなかった。特にキズもホコリもない。端面がデラミしている風でもない。バーベに比べて明らかにやや薄く、軽い。基板が薄いのか、保護層が薄いのか。薄いゆえ、2枚増量しているのか。透明のカバーディスクが入っていないからか。VARDIAで書いてみた。すぐ認識した。フォーマットも普通にすぐ終わった。DRものをそのまま書いてみた。特にエラーもなく終わった。maxellのプレヤーで再生してみた。普通に再生できた。んんん。普通か? どうせまた録れるれべるのWOWOWを書いておく分には使えそうか。何枚エラーが出るかはまだ未知数。

| | コメント (0)

マウスの電池コンタクト補修

MousecontactLogicool M555B 青歯マウス
いやはや、問屋の液漏れ電池にやられてしまった、愛用のピローマウスであります。このマウス、電池のベロが、単三電池の重さに耐えておらず、次第にバネがへたって接触が悪くなります。たまにマイナス側のベロを引っぱって、電池をくるくる回してやると復活します。しかし、アルカリにやられた表面は、それでも何やら皮膜ができており、接触してくれません。Solderdcntやむなく、ばらして、接点に少しハンダを盛りました。これで接触圧は十分です。ハンダなので表面が酸化してきますが、ハンダなので柔らかいですから電池を回して表面を削ればまた復活するでしょう。そして無理なくばらせるのもロジマウスのよいところか。もっとも、ネジを緩める為にはテフロンのPADは剥がさざるを得ませんがこれは致し方なくというところ。

| | コメント (0)

ポジドライブとフィリップスとは

Pz2ph2bitいやはや、レアなポジドライブの木ねじが登場したので、ついでにビットの先がどれくらい違うのかの比較であります。このビット自体は上等品ではなく、例のBOSHのビットセットに入っていた安物です。一見似てますが、先端の太さと角度が少し違っております。さらに溝の間にもう一つ山があるのがポジドライブの特徴であります。どちらがメリットがあるのかというと、実用上精度のあるネジ溝とビットを組み合わせる限りは、大差ないでしょう。Pz2ph2tipさらに先端を拡大。左がポジです。ネジ側が精密だと、この差でもしっくり来ないのは当然でしょう。先般のガサポジドライブネジにこの安物ビットを挿してみましたが、ネジ側がガサゆえ、大差がないかも。日本製の精密なプラスビットを挿してみると、明らかに先端が浮いており、空回りさせてつぶしそう。というわけで日曜大工レベルでは適当に使えるというレベルのようです。ちなみに大陸では昨今、ねじ頭もビットも両方ガサでも磁力吸着の電動で遊び(精度のなさ)を利用して適度に使えるという点で、トルクスが使われていたりします。既にいじり止めの効果は全くありませんゆえその意味で使われているのではないのですね。プラスを使うと舐めたのがばれるので不良になるところが、トルクスではばれないのですね。

| | コメント (0)

日立の電球型蛍光灯E17

Efd9ele17いやはや、これはダウンライト交換に関連した、LED電球が切れる前につけていた電球型蛍光灯であります。横向き口金のダウンライト器具に入るように、当時E17でできるだけ小さいやつということで買ったやつであります。結局、2004年から7年くらい使えたいたところから、十分長寿命で期待寿命を全うした感じの良品でありました。切れたのも蛍光灯ゆえ管が黄色く黒くなってきて放電しなくなってきたからであります。2本はほぼ同じくらい動いていて、安定した性能と思われますね。分解は次回にでも。
いやしかし、だんだん震源が近づいてまいりました。大山が噴火したらびっくりしますが、すでに冷えて固まっているでしょうから、噴火しても周囲のどこかでしょうね。西から東からと地殻変動は進んでいるようで。気をつけましょう。

| | コメント (0)

ポジドライブの木ねじの謎

MokunejipzモクネジBOXタイプ75P 4991203166913 しっかり固定したいときに便利 発売元:エコー金属株式会社 お客様へ 商品の重さによって計量している為、本数に多少誤差が生じる場合がございます。ご了承の上お買い求めください。
いやはや、久しぶりのダイ粗であります。今日もゴミを買いにいや、使えそうな品いや、ぼやけそうな品に108円払って回収してきました。これはまたレア品であります。普通のネジかと思いきや、なんとポジドライブの木ねじとはこれ如何に。普通の家にこれに合うドライバーはあるのでしょうか。そもそもプラスネジだとしても溝の精度がないのでてきとーに回せるレベルでOKということなのか。Mokunejipz2ダイ粗で回収したものの、珍しくダイ粗プロデュースではなく、エコー金属であります。おことわり文言が少し異なっておりますね。ダイ粗の場合は不良品が混じっているかも知れないがそのつもりで買えと、こちらは品質については言及せず、計量上本数が多少異なると。確かに。よく見ると一本バインド頭のが混じっておりますね。重さ合わせに足したのでしょうかね。昔は木ねじと言えば、根元には山がない部分のあるやつ、しかもマイナスネジだったりしてをイメージしましたが、最近はこの全山のタッピングネジみたいなのも木ねじと呼ぶのか。どちらかというとコーススレッドの方を用途的には木ねじというのかも。Pzmokunejiさてこのネジ、頭がポジドライブであります。いわゆるフィリップスのプラスの頭は微妙にフィットしません。かといってポジドライブのビットがぴったりフィットするかというと、それもやや精度がない。すなわちどっちでも行けそうレベルで気にしてないだけなのかも。そもそもこのネジがポジドライブだとはどこにも書いてないし。逆にこれは日本ではレア品ですね。コレクションしておきましょう。

| | コメント (0)

諸悪の根源・問屋アルカリ電池観察

Donyapachi3sokomt2011061301
いやはや、至る所でお漏らし&水酸化カリウムの結晶を生成される問屋でもらったアルカリ電池の末期であります。なぜこうもお漏らしされるのか。よく見るとこの電池、底にガス抜きの穴があります。つまりそのようになって当然な構造であると。日本メーカー製の液漏れしないことを謳っている電池は、危険のない範囲で樹脂で密閉されているようで、確かにほとんど漏れてこない。液漏れである意味有名なDulacellは、時期によって構造やOEM先が違っており、一概に言えないが、後期の未来表示のあるものはUm3btmhole結構密閉構造のように見える。昨今のコストコバージョンは持っていないのでよくわからない。エボルタなんか10年保存できると言っているし、使用期限を11年過ぎているニッケルマンガン電池も、もうだめかとコレクションから出してきたが、全然元気で液漏れもなく、懐中電灯の中でで余生を送っている。しかしよくスーパーのレジの横につってあるエボルタのなんと高いこと。この値段ならニッケル水素が買えるぞと言う値段だ。出先でどうしてもというとき以外はましてやスーパーの吊りの電池は買うに買えない一品でありますね。しかし安もん→液漏れで朽ちマイ、高もん→それなりに価値ありと言うことですね。

| | コメント (0)

バーベイタム値上がり?パチもの流通?

Vbr130rpv4Verbatim VBR130RPV4 割引クーポンで¥2070- @41.4-
いやはや、最もコスパの良ろしいかと思っていたバーベのBD-Rでありますが、とうとう値上がりして一枚40円の感覚では使えなくなってきました。ライダーのカスタマーレビューによればある時期から品質が下がってエラーだらけで使い物にならないのだとか。そのためか最近はエラー保証をやたらに強調している。が、連絡先がなぜかIO?。手元にあるのはすべてやや茶色ぽい黒のCMCMAGBA5 (000)だが、パッケージをコピってパチを作っている大陸集団があるのか? 特にエラーの出ているものはないが、パチもの大陸郵政天国のAMPではあり得そうだが、オフィシャル品でもあり得るのか。まともなルートから買わないといけない。もしくは自国の経済発展に貢献してPanaかSONY製のREを使うか。前に買ったSONYのバルクのBD-RはRITEK製だった。でも倍違うからねぇ。大きいねぇ。

| | コメント (0)

ダウンライト交換つづき3

Lg11411005いやはや、ダウンライト交換の続きであります。簡単に背中の箱が開くので中を見てみました。電球のソケットに押し込まれているかわいそうな回路に比べると、余裕のよっちゃんな作りであります。ケミコンはニッケミのKXGであります。250V22μで105℃8000時間品です。細い線はLEDへ、ややシリコンぽい線は100Vであります。どちらもコネクタになっていますね。生産国が書いてありませんが、大陸製?素地はE301791 KUNSHAN WANYUANTONG ELECTRONIC製です。実装はきれいですね。これなら熱的に短命になることはないでしょう。もう一つも早く換えますかね。

| | コメント (0)

またまたやってしまいましたマウス

M555b_alcleakいやはや、またまたやってしまいました。アルカリ電池の液漏れ、今度は青歯のマウスであります。あれ?動かないと思ったら、諸悪の根源、問屋のお漏らしアルカリ電池がうっかり入っておりました。とりあえずこの電池は全数排除が必要ですね。どんどん機器を腐らせていく。安もんの電池使うなと言うことではありますが、比較的滅多に液漏れしないニッケル水素を充電回数的にはもったいないがあえて使うか、消費電流の少ないものはやはり液漏れしても機器が溶けない(若干鉄が錆びるので弱酸性ですかね)マンガン電池を使うかでしょうか。さてこのマウス、初期型青葉なので、単3が2本と重いのですが、センサーはさらに初期の光学マウスのオプティカルセンサーより良くできていて、毛布の上とかでもちゃんと動くことからピローマウスにしているわけで、結晶を綿棒で掃除してみたものの、金具の圧が足りなくて異物の膜を越えられない。仕方なくばらすことに。と言うことでそれは次回にでも。

| | コメント (0)

21世紀のVHSメカ

Slvnx11_mekaSONY SLV-NX11 中古2003年製 ¥4980- at AMP
いやはや、これはSONY SLV-NX11のVHSメカであります。後期のVHSメカらしくドラムのモーターがドラムの上にありますね。しかも細部が割とシンプルであります。しかしこれもメンテのしにくいSONYのいけてないメカを継承しており、基板と合体しないと動かないタイプ。これはいけてない。またスプリングの使い方がやや変ですか。VHSメカの既成概念を崩した後のタイプはここまでシンプルにできるかという感じ。その分壊れにくいかも。第一はドラムのモーターをドラムの上に持ってきた。ドラムのヘッド交換を前提にしていた時代はこんな構造考える人が当初はいなかったわけですが、これによって薄くできるようになって、基板合体構造もできるようになった。代わりにドラムを交換してまで直して維持しようというグレードではなくなった。もう一つはテープを如何にしてキャプスタンとピンチローラーの間に入れるか。古いのはピンチローラーが上に垂直移動したわけですが、この後期のは、メカを小型化してキャプスタンはVHSカセットのフタより内側に来るようにして、カセットが降りるとキャプスタンがテープの内側に来るようにした。これによってピンチローラーは上下移動の必要がなくなった。ゆえに大幅にメカがシンプルになった。このデッキ、この前中古で入手しましたが、2003年製で、若干直してちゃんと動いていますね。ライダーのMPの出品でリモコンなしで4980円でしたが当たりでした。リモコンは他のやつで動いてます。その他ぼやきはまた次回に。

| | コメント (0)

ダウンライト交換つづき2

Downltholeいやはや、さらに続きであります。結構背中の箱がでかく、野縁の切り方次第では好みの方向では入らない可能性もありますね。ピントが天井裏の方に合ってしまっていますが、マンションの断熱材なんて、適当で、このダウンライトの上には何もなく、ゆえに密閉断熱構造で使っていたとは言いがたい。つまりM型仕様での使い方だったのにやはり5000/40000時間しか持たなかったと。おそらくは電解がパチなのではないかと予想します。(普通はマンションだと天井裏のない部分の方が多いと思われますが、うちは都合上天井裏があります。ほぼ入れないですが・・・)しかしこれだけ回路部分がでかいと条件はよろしいでしょう。

| | コメント (0)

ダウンライト交換つづき

Lseb5120le1_inいやはや、はめてみたダウンライトであります。S-Bマークが付いておりますね。これは天井裏吹きつけ断熱でもOKということみたい。元のと同じ穴径が要るので125φとでかいゆえ周囲の余白がやや多いものの、まますっきりデザインで良いのではないでしょうか。点灯させると明るすぎて光る部分の輪郭が見えないので点灯させずに撮影。

| | コメント (0)

飛び出せ青春#19北海道へは着いたけど

Hokkaidohetsuitaいやはや、久しぶりのテレビネタであります。俺たちの朝ぼやきシリーズはまだ最後まで行っていないような。こちらの飛び出せ青春版も1から始めたいところでもありますね。やっぱり当時見ていて印象的で今でも覚えているお話の一つは、みんなでフェリーのまりもに乗って北海道合宿に行く回ですね。阿寒湖までのバス代は560円。でもひとり400円支給。行くとビギンの先輩だという偏屈の酪農家が登場。でも奥さんが戻ってきてなんだかハッピーエンドでまたフェリーで帰るというやつ。

| | コメント (0)

ダウンライトの交換(これが一番か)

Lseb5120le1Panasonic LSEB5120LE1 ¥1675- 4549077479020
いやはや、パナのLED電球が暗くなってしまったダウンライトだけれども、LED球よりも器具のほうが安いので、器具ごと交換することにした。右側のこれは125mmφのダイキャストフレームの昼白色タイプ(プラフレームより上等)だけれども、昨今流通数が多いようで、プラフレームの電球色なら1000円以下で売っていたりすることもある。ダイキャストタイプでも1675円だった。駆動回路部分は裏に板金で囲って別にあるので、自分の熱で炙ることはなく、電球タイプの交換用に125φとでかいので、明らかに寿命的には有利だろう。とりあえず1つ替えてみた。直視はできないくらい明るい。しかも5000/40000時間しか持たなかった、先っぽの回転する角度付き下向き電球の半額くらいだ。どれくらい持つか暗くなっていくのか測ってみたいところ。駆動回路のばらしはまた今度にでも。本当は電球色が好みなんだけれども家族が白がよいというので仕方なく白色で。

| | コメント (0)

電解コンデンサを交換しよう

Dcprehpamp_insideいやはや、これは、30年くらい前に作ったDCプリアンプ+ヘッドホンアンプであります。色々出物の部品やらで構成されているわけですが、今でもちゃんと鳴っているものの、やや低域の定位が甘い。電源は安直に3端子使ってますね。アンプも金田式ではなく、NJMのOPアンプを組み合わせてますね。さすがに細部は忘れましたが、ちょっと思い出してきました。アンプに電解を含めコンデンサの類は明らかにその音色が反映されるので、どう使いこなすかは好みの問題ではあるのですが、みれば、チューブラーのタンタルコンが付いている。よく鈴商とかで売っていたやつでしょうね。まあ一回新鮮な電解をつけてみようと共立の通販を物色していたのですが、残念。共立は何かあると送ってくるのがとても遅い。土日も稼働していない。3連休に間に合いませんでした。秋月かマルツならとっくに来てたかも。店頭在庫は注文できても実は在庫切れというのが結構多く、やり取りしてる間に間に合いませんでしたか。共立の場合最低一週間は見ておかないといけませんね。一回店も行きたいのですがなかなか元気なく、通販でずぼらしている昨今ですか。そういや探偵ナイトスクープに出ていたタイマーとインターホンの小学生、すごいですね。トランジスタの構造説明していましたね。セラコンコレクションしてたりして。コンロの換気扇の下でハンダ付けとは。共立の店頭で嬉しそうに部品選んでたのがとても気持ちわかります。寺町の飛燕堂にニノミヤにタニヤマ、懐かしいですね。

| | コメント (0)

暗くなってきたダウンライトのLED

Id7366swTOSHIBA ID-7366S + Panasonic LDA6D-E17/D/BH
いやはや、洗面所のダウンライトのLED電球が暗くなってきた。始めはめちゃ明るいクリプトン球が付いていたが、電気を食いすぎるので、電球型蛍光灯をつけて6~7年動いていた。その後、一つだけ先が回転するパナのLED電球に替えたのだけれど、40000時間といいつつ、5000時間位で暗くなってきた。この型式は、断熱タイプ非対応、調光対応のものだ。E17の口金に回路が詰めてあるので、動作条件としては厳しいと思われるが、それでもちょっと短命かな。まあ、初期のLED電球やシーリングライトは10年とか騙されて高い費用を出して人柱に走った貴兄も多いようだが、そもそもパチの回路部品がそんな持つはずはなく、せいぜい2年持てばよい方ではというのがその筋の見解だったが正解だった。既に白熱球でなく、電球型蛍光灯に替えている場合は、十分と言っていいほど省電力であり、これが壊れてから交換すればよいことである。だいたい10年ほど前の電球型蛍光灯はノウハウが整ってきた時期であり、結構持つものが多かった感じだ。ここにつけていたE17の日立の球ももっと早く切れるかと思ったが案外持っていた。これについては別にまた書こう。さて、パナのこのLED球だが、買って1年くらいなら文句言おうかと思ったのだが、調べるとすでに4年以上経っており、中身の何が劣化しているのか見てみたいところだ。短命の場合、電話すると交換してくれるらしいが、中には調光タイプを非調光で使って、タイプがあっていないから壊れたとか嘘を言われている人もいる。LED電球の分解については既に先駆者がおられ、パナは構造的にはあまり良くないのだとか。わたくし的には最近のパナは使っている部品がパチなのだと思う。Id7366s_back一番問題は、断熱構造の器具で非対応のこの電球を使ったどうかが熱的に重要だが、この東芝の器具はS-GIマークが付いていて、北海道地区の密閉高断熱構造でも使えるタイプになっている。そういう風に施工されていたら確かに非対応な器具につけていることになるが、結構手抜きなマンションのグラスウール施工ではダウンライトの上には断熱材がない、ゆえに断熱材施工のダウンライトにはあたらないのだが、このGIマークだけを下から見て器具の種類を申告したら使い方が悪いと言うことになるだろう。器具の裏面は断熱仕様に耐えるように結構隙間が作られている。これらの断熱構造の違いは、日本照明器具工業会規格のJIL 5002に書いてあるらしいが、有料でなかなかJISのようにころがっておらず原本は見たことがないが、図はタロトデンキのこの資料がとても解りやすい。写真はこの器具の裏側である。電球は横向きに付くので真下向きに付くものよりは有利にも見える。たとえばパチな白熱球なんかだと下向きにぶら下げると、ソケットのハンダが自分の熱で溶けて、ソケットを残してガラスの部分だけ落ちてきたことがある。下向きではそれだけ熱がこもると言うことだ。

| | コメント (0)

プレモル今年の黒登場

Premalblk2016いやはや、またまたプレモルの黒が登場する時期になってしまいました。黒ビールの違いは今一わかっていませんが、モルツの黒はシュバルツなのだそうだ。この前はよなよなのナショナルトラストがうまかった記憶ですが、あれはポーターだそうで、上面醗酵のエールビールなのに対して、シュバルツは下面発酵のラガービールなのだとか。香るプレミアムはエールビールと謳っているし、どれがどれなんだかよくわかりません。とりあえず独特のコクとわずかな甘みとプレモル系のすっきり感がとっても美味しい。よなよなは既にキリンと提携して大工場で作っているそうで、品質は安定するのかも知れませんが、マイナーブルワリーの希少価値がなくなってしまったような・・・。軽井沢では限定ものだけ仕込んでいるのかな。

| | コメント (0)

あったねぇこんなんSONY NT-2

Nt2_cmいやはや、この前からVHSテープで遊んでいますが、極楽メカはまだ直っておりませぬ。ようやく涼しくなってきて、よく寝られて朝起きられませんねぇww。もっと寒くなって布団かぶって寝られるようになるのが待ち遠しい。しかし今年は台風当たり年でありますね。いやしかし、世界遺産はなんだかいつの間にか複数スポンサーになったのかと思っていたら今はCanon提供になっていますね。BSでの放送がなくなって、残念な限り。CD-4の二の舞の3Dも当然のように既に消えましたか。世界遺産はやはり緒形直人のナレーションで、鳥山雄司のSong of Lifeの頃がよかった。ノーマルNTSCなので画質は見劣りするものの今より魅力的ですね。その合間にあるSONYのCM。今見るとおもしろい。これは1997年くらいですかね。あったねぇなんか切手のようなサイズのテープのDAT。さすがに持っていませんが。

| | コメント (0)

これはうまい大粒冷凍ブルーベリー(ふるさと納税)

Oshika_blueberryいやはや、初のふるさと納税シリーズであります。またまた巨大なつぶつぶの完熟冷凍ブルーベリー1.5Kgであります。大鹿村騒動記で有名になった?長野県の大鹿村産であります。長野やら中央道沿線は結構ブルーベリー栽培が盛んなようですね。八ヶ岳とか小淵沢あたりでもでかい粒の売っていますもんね。天竜川沿いから見ると、東の山の中にまだ平らな谷間があるように見えませんが、見えている高い山々はまだその先にあるのですね。関西人の感覚では、位置的には諏訪湖の真南60Kmくらいの飯田の東側の山の中という感じ。いやいやしかしこれはうまい。そのままシャーベット風でも、ヨグルチに入れてもうまい。すぐ食べてしまいそうです。何せお年頃でアントシアニンとルテインが足りない。すこしでも気休めに?ブルーベリーも食しましょう。ちなみにもう今年分は売り切れたようです。また来年リピートしますかこれは。

| | コメント (0)

ディアゴのJAZZ LP1回目だけ990円

Milesdavis_diagolpJAZZ LP COLLECTION Kind of Blue MILES DAVIS Issue 1 9784813519713
いやはや、TVでCMしているまたまた変な全部揃えると超高額コレクションのLPシリーズの1つ目だけを例によって買ってみた。まあ990円なら買いますが、2980円と言われると、復刻版と思うと今となっては高い。ライダーも送料がかかるようになったものの、本は無料なので、本扱いのこれは、990円だけれども、またばかでかい箱に入ってやってきた。ジャケットはしょぼいが、盤は結構重い。しかもホコリが結構付いていて、なんだか中古のSP盤を持っているような感じ。かつて輸入盤と言えば、日本製の常にぴかぴかの無塵の出来映えに比べて、当たり外れが多く、糸くずが生えていたり、ラベルがずれていたりしたものだが、見た目にはそんな感じ。ホログラムシールまで付いていて、バンドル専用で単独で売るなと書いてあるが、まあ分離させて中古になったら出回るのでしょうね。しかしこんなの出されると、オリジナルを探す人が増えて、中古の値段が上がってしまうね。MadeintheeuMade in the EUていったいどこ?という感じ。ロシアだろうか。何枚発注したんだろう?よく作れたもんだ。このオリジナルを持っていないので、復刻版の音が良いのか悪いのかよくわからないが、普通には鳴っている。結構溝ピッチが荒く、ダイナミックレンジが小さいと言うことはないみたい。お気軽に聞くにはたぶんCDの方が良い音だろう。レコードで良い音を得るにはそれなりの良い装置がないとだめだろう。この前直したSL-6で鳴っているが、このレベルではCDの方が上だろう。自作のEQ+HPアンプが既に30年経っているので、一回電解を替えたいところだ。それでも鳴っているのだけれども、ベークの基板なんか黒くなってきているし・・・。と思いつつも、B面にひっくり返して結局全部聞いてしまった。今時、カッティング過程でデジタル機器が噛んでいるだろうけれども、とりあえずアナログ系だけで聞ける音は疲れない。しかしサラなのにホコリだらけだ。さすが海外製。まだEUには大陸は含まれないはずだが・・・。いや大陸製だとたぶん藁とか生えていそうだ。

| | コメント (0)

樹脂がパチなマグライト

Mg6b2_brokenMG6B-2 ¥390- China NO-BRAND
いやはや、ちょっと使えるがいけてないぱちもんシリーズであります。レンズは何のコーティングもないただのガラス玉ですが、35mmφほどあって、倍率が結構よろしく、箱には15倍と書いてありますが、お仕事柄部品を見るのにはちょうど良いサイズ。そして、今時の白色LEDが対象物を照らしてくれるので大変見易い。なのですが所詮大陸製、プラの材質がことごとくいけてない。ぺらぺらパキパキ。ゆえに、電池のまわりもアルカリに浸る前から割れてくるのであります。かつて、先端レンズ付き豆電球時代には、USA製のMAGNALITEが一世を風靡しておりましたが、あれもコインで蓋を開けるときに爪が折れたりしたものの、結構粘りのある強い樹脂だったのとは比較にもならない。仕方がないのでテープで巻き巻きして悲しいながらまだ使おうかというところ。なお電池は単4が3本直列、昇圧回路はなく、4.5Vと抵抗1本で白LED2コ直列を駆動しているのかな? まあ安いので良しとしましょう。

| | コメント (0)

虫ゴム

Valvetube241VALVE TUBE FOR BICYCLES No.,241 approx.1m 4549131140903 MAIN MATERIALS / Natural rubber MADE IN TAIWAN K-16P-10 B-030
いやはや、ダイ粗の虫ゴムであります。備蓄品はあったのですが、それも10年くらい経っているので、だいぶん変色しており、新たに買ってきました。とりあえずは備蓄品でリペアしましたが、また劣化したら替えればよいでしょう。昔は虫ゴムだけ入手しようと思っても、なかなかホームセンターのようなものが無かったので、自転車屋さんで換えてもらうくらいしかなかったのですが、1m/100円が高いかどうかは別として、便利なものを売ってくれているのはありがたいことであります。自転車用以外に、釣りや工作などにもご使用頂けます。とわざわざ書いてくれていますね。まあ生ゴムなのでプラとの相性がありますが、シリコンチューブが高価に感じる用途には代わりに使えたりしますね。プリンターのインクのタンクをつなぐのとか、インク系にも重宝しますね。

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »