« ようやく秋の空? | トップページ | へびホース »

ようやくエアコン掃除その1

Rasn225v6drTOSHIBA RAS-N255V6DR
いやはや、これはかれこれ10年以上も前にどこだったかのジョーシンの閉店セールでまとめて3台買ったうちの一つであります。3つ目のは半額になることもあって、安物だったわけですが、東芝製の安物がちゃちいことを知ることになった一台で、既に引退済みであります。2つ目のがこれで、これは、24時間換気に対応していたり、空気清浄器ついていたりして、今のところ動いていますが一度も大掃除をしていない。Rasn225_gero1幸い、今時の複雑な機構のお掃除ユニットなどは付いていないのでフィンを掃除するのは比較的簡単なのですが、せいぜいフィンにスプレーする程度。リビングではないので、油気はないものの、ローターの羽根の内側はカビでゲロゲロ、動かす度に胞子が飛んできそうであります。この部分を如何に簡単に掃除できるようにするかで、どちらか特許を取って欲しいものです。横から抜けると最適ですが、設置場所によっては抜けないでしょうから、左側の軸をはずれるようにして、ローターが抜けるようにならないものか。湿気った時に自動的に乾燥させる運転をしてカビやらゴミのを防ぐ機能があるものもありますが、限界があるでしょう。Rasn225_gero2この機種も、エアコンを切ってもしばらく乾燥運転をしており、フィンはあまりカビていません。お掃除ロボットの部分は、ある意味掃除は簡単で、そんなところ掃除するから自動化される意味をあまり感じない。それよりもこちらが問題。ローター=シロッコファンのフィンは内側にカーブしており、やってみるとわかりますが、うまく外側からほじくれない。ブラシを間に突っ込んでもうまくほじれない。要は泡的な洗剤をt吹きかけて、溶けたところで水洗いするしかないのですね。それ以外の部分もカビが付いておりますね。これは水洗いするしかなさそう。お部屋を片付けて、重い重い腰を持ち上げて、やりますかね。

|

« ようやく秋の空? | トップページ | へびホース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようやく秋の空? | トップページ | へびホース »