« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

WG1200のACアダプタ

Al1002242001AL1-002242-001 NECプラットフォームズ
INPUT AC100V~50/60Hz 200mA / OUTPUT DC12V 0.7A MADE IN CHINA
いやはや、NEWアクセスポイントのACアダプタであります。どこ製でしょう? 大陸製だけれども自社製か? 珍しくワイドレンジではなく、日本向けにPSEのみ表記してあります。変わった注意書きが書いてあります。「プラグを容易に取り外しできるようにしてください。機器をコンセントの近くに置いてください。屋内専用です。屋外では使用しないでください。落下させたり衝撃を与えたりしないでください。使用中表面が熱くなることがあります。」だそうな。ありがちな天井裏にACアダプタを放り込んで本体だけ外に出してあるような、安易なお店の設置のようなのはだめだと言っていますね。しかも異常が起きたらすぐ抜けるようにしておけとのことでしょう。Al1002242001_halfprotecterさすがに大陸製と違って、二重絶縁のマークは漢字の回の流用ではありません。プラットフォームズとはアクセステクニカが社名を変えたのですね。容量的には前のの半分ですね。このちんばなトラッキング防止はあえてそうしているのか、なぜか片側だけですね。面白いのはリードの引出がアングルになっていますね。これも壊れたら開けてみたいですが、どんな部品使っているかで寿命がほぼ決まってしまいます。天下の日本メーカーを信じたいところです。

| | コメント (0)

わりと熱いWG1200HP

Wg1200_42r8degcいやはや、新しいアクセスポイントに就任したWG1200HPであります。本体が小さいゆえ、熱がこもっておりますね。熱的には樹脂導熱構造であった8700の方が大きさゆえ有利だったかも。室温27℃くらいのお部屋で背面上部通気スリットは42℃にもなっています。HUBなら鉄のブックスタンドに貼り付けておいて放熱する手もあるのですが、これは電波が出なくなるからどうしたものか。夏の冷房なし部屋に放置動作は結構劣化が進むかも。

| | コメント (0)

ようやくGIGAでリンクした

Sc8108_passSC-8108
いやはや、さっそく直しにかかると、確かに。7番線がぽろっと取れてしまった。もう一度つけ直して再測定してみると。いけました。8線ともPASSであります。で、つないでみると、なんと一瞬で1000Mでリンク完了。直線距離高々5mほどですが、これで測ると18mいくらと表示されますね。CD管経由ではそれくらいあるかも。それでも難なくcat5e仕様でもリンクしてます。確かに1000でリンクしている機器間のスピードは速い。GIGAハブ買ったときにやっとくべきだったか。

| | コメント (0)

これは便利パチLANテスター

Sc8108_lengthSC8108
いやはや、しかも、この団扇のない型番ロゴといい、チープな樹脂といい、適当なプッシュボタンといい、安っぽい嵌め込みラベルといい、外観からはダイ粗レベルとしか思えないものの、なんと、キャリブレーションすると、いやしないままでも、どういう原理で測定しているのか、反射してくる時間を計っているのか?あまり短いとちゃんと出ないが、適当に線長を表示してくれる賢さ。7番が1.4mしかないと言うことは、何? サーバールーム側の受け側コネクタの圧着不良? なんとあろう事か、被覆を剥くときに芯線まで切り込みが入っていたようで、その後むにゅむにゅ結線して押し込んだときにそこが切れてしまっていた模様。

| | コメント (0)

案外使えたパチLANテスター

Sc8108_7ngnobrand SC8108 ¥2979-
いやはや、ループバックコネクタ用意して抵抗でも測るか、しかし暑いし狭いしやってられんわと思っていたら、3じぇんえんしない値段でパチテスターが売っていた。しかも液晶表示付き。パチものぼやき大好き人間としては、これはこの機会に回収せざるをえない。と、使ってみたら、悩みの解答がすぐに出た。7番が切れているて言うておる。それならそら繋がらないわ。

| | コメント (0)

どうしてもGIGAでリンクしてくれない

Cat5epatchjackいやはや、おうちネットワーク増強工事の続きであります。1000BASEでは芯線が8本いるので、予備に通してあったCat5EのUTPにコネクタをつけてつなぎ直しているわけですが、どうしても1000でつながってくれない。まるで昔のNetgearのHUBのよう。いや、あれはたまにはつながったが、今回は全くだめそう。リトライして100に落ち着いてしまう。線がcat5e用だからと言っても、高々10mやそこらでつながらないことはないはず。試しに廊下経由で他の線でつなぐとつながるし。コネクタのところでインピーダンスが乱れているのか。たしかにこのパッチ盤用のコネクタも6用ではなく、cat5e用で、昔展示会でもらったやつだ。思えば、もう少し余長を取ってあれば、最近のNAiSのフルカラー用のCat6モジュラージャックのように、変にバラ線を加工するよりプラグを付けて挿してしまった方が確実かも知れない。サーバールームもあと1m残してあれば、プラグを付けられたのだが・・・。というわけで、さてどうしたものか。

| | コメント (0)

樹脂フレームに放熱とはこれ如何に

Wr8700insideWR-8700N 稼働5年で故障
いやはや、おうちネットワーク増強工事の停電に伴って、再起不能となったWR-8700Nであります。これが日本製できっちりきれいに作ってあるのですが、とても厳重な硬質な樹脂ケース。大変開けにくい。カバーの内側にまたフレームがあります。そして驚いたことに、主要チップ2個は導熱PADを介して、この樹脂フレームに接続されている。樹脂はPCですが、どれくらい放熱効果があるのか?フレームとカバーの隙間の煙突効果を狙っている風。さてその接触しているチップ2つは、この手のルーターのスタンダードか、ATHEROSのAR7161とGIGAスイッチのAR8316の模様。今時で、ローカルレギュレターが6つもあります。しかしどれも異常がない。全く起動し始めないので、クロックなのか、winbondのROMもついておりますが、プログラムが飛んだのか。HUB側も死んでいるし。

| | コメント (0)

いつまで持つかAPDのACアダプタ

Wa18g12uAPD WA-18G12U 12V1.5A BUFFALO INC でPSEマーク付き
いやはや、水牛の有線ルーターのACアダプターであります。20110806製造と書いてあります。もう5年も経っている。ちゃんとシリアルもあるところから、ある程度まともかと思われます。水牛ではuni5をよく見ますが、APDに移行しているのか。壊れたら開けて見ますが、ある程度大きい会社のようではあります。それほど熱くはなっていないのである程度は持つでしょう。パチコンを使っているACアダプタですと、しばらく通電していないで使い始めると、パチコンが乾燥してしまっていて、いきなりつぶれたりします。しかし日本メーカー品だと、20年前のPC98でも平気で再起動しますから、やはり要は電解ですね。さて、このACアダプタも水牛の言う、トラッキング防止構造とのことですが、これもスリーブをかぶせるでなく、極間に溝を設けて縁面距離を伸ばしているという言い訳のタイプ。これはエセですからJETでも指摘して欲しいものであります。現実、実使用の環境では溝はホコリが余計に溜まってトラッキングしやすくなる可能性がありますから要注意です。

| | コメント (0)

ハイジ一気見2016

Heidi_ikki2016いやはや、ちょっと遅れた書き込みですが、またまた例によって、アニメ一気見の季節であります。こんな37℃もある日に外に出てどうする。冷房の部屋でアイスコーヒーと梅サイダー飲みながらなつかしアニメを見ないと。なんて真剣には思っていないのですが、何せ2日連続で、1日12時間もやられるとつい見てしまって、すぐに夜になると。昨今、トライに冒涜されつつあるハイジですが、ユーポスのキティーちゃん以上に深刻であります。アニメなんていくらでもいじれてしまうところから、ホットペッパーのように、もっと実写のアテレコに努力してもらいたいところ。セバスチャンに連れられて、デルフリ村に戻ってきたあたりから、やや記憶が薄いところから、後半に注目。何度見てもよろしいかと思います。次はトムソーヤの冒険が久しぶりに見たいなぁ。

| | コメント (0)

新ルーター

Bhr4grv_BUFFALO BHR-4GRV ¥5061 2011/9
いやはや、いつ買ったのかと思って見てみたら、もはや5年も前だった。BBR-4HGでは、NECのVDSLモデムとの相性で、リンクが切れてしまうので間にHUBを入れたりしていたが、こちらは外してみているがいけている風。動きも速いし、LANポートはGIGAだし、DHCPの割り当て範囲の指定がちょっと互換性が無くて中抜け指定をしないと同じにできなかったが、それ以外は良い感じでもっと早く換えるべきだったという感じだ。ACアダプタがちゃちいゆえにこれがいつまで持つかにかかっているかも。そして、おうちLAN増強計画は、このLANポートをGIGAで引いてきたいところから始まったのでありました。ところでそれなら、そのNECの壊れたアクセスポイントの代わりの無線ルーターをそこに置けば良いのではないのと言うことなのだけれども、うちのサーバールーム(お風呂の天井裏)に無線ルーターを置くと、電波が届かないのです。

| | コメント (0)

アイスロボ出動2016!

Icerobo2016いやはや、今年はまたまた例年になく、死にそうに暑いですね。すでに皮膚は溶けて汗疹だらけであります。冷房温度設定28℃だなんて、だれがそんなバカなことを言い出したのか。冷房は26℃に設定して、頭が働くように、快適に作業ができるように、効率が上がるように、そして経済が回るようにしなければなりません。電力需要それも火力で95%まで行っているとやや危険ではありますが、点けたり消したりしてピークを重ねるよりは、一定温度で軽く運転し続けて維持する方が得策でしょう。
さて、これは先月の絵ですが、撮り方もだらしないですが今年の梅シロップ完成を祝って、アイスロボでかき氷であります。これはうまい。

| | コメント (0)

とうとう引退のBBR-4HG

Bbr4hg_retireBUFFALO BBR-4HG
いやはや、おうちネットワーク増強工事の発端は、このルーターがそろそろ限界、すでに数年前に購入済みの新しいやつに交換しようと思いつつ、SETUPするのが面倒で、動いているからいいかと放置していたもの。ある意味いわばデファクトスタンダード的普及型ルーターであるこの機種、最盛期は2千円台で売っているという安さ。しかしそれでもある程度は動いており、たまにHUBごと動かなくなったり、特定のHPだけ見えなくなったりと、やや不安定さも見せつつも、かれこれ10年動いたえらいやつであります。HUB部はワンチップCPUに含まれているのですね。ゆえにHUBごと調子悪いことがあるのも頷けるか。まあしかし、パチ電解も膨らむこともなく、良く動いていたと言えるでしょう。設定は入ったままなので、バックアップ用においておきましょう。

| | コメント (0)

おNEWアクセスポイントPA-WG1200HP

87001200hpNEC PA-WG1200HP 4549383186544 ¥5020-
いやはや、仕方がないので代わりのWi-Fi親機を購入。アクセスポイント専用機は選択肢が無いので、同じのを買っても今一であり、11ac対応のルーターを購入。安くなったものであります。月間Webポイント500円引きを使って5020円でした。開けて見てびっくり。害虫のような不気味なテカリの樹脂、大陸製で、えらい小さい。そしてこれがまた、設定画面は細かくて見易くはなっているのだが、同じように動くまでに一苦労。暑い中イライラしながら丸一日以上費やしてしまった。お写真は奥が、こわれた8700、手前が1200HP。

| | コメント (0)

Wi-Fiアクセスポイントが御昇天

Fault_wr8700いやはや、これはNECの無線LAN親機といいますか、アクセスポイントWR-8700Nであります。おうちネットワーク増強工事に伴って、一時電源を切ったのが運の尽き、次に通電しても起動しません。平日の日中、エアコンのない暑い部屋で無風でがんばっておられたため、熱さで御昇天されたものと思われます。5400の時は、電解が破裂しておりましたが、こちらは電源系を見てみたものの正常です。が、BOOTしない。FLASHが飛ぶとも思えないし、CPUが死んでしまったのではないかと思われます。それ以上追跡していませんが、とりあえず5年以上動いていて、日本製であり、非常に安定しておりノントラブルでした。特定の機能を除いては良い装置だったのですが・・・。過去、親子セットで3万以上した、Wi-Fi黎明期から数えると、いくつめでしょうか。家庭用Wi-Fiは熱さゆえかやはり数年で壊れますね。まあ替え頃と言うことであきらめましょう。中身の意外な構造は次回にでも。

| | コメント (0)

隙間で苦戦のネットワーク増強工事

Creviceworksいやはや、もはや、サザエさんシンドロームも越える時間になりました。10年前はそんなにはやくGIGAが家庭にやってくるとは思っていなかったので、マンの電話用にお部屋に引いてあるCD管に通したUTPは、真ん中の2本を電話回線に、残りをcat5に使用しておりました。2ペアで100M出るので特に遜色はなかったのですが、HUBやらその他がGIGA対応となってくると、ルーターとお部屋のHUB間をCAT6でつなぎたい時期に。当初通線したときに、将来のためにもう一本UTPをこれがまた単線仕様のUTPを2本、22mmのCD管に通すのは結構大変だったわけですが、予め通してあるので、それを引き出そうという魂胆。でも棚を動かすのは超大変ゆえ、この隙間で何とかしようと言うわけです。

| | コメント (0)

暑いお盆

Kamoriver160702_2
いやはや、なんやかやとしているうちに、GWはおろか、お盆になってしまい、それももう終わろうとしているという悲しい現実であります。本年、五山の送り火の16日は、豪雨になってしまったようで、中継の映像も火が見えないという、登られた方々大変だったでしょう。お写真はその少し前、7月であります。しかし暑いですな。外に出るだけでよろけそうです。わたくしはとろけてへたっておりまする。はやく冬にならないかな。この炎天下の甲子園の人たちの気が知れません。さて、ぼやきネタは山ほどあるのですが、何せしんどくてなかなか書いている時間がない。このところさすがに眼が弱くなって、パソ画面も一日中見てられません。飛蚊症のゴミも増えるし、踏んだり蹴ったりですかね。

| | コメント (0)

DCモーターの壁掛け扇風機とはこれ如何に3

Ckbd301_powersupNT002/03-01-10
いやはや、DCモーターの扇風機の続きであります。DCモーターゆえ、AC100VをDCに変えておる訳ですが、予想通りというか、いわゆるスイッチング電源の小さいのが内蔵されておりました。プラグを挿していると常時通電されており、この扇風機の寿命は、モーターよりもこの電源の電解と言うことになるでしょう。NEWTRONと書いてあります。電解は見たことがないロゴであります。JCROと読むのでしょうか?構成や部品は普通です。ACの入力ケーブルは直ハンダですが、若干芯線が切れてますね。とりあえず基板の入力にFUSEがあるので、燃えることはないでしょう。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »