« とうとうバッテリー交換 | トップページ | DCモーターの壁掛け扇風機とはこれ如何に2 »

なかなか唸らせるアイシンウォシュレット

Cwk31_pwbいやはや、もう捨ててしまったが、中を見て実は安物ではなかったこの一品の唸りどころを覚えている範囲で書いておこう。思ったより中身が詰まっており、これは198クラスでは全く無理、398クラスでも厳しいか。498でもまだ足りない気もする。色々トラブルのノウハウが蓄積されてこうなったのか、大変勉強になる作りをしている。細かく言い出すときりがないが、防水対策がかなり考えてあることと、人が乗るとやはりしなるのだろう、中の基板を外殻からバネで浮かせてあることがびっくりした。やはり水をかけるなと言っても水を掛けて洗われることもあるのだろう、基板は内枠に入れて全体が樹脂で固めてある。コネクタも線の根元をシリコンで固めてある。水量の調節がボリュームになっているゆえ、この軸から入ってきた水はうまく下に流れるようにしてある。ここまでしてあると、普通の室内の使い方なら10年持つだろう。結局ピコピコしたまま使っていたが、左の方、よく見るとちょこっとテストポイントのようなものがある、これがあれみたいだ。ここでタンクを替えるか補修するかしてみても、もう10年越えとなると他の部分とのバランスもあるからねぇ。十分良く動いてくれたと言うべきだろう。
全然関係ないが、選挙のテレビにおっと、Revolution No.8のモーリンロバートソンが出ている。さすがに歳取ったね。

|

« とうとうバッテリー交換 | トップページ | DCモーターの壁掛け扇風機とはこれ如何に2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とうとうバッテリー交換 | トップページ | DCモーターの壁掛け扇風機とはこれ如何に2 »