« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

リベンジならずか欠陥ID-24J

Id24j_sonogo2いやはや、もしや1年持ちこたえるかと思えた、ACF圧着不良のID-24J 追加熱圧着後でありますが、残念! 梅雨時期を迎えセグメント断線再び という感じであります。エアコンかけると温度に加えて湿気の変化もあることから、またペリッとめくれていると言うか浮いているのだと思われます。さあどうしたもんか。

| | コメント (0)

プラズマクラスターを延命しよう

Izcb200_reset_2いやはや、これはプラズマクラスター25000のIG-B200のプラズマユニットIZ-CB200であります。これがまた定期的に動かなくなって、6千円も7千円もするので、と言いつつすでに2つも転がっているわけですが、プラズマクラスター7000のユニットを交換しなくてよいやつならさらを買えてしまう投資価格であります。そこで興味を示すのはHIFの10ピンコネクタなのであります。これ以外に丸こい車用と、小さい四角のもあるのですが、どれも同じHIF10ながら、ピン配が異なっており互換性がありません。中には積算時間を記録しているシリアルROMが入っているわけですが、これもこのでかいやつと小さいやつでは中身が違う。小さいやつは値が増えていくが、この大きいタイプはカウントダウン方式の模様。新品の時にデーターを吸っておくんだったと思いつつも、化かしてみると動きますねぇ。そんなわけで、針を拭き拭きしつつ3つのユニットをローテーションさせて延命しようというお話でありました。お写真は、MOOKに付いていたUSB接続のPICのボードでシリアルROMを読み出しているところ・・・。良い時代ですなぁ

| | コメント (0)

壁掛け扇風機引退

Fw300br_neckいやはや、これは例のトヨトミのやたらに首振りが速い、シンクロナスモーターが実は正規のではないのがついているのではと疑っていたFW-300BRである。この機種、首振りが速いのは大目にみるとしても、首振りのメカがチャイニーで、取って付けたような構造であり、やはり高速首振りに耐えていなく、1年後には油ぎれして異音を発するようになった。グリスを盛ってやったものの、次は、頭の重さに首の樹脂の強度が足りていなく、ヒビが入ってしまってガタガタになってしまった。微かに見えるラベルには、「設計上の標準使用期間10年」と大盤振る舞いだが、首を振らなければメインのモーターだけは持ちそうだが・・・実用やはり3年程度か。そよかぜやリズムモードがなかなかよい回り方をするのでまだ捨てるにはもったいなく、仕方がないので、首を振らなくても使える場所に移動した。この手のものは500円原価が違うと相当な部品グレードの違いと思われるが、大量に輸入されてばらまかれると、店頭では販売価格が逆転していることも考えられ、はたして中身がどうかは人柱の方を参考にするか、自ら人柱となるかで、正直買ってみないと外観からではわからない。これも外観や基板はきれいで10年とはいうものの、メカがちゃちで、グレードとしては下の方だった。昔の銭湯にあったような、国鉄の電車の天井についていたような、紐でON/OFFする質実剛健なやつは売っていないのか。いや作っていないのか。

| | コメント (0)

とうとう壊れたウォシュレット

Cwk31_brokenいやはや、INAXタイマーの例のウォシュレットというか温水便座がとうとう寿命であります。マンションに付いていたやつなのでディベロッパー向けのローコスト品というイメージだったが、開けて見てびっくりかなりまともに作ってある。しかも日本製。気にしていなかったが、製造元はアイシン精機である。それゆえこんな結構な作りなのだろう。これくらいなら、10年持って当然というか、惜しい。壊れたのはお湯のタンクだ。いつの頃からか水漏れしていたようで、タンクに亀裂が入っている。まあ無理して直せなくもないが10年越えなのでこれ以上はという感じだ。どこがよくできているかというのはまた次回以降にでも。まあしかし難点を上げると、便座がちゃちくてきしむこと。初期のTOTOのようなふんだんな気持ちのよい水流でなく、結構下品なダイレクトな水の出方をすることだったかな。まあよく動いてくれたと言うことで引退いただこう。お写真はお湯のタンク(結構でかい)であります。

| | コメント (0)

回らないどこでもベープNo.1つづき2

Docodemovpno1nitto5000いやはや、回らなくなったどこでもベープを直して使おうの続きであります。結局この旧バージョンは、薬液カートリッジとファンのクリアランスが足りなく、カートリッジが膨らんでくると回らない宿命のよう。電池だけ交換してLEDが光っているので動いているのかと思いきや、モーターが抑えられていて唸っているだけでファンは回っておらず、結局薬剤も拡散していないという落ちのよう。で、結局カートリッジを浮かせるしか方法がなく、少し両面テープで浮かしてはり付けようかと思ったところ、Docodemovpno1mirai日東5000を片面だけ貼り付けて挟んだだけでちょうど回るようなのでこれでしばらく様子を見ることに。これで車の中なら数分回せば十分入ってきた蚊は落ちてしまう。そういえば、このまえ安売りしていた新型が家にあった。未来、5倍というやつである。おっと、ちゃんと欠陥が改良されている。これなら少々カートリッジが膨らんでもファンに当たることはないだろう。

| | コメント (0)

今年の鳧(ケリ)

Keri20160605_2いやはや、今年もキーキーうるさいケリのヒナであります。田植えまで生き延びられるか。だいぶん大きくはなっているものの、いまだカラスの標的であります。数日前までは3羽見えていたのですが、最後の一羽となってしまいました。今年はやたらにでかいカラスが多い。集団で襲撃されたらひとたまりもないでしょう。

| | コメント (0)

ようやく訪問新規開店スービバプラス

Supervivap_izumiいやはや、ゴールデンウイークにようやく新規開店のスービバプラスに行ってきました。まあここなら堺浜のホームズのようにはならないでしょう。人口も増えたし、一戸建ても多いのでDIYする人も多いでしょう。大体同じ感じかと思いつつも、若干狭いような。寝屋川の方がマニアックなものがあったような気もしないでもない。まま、若干通販よりは高めは仕方がないとしても、工具にしてもネジにしても実物が見られるのはよいですね。板の半尺ものを用意してくれているのもありがたいですね。LaLaは興味がないんですが、こちらはまま比較的近所にできて嬉しいところであります。しかしこういうのが小学生の頃に近所にあったら、毎日通っていたでしょうね。

| | コメント (0)

回らないどこでもベープNo.1つづき

Dokovpfandrillいやはや、ファンと薬剤カートリッジがこすれてしまってファンが回らない。薬剤カートリッジも、はじめは平らなんだが、だんだん膨れてくるようで、もう少し隙間があれば良いのだが、この旧型はそうなっていない。もう少しファンが下がらないのかと思って、軸を貫通させて下に下がるようにしてみた。が、だめだった。すぐに今度は下に擦ってしまう。もう少しカートリッジを持ち上げるしかないのか。

| | コメント (0)

CASIO電波時計ID-24Jその後

Id24j_sonogoいやはや、ACFの加工不良で製造欠陥の疑い確実である、ID-24Jですが、ACFの再加熱圧着修理後の状態であります。もうちょっとで1年ですが、夏場と冬場を越えましたね。今のところ表示は正常であり、ACFさえ正しく熱圧着されていればこんなことにはならなかった感、大であります。バーコイルがでかいので、電波時計の感度はよいこともあり、まあこれはこのままつぶれるまで使いましょう。

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »