« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

アーレンキーセット(インチサイズ)

HexkeywrenchinchiHAND TOOL-ROTATE No.130 K-15-P6 K290 HEX KEY WRENCH 4984343565296 Made in TAIWAN ¥108-
いやはや、久しぶりの今日のダイ粗であります。定期的に新しい粗品を開拓に行っております。今回はインチサイズのアーレンキーセットであります。ふと見るとこれだけはぐれてぶら下がっていたので回収してまいりました。なにゆえインチサイズなのかでありますが、何用を目的に売っているのでしょう? 1/4,3/16,5/32,1/8,3/32,5/64,1/16,0.05の8本組となっております。残念ながらたまに欲しい、0.035と0.028は付いていません。
Hexkeywrenchinchi2一応、CRV鋼と書いてあります。クロームパナジュームであります。特に細径のものは、粘りがないとすぐ折れてしまいますが、CRVはねばる点で棒工具には最適ですが、本物かどうかは? もっとも、一番細いのが付いているセットでも有名メーカー品で数百円ですので、これが安いのかどうかは微妙。いわば6角の棒を切って曲げただけですので、妥当な値段とも言えますか。一番細いサイズからの2サイズは、棒の精度が出ないためか太い方にセットがずれております。ある程度太いサイズは、ある意味近いミリサイズでも舐めるほどはずれないので使えなくはないものの、細いやつほど合っていないと、空回りさせてしまってネジ側を舐めてしまうともう回りませぬ。Hexkey0r05tipこれがたまに、メタコン系の止めネジやら、つまみの止めネジに使われていて、ミリでは合わないことが。そう言うときに使うものですかね。実測ではS=1.25mmとなっており、ほぼ1.27という感じでしょうか。断面は、使用には支障ない程度の断面でしょう。なお、わたくしはそもそもの六角棒とのつきあい始めがチャリンコであったため、どうしてもこれをアーレンキーと呼んでしまいますが、ちゃりとは疎遠の系統の方にはアーレンキー?何それみたいなことを言われたりして。

| | コメント (0)

エアーカウンター:処分価格

Aircounteronmantlエステー エアカウンター 4901070908929 ¥1980-税抜き
いやはや、これは一時一世を風靡した、有志エステーが超短期間でリリースした、国産家庭用放射線測定器であります。その後改良版がいろいろ出たこともあって、初期型は在庫が残っているようで、しかもアルカリ電池が装着済みであるゆえ、そろそろ電池の賞味期限(2016/11だった)が近づいており在庫処分を始めたようです。安定値が出るまでの時間が長いものの、ちゃんと作ってあり、ハードウェア的興味でうっかり買ってしまいました。当時、そのまま運送伝票を貼って発送できるように準備されていた段ボールの箱は、だいぶん封印テープも劣化してきており、それゆえの外装不良扱いなのか、5年の歳月を感じさせるところであります。中身は全くの新品。写真は例のマントルを測ってみているところ・・・。まあ、ちょっとおにぎり大で大きいのが難点かな。

| | コメント (0)

2つめCOWONのAC1:処分価格

Ac1_no2COWON AC1 ブラック AC1-8G-BK ¥4850 8809290185013
いやはや、相変わらず国華園とドライブレコーダーで検索されているようで、検索上位に上がっておりますが、それ自身の記事はありません。仕方なく覗いてみると、お花と野菜の苗に混じって、ラティスやお庭グッズだけかと思いきや、何やらへんなドライブレコーダーを、中華価格で扱っておるのですね。しかしやすくなったものであります。まあ1万円以下なら、1年動けばよいと割り切って買ってみるのも良いかも知れません。この値段でどんな作りでどんな部品を使っているのかの方が興味あるところ。実用に耐えるかどうかは、まともな積み上げ価格で4千いくらなら、いくら産地直送でもろくな作りではないのは目に見えているでしょう。さて、それを横目に見つつ、今使っているのが4850円で処分されていたのでもう一つ買ってしまった。新品だがしばらく眠っていたようで、しばらく充電してみているが、例のリチウムポリマーが膨らんでいると見られ、ブチ切れする。それ以外はお部屋で動かしている限りはちゃんと動いていそう。産地がやや気に入らないが、物はかなりまともなので、これはお買い得だろう。まあこの値段でWiFiやGPSを望んではいけないでしょう。

| | コメント (0)

電動ドライバー用ビット

Screwdriver37Screwdriver No.37 4984343671522
いやはや、久しぶりの今日のダイ粗であります。定期的にはゴミの観察に行っておりますが、あの海沿いのピンクのでかい倉庫にはどれほどの大陸からのゴミが集積されているのか興味あるところ。しかし昨今、大陸のゴミは売れなくなってきたのか、押し寄せる半島や大陸からの空港急行組は、100円ショップで自国製ではない日本製表記物を物色している始末。その需要のためか、ここ1~2年での日本製の増加は歓迎するべきなのか、いや、日本製にふさわしくない雑い大量生産物はあえて出して欲しくないものであります。さて、これは電動ドライバーの6.3に嵌る#2のビットであります。これは大陸製ですが、どんなもんかと思って試しに購入。材質はS2鋼と書いてあります。メッキは安っぽいニッケルメッキか。Bit2tipdiff先端を見てみると、左がこれ、右は比較用に日本製のもの。微妙に切れがなく精度が出てなさそうな先端ですが、見たとおりで、ネジが食いつきません。右側はのは非磁性ビスでも食いついて落ちませんが、これは全くだめ。さすが大陸製ですか。しかしまあ、同様に大陸製の精度の出ていないプラス溝ネジと組み合わせて磁力でひっつけるならちょうどなのか。どうも最近ではプラスネジのネジ溝にビット先端が食いつくという感覚が貧相工具の世界ではないようであり、話が通じなかったりします。昨今大陸の量産では、プラスネジでは精度が出ていなく作業性が悪いので、トルクスネジを使っていたりします。この場合、ネジ側がガサイのでかなり遊びがあり、そもそも食いつかないので、食い付きは磁力で吸着させてカバーするというなさけないネジと工具の関係ですかね。

| | コメント (0)

コードレスクリーナーの電池

Amv10v8kPanasonic 充電式掃除機用電池 AMV10V-8K¥2545-
いやはや、これはパナのハンディークリーナー MC-B20JPの電池であります。この掃除機、値段の割にはよくできていて、パワーノズルもくるくる強力に回るので、便利なんですが、調子よく使っていたら、1年ほどで電池が持たなくなってきました。調子よくとは、使い終わる度にまだ電池は残っているのに、充電スタンドに立てる使い方であります。残念ながらこの製品、値段ゆえ、電池がニッカドであります。急速放電&充電となると、なかなかニッケル水素では厳しいのか、また、この値段ではリチウムは無理。となると未だにいろいろ売られている安価な電動工具同様、ニッカドのお出ましであります。簡単な充電回路と、簡単な保護回路での急速放電に耐えるのはやはりニッカド・・・。しかも見ると大陸製のBYDであります。BYDのカメラ用リチウムなんかは結構当たり外れがあって、全然使えるのもあれば、すぐだめになるのもあるが、平均的にはまあまあという印象。本体全部で8千円ちょっとのところで電池が2500円となると、若干思案するところではありますが、まあまだ安い方か。例によってローズセルで、組み直しかと思ったものの、単2クラスのセルを買うとこの値段では収まらないのでまるごと買った方が安い。ということで、また元気に動き出しました。今回の教訓としては、一旦パワーがへたってきてから充電スタンドに乗せると。

| | コメント (0)

よなよなウィジェット

4747widget47478688
いやはや、このヤブーのリアルエールのスパークラーがどうなっているのか、ぐぐれば出てはくるのだが、やはり自分でばらして実物を見てみたい。どういう構造なのだろう。実はだいぶん前にばらしたままおいてあったものの、邪魔になってきたのでさっさとぼやいて捨てようと言うことである。しかしまあ、見学に行ったとき、あちらの方も説明されていたが、短縮JANコードにまで凝っていて、よなよな=474786なんだとか。確かに。注いだあと、缶の中に少し残っていて出てこない分がある。Widget_centerholeその部分は気体が入っていてビールの液と入れ替わるわけで、(説明が純君風だ。そういややっと今週、遺言の後半だ。先週、内田有紀がペコちゃんしていた。シリーズをあらためて全部見ると、確かに壮大なスケールだ。)中身が少しもったいない。その分は普通には出てこなく、中の樹脂をもいだら出てきた。底のアルミにひっついているわけだが、これが尋常でなく強力に融合しており、簡単には取れない。樹脂は燃やしても塩素のでないような質のもので、缶にはこれが付いたままリサイクルできると書いてある。Widget_sidehole見学に行ったときの説明では、このスパークラー付きの缶は日本では手に入らないので、UKから輸入しているのだとか。パレットに不揃いに並んで積まれていたが、このスパークラーウイジェットには、はじめから窒素が封入されているのだろうか? ウイジェットには2つ穴がある。拡大してみると、貫通しているが、薄い膜を貼り付けたような形跡があり、しかももう一つ封印したような穴のあとがあり、常圧程度に窒素を封印してあるのだろうか。その2カ所の薄い膜が、缶を開けたときにそんなにうまく破れるのだろうか。そしてビールを封入したとき、逆に内圧で内側に向けて破けないのだろうか。そのあたりがやや不思議だ。Widget_sealhole衝撃注意とも書いてあるのは衝撃で破けることもあると言うことか。缶の状態でUKから運ばれてくるときに破けないのだろうか。それも不思議だ。初期型は、無地の缶にビール瓶のように紙ラベルが巻いてあったらしい。今のは印刷されているが、日本では考えられないくらい印字品質が悪い。全体に滲んでいる。拡大写真は上から真ん中の穴の内側から、横の穴の内側から、そして封印したような跡のところである。拡大して気になるのは、ガスを封入して止めたような口のところにバリが一杯ある。Poppureenjoyfigビールを注ぐとバリが浮いてできそうだが、まあ飲んでもそのままでてくるだろうからあまり気にしないと言うことか。別の球のスパークラーの入っている缶は、原料に窒素も書いてあるが、これには書いてない。さて、このニトロプロジェクトのホームページにある図がこの缶の動作と形も原理もそっくりそうだ。まあでもわざわざ別のガス入れて泡作るよりも、最近流行の超音波で泡を仕立てた方がスマートな気もするが・・・。さて、このリアルエール、おいしいのだがアルコール分が5.5%あるので、酔ってしまってすぐ寝てしまうのが難点だ。

| | コメント (0)

電動カビキラー

Jjdendokabikillermekaカビキラー 電動スプレー 750g¥538- 4901609005136
いやはや、今日のこわれものシリーズであります。これはモーターと電池が付いているにしてはお手頃であるゆえ、つい買ってしまうわけですが、そのうち動かなくなるのであります。液がきついので、保管はヘッドを取り外してと書いてありますが、そんなじゃまくさいことをするわけがない。とはいえその蒸発した気体が影響しているのかどうかはわかりませんが、一応レバーのバネのみステンではなくサビサビですがそれ以外のネジはステンだったりして、ポンプの部分はかろうじて分離しておりギアはすべて溶けない樹脂製であり、電池の部分にも浸透しないようにとフタもパッキン付きで、ある程度は考えてある風。しかし全体にちゃちいゆえ、まあいいとこボトル2回でしょうか。電動でないタイプの付け替えでも、レバーはずっと使えるかと思うとそうではなく、液にレバー内部がやられてしまい、これも結局はボトル2回か、持って3回と言うところなのは通説であります。Jjdenkabimotorさて、うんともすんとも言わず、マブチ風コピーモーターの直流抵抗値は∞。ばらしていくうちに結局ブラシのところまで来てしまいました。どうもこのブラシと軸の角度か作りか精度か、グリスかがよろしくないようで、一旦浮いてしまうと、自力で回らないので抵抗値∞から抜け出せない。外から軸が回せたらよいのですが、ギアのギア比ゆえ、なかなか回ってくれません。しばらく回してこびりついているグリスを飛ばしたら一応回復。まあこの値段ですから質は最低ということで、まあこんなもんでしょうかね。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »