« AC-1のブチ切れ回復 | トップページ | エコでないインクジェットプリンターの終焉 »

ライダー電池で復活コードレス

Amaz_kxfan52KX-FKN525-W,KX-FAN52,HR-4UTG-AMZN(@¥172.5)
いやはや、ちょっと容量が少ないものの、気にせずまたまたライダーの単4ニッケル水素をはめ込んでみました。もとのよりちょっと短い分、逆にうまく配線するスペースがあったと言うべきでしょうか。太さはぴったり同じです。黒い枠が接着剤で付いており、容易には開封できなかったので、端子部を残してカットしました。なお、今回も一般向け禁止事項をいくつも無視して独自に工作していますので、他力本願寺の方はけして真似されないように。Amaz_kxin_kxfkn525本体による満充電状態で、単体受信待機すると、4~5日持っているので、この容量でも十分ではないかと思います。750mAhあるので、約10%減というか、こちらの方が日本製なので、案外長持ちかも知れません。今回は8本入りから2本使ったので、345円でした。だめになったらまた替えると言うことで。写真は最終テーピングした状態と、試しに入れて見ているところです。

|

« AC-1のブチ切れ回復 | トップページ | エコでないインクジェットプリンターの終焉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AC-1のブチ切れ回復 | トップページ | エコでないインクジェットプリンターの終焉 »