« ようやく秋の空か | トップページ | エアコンを掃除しよう(本格編) »

白光のハンダリール台

Hakko6111HAKKO No.611-1 4962615004186 ¥850- CHINA
いやはや、リベンジハンダリール台であります。あまりの粗具合にゲロと錆が出てくるので、あっさり捨てて買い直すことに。国産メーカーのハンダリール台と言えば、gootのST-51と、白光の611が思い浮かびますが、この前の大陸製ゴミ様コピー品の元はST-51と思われ、比較にはそちらという気もしましたが、白光の方が安くなっていたので、そちらをライダーでぽちしました。Hakko6112この同じものの古いのは、日本製だったかインドネシア製だったかの記憶がありますが、残念ながらこれはCHINAでありました。とはいえ、質は保たれておりますね。購入状態というのはこのように、整然と美しくなくてはなりません。きれいに梱包されております。また塗装もきれい。キズもありません。気持ちの良い開封状態であります。すばらしい。Hakko6113糸ハンダの引出口は、gootの片持ちリードアーム式に対してこちらは両持ちのセンターホール型となっております。大きな違いは、取っ手がこちらにはない。両持ちアームでぶらぶら持ち上がらなくもないですが、頻繁に持って移動させたい場合はgootの方が良いかも。まあそれほど必要ではないでしょう。昔、木で作ったような気もしますが、木でもアルミでも端材で作れそうな一品ではありますが、ずっと気になっていたのでやっと糸ハンダの鎮座するところができました。

|

« ようやく秋の空か | トップページ | エアコンを掃除しよう(本格編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようやく秋の空か | トップページ | エアコンを掃除しよう(本格編) »