« まあ使えなくもないCDクリーナー | トップページ | EP-802Aの目詰まりを復活させよう »

プラズマクラスターを掃除しよう

IG-B200いやはや、お掃除メンテナンスシリーズ、次はSHARPのプラズマクラスターIG-B200であります。プラズマユニットが結構高いので、ランニングコストは割高であり、プラズマユニットの中に入っているシリアルROMを書き換えてやろうかと、新品の時に読み出そうと思っていて忘れていました。それはさておき、内部の埃をいかにして掃除するか、これがまた非常にばらしにくい、はめ殺しの部分がいくつかあり、このクロスフローファンを露出させるのも結構大変。この前にあるガードなどはわざと簡単にはずれなくしてある感じ。Plazmafandustclnしかし、エアコン室内機のそれと違って、軸から抜くことが可能でした。ゆえに丸洗い。超、埃だらけであります。水洗いで一気にきれいになりました。エアコンの室内機も、簡単にクロスフローファンの部分を取り外せる構造にしてくれれば、どんなに気持ちよく簡単に掃除ができるかと言うものですが、誰か特許取っているのですかね、実用化されませんね。世に言うお掃除ロボットは熱交換機のフィンやフィルターの埃だけであり、そこは簡単に掃除できることからあえて自動化されても嬉しくもなく、変な機構が先に壊れるのが落ちでありましょう。ファンはせいぜい温風で乾かすなり、テフロン処理などして付着しなくする程度であり、内部でお掃除することは無理でしょう。しかもその形状からフィンは絶妙にカールしており、外からうまく掻いて拭けないのももどかしいかぎり。次回はとうとう最終手段で掃除したそちらの報告をいたしましょう。

|

« まあ使えなくもないCDクリーナー | トップページ | EP-802Aの目詰まりを復活させよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まあ使えなくもないCDクリーナー | トップページ | EP-802Aの目詰まりを復活させよう »