« ジャージの二人(再) | トップページ | コラージュアーティストにオリジナリティーを求めてはいけない »

ドラマWが地上波の100倍面白い

Pandora_eienいやはや、地上波の堕落は既に限界を超えているのか。もはや、見たいもの、いや見るに堪えるものが無くなってきた。深夜枠からゴールデンに進出してしまったが、YOUはまだ面白いね。ブログ旅も廃れたし、未だ続いているのは朝日放送に無下にされているタモリ倶楽部くらいなものか。それでも見ているのは、じゅるるの「空から日本を見てみよう」、とうとうSONYでなくなってマンネリ化してしまった「世界遺産」、もう地井さんが見られない「和風総本家」に「ガイア」、「カンブリア」、HELPがすでにこちらのテーマ曲と思われているところの、伸助がいなくても成り立っている「なんでも鑑定団」に、「WBS」か。そう言う意味では未だ元気な地上波はテレ東のみかも知れない。その他ではBSの「峠」もいいかな。「神社百景」は終わってしまった。そんな中、面白いドラマは連続ドラマW、ドラマWだろうか。毎回同じ面々という気もしないではないが、そしてUSのTVドラマほどの資金力はないにしても、CMなしで結構な力作ばかりである。暑いので、今回のお盆でたくさん溜まっているのを鑑賞した。これはパンドラシリーズの永遠の命かな。ジャージと異なる堺さん、ややクライマーズハイの延長の糸子はんが見られる。これまた個別にぼやきたいところではありますが、&過去にも力作がありましたが、「翳りゆく夏」、「スケープゴート」、「天使のナイフ」、「硝子の藁」、「贖罪の奏鳴曲」、「罪人の罪」なんかを鑑賞した。次は「死の臓器」を見始めたところだ。ちょっと地上波ではきついテーマかなと言うところがみそだ。

|

« ジャージの二人(再) | トップページ | コラージュアーティストにオリジナリティーを求めてはいけない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャージの二人(再) | トップページ | コラージュアーティストにオリジナリティーを求めてはいけない »