« またまたやってしまいましたエアコンのリモコン編 | トップページ | MM5837 Digital Noise Generator »

棚を作ろう

Stackingshelf3x3いやはや、棚の工作の話であります。昨今通販でなんでも売っている時代、いろんなものが物色できるわけですが、DinosとかNissenとかに載っている通販用に作られた家具は、デザインは参考になるものの、前に登場したふにゃふにゃパーチクルボードの企画倒れのヤンキー棚しかりで、とても買う気にはなれないもの。中には無垢の木で独自に作られているちゃんとした家具屋さんの作品もあるものの、とても買える値段ではない・・・。そんな中でまだまともそうなのが、無印良品IKEA、ニトリあたりでありましょうか。
Kallax_5x5なかでも無印良品のスタッキングシェルフはうまくできていて、板は本物の木をベニアというかランバーコアにした綺麗な質感のもので、一番工夫の必要な、如何にして連結していくかという問題を、板の中に鉄棒を2本通して繋げていくという外からは見えない丈夫な仕掛けとなっており、とてもすっきりした外観で参考になりますが自作には難しい構造。そして、数を買うとかなりお高い。IKEAのKALLAXはわりと安く、本体はパーチクルボードのようで積み上げるには難ありですが、フタとか引き出しのオプションが安いので流用できると使えるかもなのですが、升のサイズが33cmと少し小さく奥行きが37cmと深いのがいまいち。ニトリのは値段からして全部パーチクルボードのプリントでしょう。これはすぐにひしゃげてきそう。
Vine_lbox中にはこれのように、桐の板を見事に組み継ぎして作られているものもあり、工作心をくすぐられますが、これを手でやっていたのでは完成にこぎ着けられない可能性ありで、参考にとどめておくことに。
とりあえず結論としては、リビングに置くにはA4ファイルサイズに合わせた30cm角では少し小さく、中に無印の収納箱物が使えたりするところも加味して、なおかつ若干奥行きは余裕を持たせて300mmとして、升目はmujiを真似して375mmが良いかなというところ。さて問題は、どうやって繋げていくかなのですが・・・。

|

« またまたやってしまいましたエアコンのリモコン編 | トップページ | MM5837 Digital Noise Generator »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまたやってしまいましたエアコンのリモコン編 | トップページ | MM5837 Digital Noise Generator »