« ヘッドを消磁しよう | トップページ | バンコード丸ベルトつづき »

SL-Q6のベルトを直そう

Slq6_beltいやはや、これはSL-Q6であります。SL-6を治すのに、部品取りにと思ったら、結構構造が違っている。Q6は上の蓋を取り外すと、裸でうごく・・・。しかもかなり洗練されたというか、各部がすっきりしている。例によってカートリッジの横移動用の駆動ベルトが硬化していてうまく回らない。2φのOリングでも動くものの、ややぶとくて滑っている。1.5mmφのバンコードで作ってみたらばっちりですね。ベルト以外の部分についてはまた別書き込みで・・・。
Velt_splice2さて、そのバンコード版のベルトの製作ですが、何個か練習してだいたいコツがわかってきた。これくらいひっつけて、あとは削って仕上げればいけそう。2.0φはスービバに13円/10cmで売っていたが、1.5φは売っていなかったので太郎で購入。最近ライダーでも、レガシー伝達機構用のゴムベルトのかたまりのセットを売ってくれている人がいるが、細いのばかりで太いのが入っていない。千石に勘で買いに行くと、なかなかサイズが合わず、色々買うと結構な値段になってしまう。Velt_splice1その点、1.5φがあれば、色々作ってみられるので、大抵のものは作れるのではないかな。これは便利な素材であります。先人の方々の知恵をお借りして、&純正の接続治具を参考にして、100円ノギスで位置決めしてつなぎます。あまり押しつけるとずれてしまう。少ないとひっつかない。ちょっと盛り上がるくらいがちょうどかな。

|

« ヘッドを消磁しよう | トップページ | バンコード丸ベルトつづき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘッドを消磁しよう | トップページ | バンコード丸ベルトつづき »