« CDX-890の回路観察 | トップページ | 久しぶりの回転焼き肉 »

JA-50ESのベルト交換

Ja50esいやはや、ベルトシリーズ、次はMDであります。いやしかし、このJA-50ESですが、いつ見てもすごい物量です。実測14Kg。これがHi-MDだったらと思うのは前にも書いたとおりであります。とはいえ、ATRACとはいえ、この時点としては、結構いいバランスの音をしており、20bitに展開しているせいか、CDも一回録音して再生した方が良く聞こえたりします。BGM用には十分ですかねぇ。
MdwithgreenbeltミニFM局なんか送り出しにMDを使っている時代もありましたなぁ。FM放送の音源にはじゅうぶんかも知れません。そんなわけで大体はNetMDで吸い出したものの、まだ一杯あるMD-Diskをたまに聞くには生かしておかないと・・・。しかし左には、デジ用アナ用別の北村機電のRコアトランスが鎮座し、ごつい電源基板にごつい電解、基板はすべてガラエポと、昔で言う超弩級までは行かないまでものドレッドノート級ですか。Mdwithblackbeltさて、トレーを前後させる、唯一のゴムベルトに使っていた、お総菜のパックに使う緑の輪ゴムがまたまた伸びてきました。細いけれどもちょうどくらいの径のゴムベルトがあったので、それに交換。こちらは前出のYAMAHAのCDプレヤーのように途中から重くなったりしないので、これでもちゃんと動きますね。また伸びたら替えましょう。

|

« CDX-890の回路観察 | トップページ | 久しぶりの回転焼き肉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CDX-890の回路観察 | トップページ | 久しぶりの回転焼き肉 »