« 保温電球あれこれ | トップページ | 効果絶大なポリカの内窓 »

ストロボスコープとSL-6

Stroboscopeいやはや、これはTechnicsのSL-6のターンテーブルにaudio-technicaのストロボスコープ AT6180を乗せたところでありますが、今となっては電源周波数で点滅している照明が、これまた探さないとない時代。蛍光灯のシーリングライトでさえインバーターであるし、蛍光灯型電球もインバーター、ましてやLED照明では止まるわけもなく・・・・。仕方がないので紫外線ランプを付けてあった、小さい6Wの直管の付く器具にFL-6を買ってきて付けて照らしているところであります。管の影が映ってますね。思えばこの器具は、EP-ROMを消す用だったような・・・。このSL-6は後に出たクオーツロックタイプではないので、裏に半固定VRが出ていて、回転数を合わせるようになっています。レコードが聴きたくて、SL-6をオーバーホール中。なんとか治りそう。アナログレコード。なんていい音でありますこと。スクラッチノイズを除けば、これぞハイレゾ音源と争える音ですね。というわけで、SL-6オーバーホールシリーズが何度か登場しそうですか??ね。

|

« 保温電球あれこれ | トップページ | 効果絶大なポリカの内窓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 保温電球あれこれ | トップページ | 効果絶大なポリカの内窓 »