« 工場見学シリーズ・よなよなの里編その7 | トップページ | トムヤムクンヌードル »

工場見学シリーズ・よなよなの里編その8

Yahobrewin_lineallいやはや、続きましてよなよなの里編その8であります。あと2回くらい続くかなと思います。さて、工場のライン全景を載せ忘れていました。やはり流れからして上にエアコンの乗っている箱の部屋の中が充填機でしょうか。左側の幅の広いところが常温戻しエリア?となるとこの前の蛇腹ゲートはまた別のものでしょうか。右側に見えるのは、滋賀山下の樽洗浄充填機のようです。樽詰めもしているのですね。かたちからして手動で樽を逆さまにのせて左から洗浄して充填してやるやつでしょう。最近は洗浄もピュオロジェンとか安全な二酸化塩素のがありますから半自動でしょうか。Yahobrewin_empcantowerそして倉庫のエリアであります。大量の空き缶が積んでありますね。1パレット7000本くらいあるような感じですね。皆さんここで記念撮影をしています。Yahobrewin_cancapperformこれはぽむさんとなおじいさんによる、缶の蓋締めのパフォーマンスであります。上の開いた缶にビールを注いで、炭酸ガスを吹機ながら空気を追い出して、蓋をかぶせて間髪入れずに蓋締め機で密封するというわけですね。Yahobrewin_realalecanこちらは、スパークラー内蔵のリアルエールの缶ですね。これは日本になくてUKからの輸入品だとか。UKは梱包が下手ですからなんかがたがたしていますね。Yahobrewin_cancapそしてこれは缶の蓋、それより注目すべきは下のHOPUNIONの空き箱です。ホップはドライホップを購入されているのか。HOPUNIONのホームページを見るとびっくりするのがなんとたくさんのホップの種類のあること。そしてあちら(US)では、ホームブルーイングが盛んで、あちらは敷地がでかいですから、ガレージなんかでみなさんビールを造っておられるらしい。それゆえいろんな機材やホップが売られているとは良ろしい環境ですね。さて、いよいよ次回は、試飲が始まります。か。

|

« 工場見学シリーズ・よなよなの里編その7 | トップページ | トムヤムクンヌードル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 工場見学シリーズ・よなよなの里編その7 | トップページ | トムヤムクンヌードル »