« しまったHDD残量0% | トップページ | 使い捨てワイヤーブラシ »

土鍋でごはんを炊いてみよう

Donabe 日本製 萬古焼 三鈴窯 ごはん土鍋 三合炊き B005GYH5WQ ¥2380-
いやはや、この形をみて、思い浮かべるのは、万博の松下のタイムカプセル・・・。そういえば2000年に1つ目は点検のため開封されたのだったか。次は2100年だからもう生きていないわ。2つ目は5000年後だそうだ。地殻変動で大阪城公園も、日本があるかどうかも怪しいかも知れない。テキサスの地下炭坑から出てきたブロック塀と金槌のように、もっと地下深くとかカミオカンデと一緒に置いておく方が残っている可能性が高いかも知れないねぇ。
さて、電気炊飯器の釜に土鍋版があるくらいで、土鍋で御飯を炊くのが流行っているらしい。Donabedegohan大陸製のものは土に何が混じっているかわからないので、日本製のを買ってみた。飯盒だと火加減が必要だが、これの場合、土釜が暖まる速さと変化があるので、一定の火加減でうまく炊けるのだとか。確かに中火一定で炊いてみると見た目ふっくら炊けていて、まあまあおいしいがちょっと固かった。ちょっと淅す時間が短かったか。炊く前に20分以上淅すのと、コンロの釜のどの部分に炎があたるかと、その火の強さと、水加減がうまく行くとちゃんと底にお焦げが少しできて、柔らかいご飯が炊けるようだ。数回炊いてみてようやく、だいたいコツがつかめてきたところだ。まあ、電気の方が無難だが、停電してもカセットコンロでできるし、お焦げができて香ばしかったりしてこれはこれで良いのではないかね。

|

« しまったHDD残量0% | トップページ | 使い捨てワイヤーブラシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しまったHDD残量0% | トップページ | 使い捨てワイヤーブラシ »