« またまたプレミアムモルツ | トップページ | 旬の葡萄&イチジクセミナーその3 »

旬の葡萄&イチジクセミナーその2

Kawachiwine5いやはや、旬の葡萄&イチジクセミナーの続きであります。なんやかやしているうちに1ヶ月以上過ぎてしまいました。
これは倉庫の横に新しく作られたと思われる綺麗な展示室であります。一連の七福神シリーズの梅酒やら、星座シリーズのワインがディスプレイされています。瓶のラベルもデザインが特徴的で面白いですね。右上にたくさん並んでいるのは「兎に角」と言う梅酒で、芋焼酎で作っているのだとか。こんなにたくさん梅酒があると、梅酒好きとしては梅酒セミナーをして欲しいところですか。
Kawachiwine7指さして説明してもらっているのは布袋梅酒ですが、あとで試飲させてもらった感じとしては、喉がイガイガになりますが甘くて相当深い味わいでありました。ブランデーベースで相当熟成された梅酒に、梅の果肉やらジャムやらを混ぜているのだとか。ちょっと食前酒とかには味がきつすぎて向きませんかな。shopに売っていたミニボトルセットが気になるところ、今度行ったら買いましょうか。
Kawachiwine8これは展示室内の樽・・・、日付が焼き印してありますから中身が入っているようです。倉庫にあった樽とはまたメーカーが違いますね。こちらはSeguin Moreauとかいてあります。フランス製でしょうか。もう一種類、Nadalié Oakのエンブレムの付いた樽もありました。
オーク材は丈夫ですから、一回樽に使ったくらいではもったいない。古い樽財は展示室の内装に使われていました。こちらは天井に使われている樽材であります。Kawachiwine9ウイスキーメーカーでは、わざわざウイスキー樽に使うための風味付けに梅酒やらワインを漬けた樽を使うと言っていましたから、最終、樽材がボールペンの持ち手や家具になるのは何年先のことやら。しかし年季の入った樽材は何とも言えない質感がありますから、これで工作してみたいものですね。
なかなか書き終わらないので、またまたここで一旦書き込みます。
to be continue...

|

« またまたプレミアムモルツ | トップページ | 旬の葡萄&イチジクセミナーその3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまたプレミアムモルツ | トップページ | 旬の葡萄&イチジクセミナーその3 »