« 旬の葡萄&イチジクセミナーその2 | トップページ | 白木の踏み台 »

旬の葡萄&イチジクセミナーその3

Grapeseminarいやはや、旬の葡萄&イチジクセミナーの続きであります。なかなかまとめようとすると完成しないので、ばらばらと書き込む方が良いですかね。
さて、肝心の葡萄とイチジクとワインの試食試飲であります。展示室からまた道に出て、会場に戻りますが、途中にあるトイレにあまりゆっくり寄っていると、皆さんもう座って待っておられます。まずはたちばなやさんから葡萄のお話がありました。
Kawachiwine10よく冷えた葡萄3種類をいただきましたが、これがまたおいしい。よく見る丸粒紫色の藤稔とやや縦長のゴルビー、鮮やかな緑色のシャインマスカットであります。南阪奈道路なんかからは、山の斜面にある葡萄の畑が一杯見えますが、意外に近所のスーパーには地元の葡萄が売っていない。大抵は山梨とかあちらの方のものばかりですね。地元産のものは直売所や近辺の道の駅系に行かないとなかなかお目にかからない。Shinemuscat国華園なんかトレーラーで九州から運んできますから、野菜や果物類もよく見ないとそちら方面産だったりして。
これはシャインマスカットですが、最近は、ジベレリン処理がデフォルトなのでしょうか、種はないし、皮ごと食べられるし、全く苦みもえぐみもないし、めちゃくちゃおいしいですね。暑い日だったので特に冷たい葡萄は最高でした。
Figseminarさて、次はいちじくであります。いちじくといえば、昔隣の家からブロック塀越しに生えてきていた放置イチジクの木があって、天狗の団扇みたいな葉っぱを切ると、白い樹液が出てきて触ると痒い痒いのを思い出しますが、おいしいイチジクを食べたことがなかったというか、熟していないまだ青いところが残っている独特の青臭い味だとか、熟しすぎていて、ありとか虫が入っていて、そのまま蟻まで食べてしまって不味かったりとかで実はあまり買ってまで食べようと思わなかったのですが、おいしいものを食べると確かにおいしいですね。Kawachiwine11藤井農園さんからいろいろお話がありました。脱サラで家業を継いで3代目だそうで、いちじくをハウス栽培されているのだとかそれゆえ5月末頃から食べられるようになって、露地物が終わる11月頭まで食べられるのだとか。熟す時期によって大きさが違ってきて、9月以降はだんだん小ぶりになるそうな。お写真は、熟し度合いの異なる3種類のもの。右のが一番熟していて甘いですが、左のでも赤いところは十分おいしく甘いですね。アントシアニンを含んでいて食物繊維が多く、不老長寿の果物だそうな。
Ichijiku綺麗なイチジクはこんな美しいというか確かにこの味なら嫌いではないです。せっかくのセミナーなので、もう1つ2つ丸ごとみんなに配ってもらったら嬉しかった感じですね。残念なのが、お隣のお席におられたおばさんの扇子の独特の香水が強烈で、せっかくの葡萄やイチジクやワインの香りが台無しであります。食べ物の会に行くのに香水はやめていただきたいものですね。
Kawachiwine12次に葡萄といちじくを練り込んだパンであります。これがずっしりした重いパンですが、おいしいですね。いちじくパンは始めて食べました。なかなか、初めてのセミナーとのことで、大手セミナーに比べるとぎこちないところ多数でありましたが、せっかくお皿とお箸とお手拭きをはじめに配ってもらったものの、回収されてしまって、最もそれが欲しかったパンの時にはパンの置き場がないし手を拭くところがないという困った状態の中いただきました。
Kawachiwine13そして肝心のワインであります。好きなものをグラスに入れてもらいに行くスタイルですが、どれが好みに合うのかわからないので、いくつかいただきましたが、全部もらっていると酔っぱらうので、高そうなやついくつかと、例のイガイガ梅酒をいただきました。一押しワイン赤白2種くらいは、まずは配ってもらえると良かったと思いますね。ワインは開けてから少し経つと空気に触れてまろやかになりますから、今の状態が最良なのかどうかは何とも言えませんが、まあいろいろそれぞれ味が違いますね。ワイン用のデラウェアの熟したやつも試食できました。Iroirokawachiwine左から、デラウェア新酒 2014、メルロー 2012、河内ワイン館 アンティーク(赤)、マスカットベリーA だと思います。その後ろに見える緑色の太い瓶が、試飲会では滅多に出さないといわれていた、樽熟成のKOMAGATANIシリーズのシャルドネのどれだったか忘れましたが、ちょっと高いやつです。右側は主に梅酒シリーズ。そうおいしい葡萄ジュースもありました。あっという間に2~3時間過ぎてしまいましたが、帰りにショップでお手頃そうな白を買って帰りました。地元の葡萄で地元でワインが作られていることをありがたくいただきましょう。と言うわけでひとまず今回でレポート終了です。

|

« 旬の葡萄&イチジクセミナーその2 | トップページ | 白木の踏み台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旬の葡萄&イチジクセミナーその2 | トップページ | 白木の踏み台 »