« 欠陥 ID-24J 2台目 | トップページ | 梅シロップ2014その6:ほぼ完成 »

工場見学シリーズ・サントリー登美の丘ワイナリー編

Tomi_obs_stageいやはや、わざわざ遠いのに、工場見学に行ってみようシリーズであります。今年は、昨年行った白州の近所の甲府の登美の丘ワイナリーであります。おいしいワインが試飲できました。雨ではなかったものの、残念ながら雲が多く、富士山は見えませんでした。これは葡萄畑の展望台からみた南側。
Tomi_vineyardどちらもお酒をいただくには車で乗りつけられないので、一旦どこかに置いてくるとなると、一泊で行くのは結構厳しく、強行ツアーはしんどいので2泊で行きます。時期的に特別な有料ツアーはやっていなかったので、普通の無料ツアーであります。それでも、バスに乗って葡萄畑に連れて行ってくれました。
Tomi_grapeGoogleマップの航空写真で見ていると、強行すれば一番近い駅から歩いてでも行けなくはないのではと思っていたものの、入り口のゲートからが相当遠い。途中、大型車はスイッチバックで登るようになっているうねうねを登り切って、さらにくだるとやっと受け付け。帰りは別の経路で下れるものの基本的に歩いて行くことは考えられていない模様。下る道からなら登れなくもないかも。しかしいろんな種類の葡萄が植えられていますね。綺麗な葉っぱですが、白い跡は農薬でしょうかね。最近は虫除けには食用にもなる界面活性剤系のものを使うでしょうから、食べてもだいじょうぶなくらいでしょうけれども。それよりもまわりがゴルフ場と隣接している方が気になりますね。芝生に薬撒くでしょうし。
Tomi_cellarこれは山の斜面に作られた樽熟庫であります。ここは新しい樽ばかりのような感じですね。ISO6400,F4のISのレンズで1/8秒。かろうじてぶれていないかという感じですが、悔しいのが、左下に写っている最近お気軽用途に使っているところのEOSのMの方が、ぶれずに撮れているところか。
Tomi_winecaveこちらはその先の洞窟につながる、ボトルセラーの通路。何しろうっとしいのが、どこにでも出没する大陸からのぞろ観光客か。
Tomi_noblerotこちらが、グラスにちょこっといただいてにしぇんえんもする、超高級貴腐ワイン。なんと言いますか、ワイン版養命酒というか、葡萄が味醂になったような甘ーいワインでした。一本5万円であります。
Tomi_kofuショップの前から見た葡萄畑と甲府の市街であります。天気が良いとここに富士山が見えているはずなんですが、夏場は雲のかかっている日が多いそうで、ほとんど見えないとか。秋冬にまた来ますかねぇ。甲府と言えばミヤイリ貝と熊谷が有名になる前は夏場に一番暑い町のイメージでしたが、結構甲府盆地は広いですね。京都より広いかも。
Tomi_nirasakiさて、韮崎と言えば、某社に出張するときの最寄り駅というイメージですが、ワイナリーに行くには、甲府よりもここからの方が近いかも。暇があれば3泊して、甲府と白州の酔っぱらいツアーも良いか??

|

« 欠陥 ID-24J 2台目 | トップページ | 梅シロップ2014その6:ほぼ完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 欠陥 ID-24J 2台目 | トップページ | 梅シロップ2014その6:ほぼ完成 »