« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

SSトラブルシリーズ:ローラー巻き込み

Ss_rollerstackいやはや、Scansnapを酷使しようシリーズであります。薄めの雑誌の全面ベタインクが貼り付いていて、2枚送りになるのは仕方がないとして、しかしSSの場合、重なりは確実に止まってくれるので抜けることはないのがありがたい。薄い紙の日経エレみたいな雑誌をローラーで巻き込んでしまうトラブルは、当初原因が良くわからなかったものの、その後よく観察すると、いくつかあるローラーのどれかに装丁のボンドが付着していて、こいつが紙を巻き込んでいることがわかった。ローラーをくるくる回さないと、回らないローラーはしっかりした紙のはがきなんぞを読んで動かしてみてよく観察してボンドを取り除く必要があるだろう。このシリコンと固いゴムのローラーは、アルコールで拭いてもだいじょうぶだろう。と言うかアルコールでないと粘着が取れないだろう。

| | コメント (0)

わさび丼を食べてみよう

Sizuokawasabi_2いやはや、静岡のPAで買ってきた、1060円のわさびであります。孤独のグルメに出てくるわさび丼・・・。炊きたての白御飯の上に鰹節をたっぷりかけて、わさびを擂ってのせて、醤油だけかけていただく。んんん。確かにうまいかも。上の方はそれほど辛くないものの、2杯目、下の方で擂ったわさびは超わさび味。喉にわさびが直撃してかなり咽せてしまいました。でも癖になる味かも。今度は現地に食べに行くか・・・。ちなみに丼の写真は撮り忘れました。

| | コメント (0)

鬱陶しい残留ウグイスZERO

K7inetchkdllいやはや、ウグイスZEROを消したものの、なにやらK7のプログラムが何かをずっと送信している。プロセスを見てもわからないようにか、わざわざ、rundll32.exeを使って、K7InetChk.dll を起動しているところがうっとうしい。これはレジストリのRunにある、K7NfyUnstのキーを消してしまえば良いが、Acronis同様、不可解な痕跡を残し続けられるのは気持ちが悪い。このIPは醤油次ではなくて、アマゾンライダー? アンインストール後の挙動を観察しておるのか?

| | コメント (0)

カスペルスキー2013

Kaspersky2013いやはや、黒烏龍茶にも登場するカスペルスキーだけれども、今はなきJustNetの名残というわけではないが、当時出始めたことはJustSYSTEMが扱っていたので、その優待で買ったやつを一時期使っていた。しかしそれを起動しているとどこだったかのポータルサイトがどうしても表示できなくて、&フルスキャンがとても重くて、手動にしていたので結局有効期限内(たぶん1年ライセンスだったと思う)にフルスキャンを完了することがなかった。よく効いているのはわかるが実用的には重い&動かなくて結構支障のあるレベルだった。最近のはどうなんだろう、今のところREGZAの寝転びTV用タブレットと、HPのXPノートに入れてあるが、重い以外は動いている風である。ZEROの後釜に入れてみたわけだけれども、とりあえず、メールフィルターがくそ重くて遅いのと、あれをTrojanと言って削除してしまうのが難点か。なお、カスペはアマゾンライダーのキャンペーンを狙っておくと、半額以下で買えるときがあるのでたまには見ておこう。

| | コメント (0)

あつい

Sky140814いやはや、お盆前から台風だったり、ピーカンだったり、はやく寒くならないですかね。暑くて耐えられません・・・・。夏は汗疹ができて嫌いです。あつい。

| | コメント (0)

さようならウグイスZERO

Vzeroerrいやはや、XPを使い続けるには、ウグイスソフトを入れておく必要があるだろうが、とうとうウグイスZEROがエラーを表示して動かなくなってしまった。このエラーは前にもあって、以前は再インストールしたら治ったこともあるが、データーベースはまだ更新されているものの、すでに期限切れかも知れないので、この際XP用のは消すことにした。そもそも更新料ZEROでどういうビジネスモデルで成り立っているのか不思議なソースネクストのZEROだけれども、効果はさておき、ネットワークをすぐに切断できたりして便利なところもあったのだが・・・。代わりに、10台インストール可能なカスペルスキーがまだあまっているので何年かぶりに入れることにした。しかしメールのフィルターが亀のように遅いなぁ。

| | コメント (0)

安いBD-R(Verbatim LTHでないバルク編)

Vbr130rp50v4VBR130RP50V4 4991348066994 2つでクポーン使って100枚4000円
いやはや、ブルレイのRも安くなったもので、とはいえ、日本製は高いので、汎用にVerbatimのを買ってみましたが、200円引きクーポン使って2つで4000円、1枚40円とは安いですね。これは既に廃盤になっている、LTHではない黒い色素のものです。6倍速まで対応と書いてある。media IDはCMCMAGBA5 (000) でした。CMC製ですね。LTHとどちらが長持ち、&BRはREとRの価格差があまりないことから、REかという気もしますが、なにせ書くのが速いので、録画とかのお気軽用途にはこれでよいですか。

| | コメント (0)

怪しい廃価チャージャー観察

Pachicharger_lielabelDC134 B00ENYKUG8 ¥608- at AMP
いやはや、これはまたまた怪しい充電器であります。SONYのNP-BX1のパチ電池を充電する充電器であります。シガライターソケットからDCを取ってくる用のケーブルまで付いて、608円と超廃価な代物であります。裏のラベルがこの前のよりはそれっぽいものの、Product name: Charger だって。大陸では、ラベルのどこかにピクトグラムと言いますか、規格マークのような模様を入れるのが定例的に流行っているらしく、左からCEマークみたいな模様・・・、2重絶縁のような模様・・・、indoor use onlyみたいな家の模様・・・、日本のPSEみたいな模様・・・、ドイツのグリューネプンクトが傾いたような模様・・・。が見えますねぇ。Pachicharger_topviewいずれもこの製品自体にメーカー名も、型番もないので、まさか登録されているわけもなく、単なる模様でしかありませんねぇ。困ったことに、平然とアマゾンライダーMarketPlaceでは、この手のパチもののこの模様を称して、CE,UL,PSE対応のような記述があるものもありますが、全くの嘘であり、そもそもこのようなものを販売すること自体が違法でありましょう。しかしそこをつついても、コンセントに刺さるけれども、燃えはしないので危険ではなく、ラベルにあるのはデザイン上の模様であって、規格対応を表しているものではないと、ほざくのでありましょう。Pachicharger_celladptorさて、ラベルにけちを付けるのはこのくらいにして、つくりを観察してみると、3.6Vタイプのリチウム電池用の充電器はうまく共用するように考えてあって、ちょっとした引っかかりと、コンタクトの位置を合わせるようになっていて、似た充電器が見ればたくさん転がっております。しかも引っぱってみると、上のガイドだけが取り外せるようになっていて、各社用のアタッチメントに交換するだけで本体は共用できるのですね。しかし接点は2つしかなく、電池内部のセンサーやら、通信するタイプの通信などもするわけはありませんね。Pachicharger_pwb何回かプラグインしていると、中でカタカタと何か転がっており、本来はこの手の代物は恐ろしいので通電前に開封するのですが、今回はずぼらして開けていなかったため、何が転がっているのかを確かめるため、開封するはめになりました。幸い、裏のラベルを剥がすとネジが現れるので、容易に開封することができました。中の基板を見てみると、思ったより部品が少なく、これに100Vがかかっているかと思うと、特にプラグの回転部分の接点なんかは恐ろしい限りであります。
Pachicharger_cover電解は、しまったメモっておくのを忘れましたが、全く見たことのない大陸製のものですね。まあ年中通電していないから持つのかどうか。回路は少し追ってみましたが、恐ろしくシンプルで、よくぞここまで部品を減らして動くものだと感心する次第。OnsemiのSWDCのIC34063も乗っていますが、これは付属していたカーシガレットコードからDCを引っぱってきたときに、動作する模様。AC側にFUSEは付いていないものの、1Ωの抵抗がFUSE代わりの模様。Pachicharger_dropparts外見はそれでもわりと綺麗なしぼ仕様ながら、内部は、なんだこれと言うくらいゴミのような樹脂成形。結局、内部で転がっていたのは、おそらく他に付くところがないことから予想するに、ACプラグの回転軸にクリック感を出すための爪ではないかと。そもそも精度がない上にまともな機構になっていないので、プラグを動かすと外れるのでしょう。まあ樹脂なので、転がってもショートはしなく、なくても導通はする感じですが、ともかく恐ろしいのは、プラグが斜め状態だと、今にも中で基板の電極でショートしそうなところか。Pachicharger_pwbsolder基板の裏はそれでもまだ綺麗な方でしょうか。この充電器は単なる定電圧電源に近いので、電池の電圧が上昇すると充電電流が減るだけで、適度に充電したら電池を外してやる必要があるでしょう。また、通電せずにはめたままだと放電します。しかし2色LEDの回路がこれまたうまく作ってあって、電圧が合っている電池だと、ちゃんと電圧の上昇と共に赤から緑だけが光るように切り替わる・・・。これがこの部品点数で実現できているところはやや脱帽という面もありますね。ともあれ、これは値段相応、この値段でインテリジェント制御を望めるわけもなく、自己責任で使うべきものでありましょう。パチ電池で電圧が高めのものは、正規品の本体のUSBパワーでの充電では思うように充電されないことがありますから、その場合はこのへんのパチ充電器のパチ同志で充電してやるしかないでしょうね。純正の電池を充電すると、電池の電圧がやや低めのようなので、適度に終わらせてやらないと過充電して燃える可能性があるかも知れませんね。とりあえずこの値段で文句を付けても仕方がないので、あくまでも自己責任で使用いたしましょう。

| | コメント (0)

梅シロップ2014その6:ほぼ完成

Ume_sirup20140803いやはや、梅シロップ定点観測の続編であります。既にほぼ完成ですね。炭酸水で割って、梅ジュースでまずはご賞味いたしました。柔らかいてんさい糖の甘さと、さわやかな梅の香りで、とてもおいしゅうございますね。今回の梅はやや堅めだったので、昨年のような熟した梅の甘さはないですが、こちらの方がすっきりしていて良いかも。
Ume_sirupnoume20140803梅は完全に萎みきっております。囓る果肉はもう残っておりませぬ。若干泡を吹いておりますが、これは炭酸水に漬かった梅を取り出して撮ったからです。しかし、梅と砂糖だけでこんなたくさん液体が出てくるのは不思議ですねぇ。

| | コメント (0)

工場見学シリーズ・サントリー登美の丘ワイナリー編

Tomi_obs_stageいやはや、わざわざ遠いのに、工場見学に行ってみようシリーズであります。今年は、昨年行った白州の近所の甲府の登美の丘ワイナリーであります。おいしいワインが試飲できました。雨ではなかったものの、残念ながら雲が多く、富士山は見えませんでした。これは葡萄畑の展望台からみた南側。
Tomi_vineyardどちらもお酒をいただくには車で乗りつけられないので、一旦どこかに置いてくるとなると、一泊で行くのは結構厳しく、強行ツアーはしんどいので2泊で行きます。時期的に特別な有料ツアーはやっていなかったので、普通の無料ツアーであります。それでも、バスに乗って葡萄畑に連れて行ってくれました。
Tomi_grapeGoogleマップの航空写真で見ていると、強行すれば一番近い駅から歩いてでも行けなくはないのではと思っていたものの、入り口のゲートからが相当遠い。途中、大型車はスイッチバックで登るようになっているうねうねを登り切って、さらにくだるとやっと受け付け。帰りは別の経路で下れるものの基本的に歩いて行くことは考えられていない模様。下る道からなら登れなくもないかも。しかしいろんな種類の葡萄が植えられていますね。綺麗な葉っぱですが、白い跡は農薬でしょうかね。最近は虫除けには食用にもなる界面活性剤系のものを使うでしょうから、食べてもだいじょうぶなくらいでしょうけれども。それよりもまわりがゴルフ場と隣接している方が気になりますね。芝生に薬撒くでしょうし。
Tomi_cellarこれは山の斜面に作られた樽熟庫であります。ここは新しい樽ばかりのような感じですね。ISO6400,F4のISのレンズで1/8秒。かろうじてぶれていないかという感じですが、悔しいのが、左下に写っている最近お気軽用途に使っているところのEOSのMの方が、ぶれずに撮れているところか。
Tomi_winecaveこちらはその先の洞窟につながる、ボトルセラーの通路。何しろうっとしいのが、どこにでも出没する大陸からのぞろ観光客か。
Tomi_noblerotこちらが、グラスにちょこっといただいてにしぇんえんもする、超高級貴腐ワイン。なんと言いますか、ワイン版養命酒というか、葡萄が味醂になったような甘ーいワインでした。一本5万円であります。
Tomi_kofuショップの前から見た葡萄畑と甲府の市街であります。天気が良いとここに富士山が見えているはずなんですが、夏場は雲のかかっている日が多いそうで、ほとんど見えないとか。秋冬にまた来ますかねぇ。甲府と言えばミヤイリ貝と熊谷が有名になる前は夏場に一番暑い町のイメージでしたが、結構甲府盆地は広いですね。京都より広いかも。
Tomi_nirasakiさて、韮崎と言えば、某社に出張するときの最寄り駅というイメージですが、ワイナリーに行くには、甲府よりもここからの方が近いかも。暇があれば3泊して、甲府と白州の酔っぱらいツアーも良いか??

| | コメント (0)

欠陥 ID-24J 2台目

Id24j_sono2いやはや、腹立たしいACFが大陸品質のID-24Jでありますが、実は2つもあって、こちらも何度も撫でているのでもうひっつかないでしょう。いくら民生品だとは言え、せめて時計は10年は持って欲しいものであります。数年でこんななる時計を有名日本メーカーが、日本国内で売ってはいけません。幸いなことに温湿度計は生きているのでこちらも温湿度計として使うのか。それとも枠だけ使って、中にエコでないニキシー管でもいれてレトロ感を、もしくはデカLEDで時代感をだすとか、常に光っているともったいないので、手を叩くと10秒くらい点いて消えるとか、枠が綺麗なだけに枠の利用方法が思いつきますが、サイズ的に今一だし、ある意味ばからしく、ゴミ製品を買ってしまうと、結局資源の無駄で、なんとももったいないことであります。

| | コメント (0)

SS各部シリーズ:ガイドフラップ編

Ss1500guideflapいやはや、貴兄のSSの具合はいかがですかな。当方のは、この前のクリーニング以降、まあまあ快調に動いておりまする。さて、本体側の掃除にばらすときには、カバーになっているガイドフラップが邪魔ですので外しましょう。カバーの付け根から外すのではなくて、一つ下のところから外すと、軸はそのままで外れます。

| | コメント (0)

Eagles Studio Albums 1972-1979の音 Desperado編

Desperaallいやはや、実はまだ全部聞いていないのですが、Desperadoの中のタイトル曲Desperadoのwave波形全編であります。上が今回のもの、下が、32XD-889 EAGLES-THE BEST OF EAGLES ASYLUM 1987/12/10 発売のCDに入っているやつであります。Desperadespectrumbox_まだバーコードも付いていない時代のもの。但しアナログレコードではなくてCDであります。若干レベルが上がっていますが、リマスターしているのでしょうね。6枚ともかどうかは?ですが。それでも今時の全編にわたってマキシマイズされた雰囲気のないうるさいCDに比べてとても聞きやすい。音の小さいところは16ビット使い切っていないという意見もあるでしょうが、ATRACならそこを持ち上げておいて元に戻せるのかも知れませんが、音の小さいところは分解能を聞ききれないわけであり、それよりも曲の抑揚と雰囲気を大事にしたいものであります。
Desperadespectrumbest_さてスペクトラムですが、2分35秒目のさび(?)のところですが、上が新しい方、下が古いベスト盤、密度的レベル的に少し上がっているので、やはりリマスターしているのでしょう。聞いた感じは、かなりクリアーになったかなと言う印象ですか。特に古いベスト盤は、LP用のマスターをそのままピークが出ないようにレベルを下げて焼いた感じで、全般的に、比べるともっこりした音で、ハイハットの音なんかが歪んでますが、抜けがよくなってそれがなくなっていますね。周期的に角(つの)が出ているのはドラムの音です。他のも引き続き懐かしく聞いてみたいと思っております。

| | コメント (0)

Eagles Studio Albums 1972-1979

8122796746_2Eagles Studio Albums 1972-1979 [CD, Box set, Import] 0081227967468 ¥2205-
いやはや、このところお疲れで、全く書き込みが進んでおりませんが、何やら結構見ていただいているようで、カウンターだけは進んでおりますね。さて、この前WOWでやっていた、ヒストリーオブイーグルス前半+後半を見て、そうだったのかという知らないお話も結構含まれていて、なかなか印象深かったのですが、Desperadoの全曲が聴きたくなってきて、つい買ってしまった一枚、でなくて一箱・・・。しかしまた、良い時代だねぇ。紙ジャケがやや大陸のコピーもののような雰囲気もあって貧相で、CD直入れ、ライナーノーツなども付いていないが、6枚入っていて2205円だって。やっぱりこの頃の、カントリーぽいロックが気持ちいいですねぇ。音がどうかの話はまた次にでも。

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »