« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

SS各部シリーズ:サイドパネル編

Ss_sidepanelいやはや、SS S1500の各部パーツシリーズであります。下側をばらすにはサイドのパネルの裏にネジがあるはずだと、苦労して外してみたものの、意味なしでした。サイドパネルは単なるカバーでした。写真に見える爪は、表から引っぱるとどれか必ず割れます。どの爪も、裏から押し出せる隙間があるので、裏から引っかかりをリリースしてやると無傷に取れるでしょう。でも取ってもお掃除には関係なしでした。

| | コメント (0)

温湿度計専用ID-24J

Id24j_temp_pcbいやはや、どうしょうもない大陸品質のCASIO ID-24Jでありますが、温度計の方は結構長いこと動いていたものの、今回とうとう断線に至りました。それゆえ、まだACFは一度も触っておらず、うまく撫でてやると全部導通しました。いけてないことに、この基板がホットメルトでとめてあり、もぎ取って、ドライバーを突っ込んでこじったら、液晶の裏の塗装がはげてしまって、温度の2の下の真ん中に傷ができてしまいましたとさ。
Id24j_temp_recover時計部分は動いていると腹が立ってくるので、電池を抜いて、温湿度計として余生を送っていただくことにいたしました。そのうちある程度まともなアナログ時計でも物色して買いますかな。最近はGPS衛星の電波で合うやつもありますが、これこそ衛星の寿命がきたら意味なし・・・。であり、 おおたかどや山も放射能で止まるし、はがね山の方が近いかも知れませんが、どちらも停波したらこれまた意味なしであり、それよりもよくできたクオーツの方が、自立して精度があるわけで、まともな日本製のクオーツムーブメントのついているやつが、一番ですかねぇ。でもこれが今時ないのかな。

| | コメント (0)

ScanSnapを掃除しよう(下側ガラス編)

Ss_btmgrassいやはや、続いては、下側のガラスの裏側の掃除であります。CCDユニットが取れたらそのままそこがコンタクトガラスの裏側な訳ですが、ホコリが見えております。しかし、上側の中よりは、思いの外、紙埃が少ない。上側ユニットよりは、隙間から入りにくいからでしょう。コンタクトガラスは両面テープで貼り付けてありますが、この部分、蛍光灯の熱と摩擦の熱で結構熱いため、両面テープが剥がれてきています。上側ユニットでは隙間ができており、そこからエアーダスターで吹いたときに紙埃が入ることがありました。隙間は閉じておかないといけませんね。あまり頻繁に紙埃が入るようであれば、サイドのどこかに穴を開けて細いチューブでも通しておいて、そこからエアーで吹けるようにしておくのも手か?

| | コメント (0)

ID-24JのACF修理

Id24j_acf_repairいやはや、今回の最後のあがきでACFを加熱してみた結果であります。LCDのCOBなんかだと、一旦綺麗に外して、新たにACFテープを挟み込んで加熱すれば、修理が可能ですが、なにせ適当に付いているACFもどきをそのままもう一回熱で押さえてつなごうと言うことですから、うまくいったら儲けもの、だめで元々の範疇ですかね。LCD側がフイルムケーブルですぐに溶けるし裂けますから、一旦剥がすことは不可能ですね。結果的にはすでに4~5回やっているので、エッジの部分や折れ目が切れてきており、完全に実用範囲のセグメントを全部接続し直すことはできませんでした。いいところまで行ったのですが、どうしても分の桁がうまく出ない。だめだわこれはゴミですね。フイルムの上に紙テープなどを貼り付けて、フイルムを傷つけないようにしておいて、先のとがっていないハンダゴテの温度を少し下げて、接触点の部分を撫でてやると、初期的には再接続するのですが・・・。何度も剥がれるともう付かないです。

| | コメント (0)

CCDユニットを掃除しよう(下側編)

Ss_btmccdassyいやはや、これが、SS-S1500の下側のCCDユニットであります。この縮尺でもゴミが見えておりますね。まわりに一応すかすかのスポンジで防塵しているのですが、そもそも完全に固定されておらず、幾分遊びがあって浮いているので、公式には禁止されているところの、エアーダスターで吹いてしまうとすぐに中に紙くずが入りますね。吹くときは掃除機で吸引しながら吹かないと、結局、紙くずをまわりにまき散らしているだけですからね。ミラーは脂っ気のないホコリだけなら吹いて吸うだけでよいでしょう。ふけのような脂っ気のあるものは思い切ってアルコールで拭ききりますか。内部には粘着のある両面テープの表面が結構な面積で露出していて、これはホコリを吸着する目的なのかも知れませんね。この部分のホコリは既に移動しないのでそのままにしておきます。しかしここまで辿り着くのが大変。もう少し密閉するか、簡単に掃除できるようにして欲しいものですな。

| | コメント (0)

捨てる前にID-24Jの内部観察

Id24jinsideいやはや、いつの頃からか日本に繁殖する大陸製の置き時計、壁掛け時計のなさけないほどのかすいゴミのようなやっつけのつくりは、前に嘆いたとおりですが、千円2しぇん円とかで売られているアナログ時計のこれまた質の低いこと。時計と言えば精密なものというイメージを180度覆す、クオーツか知らないが、おもちゃ以下のムーブメント、アルミを打ち抜いただけのかすい秒針、コピー機で作ったのかというようなしょぼい文字盤、100円ショップのお皿にも及ばない低品質な樹脂のフレーム。これが日本で売られている日本メーカーの時計かと思うと涙が出そうです。。
さて、なさけない電波時計ですが、捨てる前に再度観察です。一見してやっつけですなぁ。湿度センサーやサーミスタ-は、ホットメルトでとめてある。下側の温度計の基板も爪はあるものの、固定はホットメルト。上の部分はバーコイルアンテナが内蔵されていますがこれもホットメルト止めですね。小学生の工作ではあるまいし。表からかっこよく見えても、大陸製は内部はこんなものですか。売るときに動いていたらOK.かろうじて1年持てばOKですからね。どこのメーカーのも似たり寄ったりですね。

| | コメント (0)

Scansnap動作確認

Ss_chk_blkleafいやはや、とりあえずCCDユニットを掃除して、基板だけつなぎ直してゴミが取れているかの確認であります。ゴミの確認には両面黒のチラシが最適ですね。単行本ライクな単色のスキャンなら少々ゴミっていてもわからないのですが、真っ黒全面グラビアは悲しいほどの筋が現れます。これはこの前フェスティバルホールでもらったやつ・・・。おお、いい感じです。あからさまな筋は取れましたね。フラットベットスキャナにあるようなゴミ除去のソフト処理があれば、写真系の筋は誤魔化せそうですが、文字が重なっているとつぶれますわな。

| | コメント (0)

梅シロップ2014その5

Ume_sirup20140708いやはや、暑いですなぁ。台風もまたいきなりインパクトのある台風ですなぁ。大阪近辺はいつも台風は逸れてくれて平穏で平和慣れしてしまっていますが、なんと言っても横の川は潮の干満で水位が変わるのが見えるくらいですから、高潮なんかが本気で逆流してきたりすると、全く無防備な地下駐車場やら、予想外の強風が来ると、昨今装備されることがなくなってしまったマンションの雨戸がない窓などどうなるのでしょうか。さて、梅シロップですが、一ヶ月後の様子であります。かなりいいところまでできましたね。思ったよりお砂糖の溶け具合も進んでおります。もう一息梅が萎めば完成ですかね。蓋を開けると梅のとても良い香りがしておりまする。

| | コメント (0)

欠陥電波時計CASIO ID-24J

Casio_id24j_defectいやはや、この電波時計はどう見ても欠陥品でしょう。前にも載せましたが、液晶と基板をつなぐACFの加工が大陸品質で、おもちゃでもあるまいし、1年やそこらで剥がれてきてしまう。下側のLCDはかろうじて耐えていたのですが、とうとう同じ症状と相成りました。日本の家庭の四季の温湿度変化に耐えないのでしょう。かといってそもそも耐えられないのかというと、これも前に載せたもっと前に買ったAVERのは平気で今でも正常であります。何度か熱を加えて貼り直したものの、ACF自体がパチものなので、基板とフィルムのカーボンを付けるのには合っていないものなのか、接着できずにすぐに剥がれてしまうようですね。まあ、直しつつある程度経ったので、大陸製の欠陥電波時計はやはりこんなものだったとしてそろそろ捨てますか。こうなると見た目のデザインはよくても、もはやCASIOのは買えないですねぇ。

| | コメント (0)

ScanSnapを掃除しよう(下側編)

Ss186815いやはや、日々押し寄せる紙に埋もれるご兄弟、スキャンの進捗はいかがですかな。もうとっくに20万枚かと思っていたら、まだ18万枚ちょっとでした。それでもまだまだありますなぁ。特に料理しにくい無線と実験ライクな折り込みものの雑誌が残っている。この前の上側の清掃でカラーのグラビア以外は妥協レベルだったのですが、とうとう下側の左寄りのラインが気になるレベルになって消えてくれない。さて、仕方がないので下側のCCDユニットを外してみますかね。ローラーはまだ換えてませんが、たまに拭いていたら20万まで行きそうな感じですか。
Ss1500bottomglassしかしまた、下側のCCDユニット&コンタクトガラスの裏側にアクセスするのが超大変。その過程はまたぼちぼち載せるとして、到達した様子がこれです。基板の線は取らなくてもなんとかなるかも知れませんが、ちぎれそうなので一旦全部外した方が楽でしょう。どこから開けるのかよくわからなかったので、サイドカバーなど外してみましたが、意味なしでした。残念ながら2カ所特には重要ではない部分ではあるものの、CCDユニット到達には関係ない部分の爪を折ってしまいました。まあ動作上は問題ないかな。可動部の軸になっている出っぱりが折れるとアウトでしょうね。折れないまでもだいぶん削れておおりまする。上側のガイドのカバーも紙が擦れてしぼがつるつるになってきていますね。そしてようやく下側のCCDユニットが外れる・・・。写真上側に写っているのがそれですね。これがまた密閉されていなく、カタカタ遊びがある設計で隙間がありますね。大変よくできたScansnapですが、この部分の設計だけが裁断した紙からホコリが出ることを考慮していなくいけていないですね。新しい方のix500はCISのようで、センサーのつなぎ目にずれが出ると敬遠されている節もありますが、光学系がない分ホコリには強いのかも。軸が折れたらあきらめて買い換えますかね。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »