« CCDユニットを掃除しよう(下側編) | トップページ | ScanSnapを掃除しよう(下側ガラス編) »

ID-24JのACF修理

Id24j_acf_repairいやはや、今回の最後のあがきでACFを加熱してみた結果であります。LCDのCOBなんかだと、一旦綺麗に外して、新たにACFテープを挟み込んで加熱すれば、修理が可能ですが、なにせ適当に付いているACFもどきをそのままもう一回熱で押さえてつなごうと言うことですから、うまくいったら儲けもの、だめで元々の範疇ですかね。LCD側がフイルムケーブルですぐに溶けるし裂けますから、一旦剥がすことは不可能ですね。結果的にはすでに4~5回やっているので、エッジの部分や折れ目が切れてきており、完全に実用範囲のセグメントを全部接続し直すことはできませんでした。いいところまで行ったのですが、どうしても分の桁がうまく出ない。だめだわこれはゴミですね。フイルムの上に紙テープなどを貼り付けて、フイルムを傷つけないようにしておいて、先のとがっていないハンダゴテの温度を少し下げて、接触点の部分を撫でてやると、初期的には再接続するのですが・・・。何度も剥がれるともう付かないです。

|

« CCDユニットを掃除しよう(下側編) | トップページ | ScanSnapを掃除しよう(下側ガラス編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CCDユニットを掃除しよう(下側編) | トップページ | ScanSnapを掃除しよう(下側ガラス編) »