« ScanSnapを掃除しよう(下側ガラス編) | トップページ | SS各部シリーズ:サイドパネル編 »

温湿度計専用ID-24J

Id24j_temp_pcbいやはや、どうしょうもない大陸品質のCASIO ID-24Jでありますが、温度計の方は結構長いこと動いていたものの、今回とうとう断線に至りました。それゆえ、まだACFは一度も触っておらず、うまく撫でてやると全部導通しました。いけてないことに、この基板がホットメルトでとめてあり、もぎ取って、ドライバーを突っ込んでこじったら、液晶の裏の塗装がはげてしまって、温度の2の下の真ん中に傷ができてしまいましたとさ。
Id24j_temp_recover時計部分は動いていると腹が立ってくるので、電池を抜いて、温湿度計として余生を送っていただくことにいたしました。そのうちある程度まともなアナログ時計でも物色して買いますかな。最近はGPS衛星の電波で合うやつもありますが、これこそ衛星の寿命がきたら意味なし・・・。であり、 おおたかどや山も放射能で止まるし、はがね山の方が近いかも知れませんが、どちらも停波したらこれまた意味なしであり、それよりもよくできたクオーツの方が、自立して精度があるわけで、まともな日本製のクオーツムーブメントのついているやつが、一番ですかねぇ。でもこれが今時ないのかな。

|

« ScanSnapを掃除しよう(下側ガラス編) | トップページ | SS各部シリーズ:サイドパネル編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ScanSnapを掃除しよう(下側ガラス編) | トップページ | SS各部シリーズ:サイドパネル編 »