« 捨てる前にID-24Jの内部観察 | トップページ | ID-24JのACF修理 »

CCDユニットを掃除しよう(下側編)

Ss_btmccdassyいやはや、これが、SS-S1500の下側のCCDユニットであります。この縮尺でもゴミが見えておりますね。まわりに一応すかすかのスポンジで防塵しているのですが、そもそも完全に固定されておらず、幾分遊びがあって浮いているので、公式には禁止されているところの、エアーダスターで吹いてしまうとすぐに中に紙くずが入りますね。吹くときは掃除機で吸引しながら吹かないと、結局、紙くずをまわりにまき散らしているだけですからね。ミラーは脂っ気のないホコリだけなら吹いて吸うだけでよいでしょう。ふけのような脂っ気のあるものは思い切ってアルコールで拭ききりますか。内部には粘着のある両面テープの表面が結構な面積で露出していて、これはホコリを吸着する目的なのかも知れませんね。この部分のホコリは既に移動しないのでそのままにしておきます。しかしここまで辿り着くのが大変。もう少し密閉するか、簡単に掃除できるようにして欲しいものですな。

|

« 捨てる前にID-24Jの内部観察 | トップページ | ID-24JのACF修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 捨てる前にID-24Jの内部観察 | トップページ | ID-24JのACF修理 »