« TOSHIBA VIDEOのカタログ1986年10月 | トップページ | バイク用レインカバーの耐久性 »

どろける低反発ウレタンの枕

Lowreboundpillowいやはや、皆さん安眠しておりますか。一時期はやったテンピュ-ルライクな低反発ウレタンの枕がなぜかごろごろたくさんあるのですが、おまけでもらったのでしょうか。朽ちてきて捨てるのが大変です。黒いだけで活性炭入りと言う謳い文句の大陸製低質ウレタンがどろけているので切ってみました。完全コア部までは行ってませんが、外側は反発力がなく、すこぶる枕としては寝心地が悪い。気温が上がってきて、ふにゃふにゃで使い物にならない。そもそも適度な反発力を維持しているのは1年くらいか。要らぬ粗品を送りつけられてゴミが増えて仕方がない。 いや、それ以前に、テンピュ-ルライクな低反発ウレタンのマットレスは、おしりが沈み込んでしまって背骨のヘルニアや腰痛の原因であるし、枕は体温でどろけて頭が沈み込んでしまって寝苦しくくて仕方がない。人によって大いに相性があるでしょうが、畳にせんべい布団で寝る習慣のある日本人には合わない製品ですねぇ。 ゴミも有料回収になってしまったので、半分ずつくらい紐で縛って小さくして捨てるしかないですかね。かといって溶剤で溶かすのも臭いしね。

|

« TOSHIBA VIDEOのカタログ1986年10月 | トップページ | バイク用レインカバーの耐久性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TOSHIBA VIDEOのカタログ1986年10月 | トップページ | バイク用レインカバーの耐久性 »