« 定点観測(浜寺公園) | トップページ | VICTORのBD対応収納ホルダー »

DS-A5を修理しよう4

Dsa5labelいやはや、DS-A5の修理の完了編であります。もっと早くやったらよかったのですが、思えばいつのことか、津田沼のエキゾチックタウン(もうないらしい)で買ったONKYOのレシーバーが調子悪くなって、ボリュームがガリオームになり、FMが受からなくなったのを機にめずらしく捨ててしまって、思えば電解コンのリークによるノイズは安物電解を交換したら治ったかも知れなかったし、AMもモトローラのステレオチップが付いている今では洋梨レアチューナーであったのだけれども、その後なぜかSONYなのに音の悪いD級アンプ入りVAIOのPCにつないでみたり、その後これまた妥協レベルの開けてびっくり大陸加工グレードの鎌ベイアンプをつないでみたりと、どれも鳴ってればよいわと言うアンプであったところが、放置の原因か。Dsa5_frontフロントのサランネットを外すとこんな感じで結構綺麗にできている。面はつら一になっているし、ユニットのフレーム部もバックスキンを貼るなどして凝っている。そして何より結構小型なのに、バスレフの効きとチューニングがなかなか絶妙で、低音も小気味よく鳴るのである。そして治す気になった要因は、増税前に新しいレシーバーを買ったから。値段からしてあまり期待していなかったのだが、これが結構良い音で鳴ってくれる。今まで40インチBRAVIAのスピーカーの方が良い音だったのだが、今はテレビから光リンクでつないだこのスピーカーの音の方が、大変聞きやすく良い音である。レシーバーの話はまた次にでもしよう。同時期に売っていたVICTORのやつは、数年するとツイーターが湿気ってきて切れのよい高音が出なくなると言われていたが、こちらはこれは何かのファイバーを硬質樹脂で固めたコーンなんだろうか、今でも良い音で鳴っている。

|

« 定点観測(浜寺公園) | トップページ | VICTORのBD対応収納ホルダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定点観測(浜寺公園) | トップページ | VICTORのBD対応収納ホルダー »