« マーシャル・ロー | トップページ | 定点観測(浜寺公園) »

DS-A5を修理しよう3

Dsa5networkいやはや、DS-A5のネットワーク修理の続きであります。再度仮止めしていた裏蓋のネジを全部外して、裏蓋を再開封、コテの入らないウーハー側のネットワークも一旦外して引っ張り出しました。どの接続箇所が問題なのか聞きながら突き止めようとしたものの、裏蓋が開いていると、音が良くわからない上、ツイーターは前から聞かないと聞こえないしと、アッテネーターになっている抵抗をショートしてみて音が大きくなることは確認できたものの、どの箇所かは結局よくわからなかった。Solderd_term途中であきらめて、まずは全部ハンダを流してみた。んんん。何となく良くなった感じ。左右二つ並べて聞き比べてみても、明らかに音声域にヌケがあった感じがなくなっている。ウーハー側の高域という気がしていたがじつはツイーターの音圧だったのかも。その後、もう片方をかれこれ10年以上前に、どうハンダ付けしたのか見るために開封。一部分だけしたのかと思っていたが、ウーハー側も含めて全部してあった。これで長年の念願である、左右が同じ状態になった。

|

« マーシャル・ロー | トップページ | 定点観測(浜寺公園) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マーシャル・ロー | トップページ | 定点観測(浜寺公園) »