« XP温存計画 | トップページ | ブルーレイの不織布ケース »

パナのスカパーDVR

Tzwr500p_rearPana TZ-WR500P ¥19,800-
いやはや、これはパナのHDD付きスカパーチューナーであります。500G(0.5ブル)のHDDレコーダーで、DIGA系譜の型番からしても、Wチューナー。キャンペーンでお買い上げ価格が198とはお買い得?いや、もったいないなと思いつつやめられない今までの奉納額からしたら当然のサービスなのか。フロントパネルは可もなく不可もなく必要な蛍光表示管は備えている。昨今のフナイREGZAなど、これは店頭のモックだけなのかと思っていたら、そもそも文字表示が存在しなかったりする割り切りようだが、常にテレビが出力を表示している使い方だけではないだろうから、やはり表示が欲しい。これはリアパネルの様子であります。サ○ラではなくDIGAであります。今時はLANは必須、増設HDDの繋げるUSBも当然ある。青色しているから3対応かも。インターネット経由でない課金用に電話のポートも付いている。横向けに飛び出しているのは無線LANのモジュールだ。今時は無線LANでテレビがつながるのね。まあこれはあまり使わないかも。タブレットでとかも小さい画面で見る意味がないし、Wi-Fiのチャンネルが足りなくなるのでONにはしたくないところ。テレビのHDMI入力が足りない昨今、できればコンポーネント出力もあるとありがたかったがそれはない。アンテナコネクタは2つある。CARD一つでWチューナーができるのは、チャンネル数の多いスカパとしては必須かも、しかし問題は日本のCS放送の難点、JCSAT3と4さらに、偏波まで切り替えないとチャンネルが選べないところだね。それゆえチューナーごとにアンテナが要ると言う難儀なスカパの仕様。ゆえにこれを活用するには線をもう一つ引いてこないといけないね。それにしても画期的なのは、Humaxの白チューナーとは雲泥の差の番組表の操作性とレスポンスの良さ。なんと放送中CHもDLNAで見られるのね。あれはもはやゴミだね。返却しよう。LAN録画は従来同様いけるものの、残念ながら内蔵HDDからのLAN転送は、DIGAとはつながるがREGZAとはつながらない。RECBOXはOKなんだが。まあこれは仕方がないか。

|

« XP温存計画 | トップページ | ブルーレイの不織布ケース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« XP温存計画 | トップページ | ブルーレイの不織布ケース »